【不労所得】配当金収入は月30万超え、338,756円でした(2019年9月)

2019年9月における配当金という定常的な不労所得/キャッシュフローの月例定点観測です。

9月は投資先の中でも配当金を支払う企業が多い月なので、今月は例月に比べ多くなっています。

単月で30万超えてくると、少し不思議な気持ちになります。

ただひとつ言えるのは、こうして「数字を積み上げられる、形になって目に見えてくる配当金を積み上げる」のはやはりおすすめの手法ということです。これは断言できます。

【不労所得】配当金の定点観測(税引後)

月例の配当収入(税引後)の記録です。

2019年9月に受け取った配当金・分配金は以下20銘柄となりました。

9月銘柄
  1. PFF(iシェアーズ米国優先株式ETF / 米)
  2. IBM(米)
  3. BP(英)
  4. XOM(エクソンモービル / 米)
  5. RDSB(ロイヤルダッチ・シェル / 英蘭)
  6. JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン / 米)
  7. SO(サザン / 米)
  8. DUK(デューク・エナジー / 米)
  9. HII(ハンティントン・インガールス・インダストリーズ / 米)
  10. FDS(ファクトセット / 米)
  11. ENB(エンブリッジ / カナダ)
  12. FMC(サオタ食品 / ベトナム)
  13. スプリングリート(香港)
  14. HSBC(香港)
  15. 日本コンセプト
  16. ヒノキヤグループ
  17. JT/日本たばこ産業
  18. インヴィンシブル投資法人
  19. カナディアンソーラーインフラ投資法人
  20. iシェアーズ米国リートETF

9月は銘柄数が多い月です。毎月おなじみのPFFに加え、3・6・9・12月配当のIBM・BP・XOM・RDSB・JNJ・SO・DUK・HII・FDS・ENBなどの安定の増配または高配当な米国株及び外国株。

加えて、香港株の高配当Spring REIT・HSBC、日本株の面々です。Spring REITのYoCは8%と大きいです。

今月はベトナム株のサオタ食品(FMC)からも配当がありました。ベトナム株は配当支払月が年単位でころころ変わるので読めませんが、良い時に買えれば非常に高配当かつキャピタルゲインも得られます。

インヴィンシブル投資法人には約200万円分を投じていますが、これは偶々ながら結果的にドンピシャのタイミングで仕込めた投資となりました。買値に対する配当利回りは6.6%でキャピタルも大きく乗っています。

カナディアンソーラーインフラ投資法人も同様に貢献してくれています。JTも現時点では上々です。

ヒノキヤグループは高値圏から大きく下がりました。YoCは7%と高く、引続きホールド予定です。

【不労所得】月間配当金収入(2019年9月)

2019年9月の配当収入は税引後で338,756円でした。

受取配当金の内訳は以下の通り。(税引後|単位:円)

日本株別口座 50,547
カナディアンソーラーインフラ投資法人 48,412
ヒノキヤグループ 32,273
JT 30,800
FMC 27,791
Spring REIT 27,172
RDSB 22,622
IBM 20,700
PFF 13,370
XOM 12,128
BP 11,824
SO 10,963
ENB 8,260
JNJ 7,359
HII 5,687
DUK 4,046
HSBC 3,404
FDS 1,398
合計 338,756

9月は日本株の配当金が多いです。ベトナム株・サオタ食品や、香港株・スプリングリートも地味ながら大きいです。

昨月大きく買い増したRDSB、底で大きく買い増せたIBM、SOも買い増し後今では大きく反発するなど米国株の強さ・安定の増配も光ります。

引続き銘柄分析の記事を定期的に更新しつつ、買い時を探っていきます。日経ヴェリタスさんの記事でも述べましたが、現在注目のセクターは「たばこ」と「石油」です。

現在の買い増し候補は、オイルメジャー【BP】です。

【不労所得】月別グラフでみた配当金収入(2016年~2019年)

恒例の過去3年間の配当推移と比較した月別グラフは下記の通りです。数値は全て税引後。

三菱サラリーマンは配当金収入という資産所得をKPIにしています。以下は税引後の値です。

2016年9月の配当は   77,975円 でした。

2017年9月の配当は 140,454円 でした。

2018年9月の配当は 233,625円 でした。

2019年9月の配当は 338,756円 でした。

今月は大きく伸びました。JTの新規購入や米国株の買い増し等が寄与しています。

このように、KPI(Key Performance Indicator)は可視化できる数値で以て測り、その足取りを定期的に振り返る形とすると、長期間継続のモチベーションが保たれやすいと思います。

【不労所得】累計受取配当金の推移(2016年~)

2016年1月から集計し始め、税引後の受取配当金累計は、456万円となりました。

累計配当金というのは見ていて気持ちが良いものです。なぜなら、当たり前ですが「積み上げていくことができる」からです。

増えることはあっても、減ることはありませんから、株式投資を続けていく過程の精神面での仕組みとしては非常に好適です。

繰り返しながら、長期で何かに取り組む際には、自分にとって心地よい仕組みづくりをすること、肝要です。

配当金というのは比較的確度が高く計算できる性質のものであり、今後も積み上がっていく「定常的な不労所得/キャッシュフロー」です。

配当金を得る道筋

投資資金を最大化
(収入を増やし、支出を減らす)

配当金というキャッシュフローを最大化
(高配当株をひたすら買う)

シンプルですが①、②を行うことで、加速度的に増やしていくことが出来ます。特に①が核心的な要素です。

「給与の多くを高配当株に投資し、配当金を増やし、その増えた配当金と給与で更に高配当株へ投資し、また配当金を増やし、その増えた配当金を…」ということを繰り返し行えば、配当金収入は非常に高い確度で増えていきます。

給与の一部を毎月投資に充てることは、特別な才能は要りません。決めたプロセスに従って粛々と行うだけです。

私がこの配当金の記録を付けて公開していくことで、伸び率の多寡はあれど、誰しもが配当収入のグラフは右肩上がりを描くことが可能である証になると思っています。

セミリタイアしたい方や人生の選択肢を増やしたい方にとって、株式購入を通じて配当金を積み上げていくスタイルというのは、身をもっておすすめできる手法です。

なぜなら、配当金という定常的なキャッシュフローが出来ると、別の生き方をするハードルがその分下がるからです。

共に増やしていきましょう、人生の選択肢を増やすために。

Best wishes to everyone!

4年弱にわたって育んできた配当金に対する見解・メリット・魅力をまとめたものです。

【配当金のメリット】配当金という不労所得があって本当によかった【魅力】
Tweet 最近、事あるごとに配当金という収入があって本当に良かったと心から思います。 もう1つの生き方ができる...

配当金を得るなら、高配当株ETFがおすすめです。なかでもSPYDは最も高い配当利回りであり、おすすめです。

【SPYD銘柄分析】配当利回り3.4%~5%のS&P500高配当株ETF
本記事では、米国株ETFの中で一番好みのETFである「SPYD」の魅力を紹介します。最大の魅力は高配当株ETFの中で最も高い配当利回...

長期投資を推す理由は、負けにくくなるからです。

長期投資のメリットとは?投資初心者こそ長期投資がおすすめ
株式投資の再現性の高い王道としては、「長期・つみたて・分散」があります。 あくまで短期トレードではなく長期投資なわけですが、そ...
公開日:2019年9月28日

コメント

  1. inadak より:

    >現在注目のセクターは「たばこ」と「石油」です。

    割安を考えると同意見ですね。
    しいてプラスアルファを言うと「銀行」でしようかね。