真のFIREを達成すると、人は大海の魚となる

FIREを達成すると、人は大海の魚となる

FIRE(経済的自由・セミリタイア)を達成後、時々思うことがあります。

「初めて泳げた時と、似てる感覚あるなぁ」

なんやろう、このワクワク感。

どこに行ってもいい、なにをしてもいい。眼前に大海が広がっている。

ここからオホーツク海へ行こうが、ベーリング海へ行こうが、インド洋へ行こうが、はたまた喜望峰へ行こうが、自分次第や。

寄り道してもいい、自力で泳いでもいい、大陸棚を通ってその先のサンゴ礁で休んでもいい。なんならイルカの背びれにそれこそ便乗したっていい。

もっと言うと、なんなら目的地まで、まずは乗り物を作ることから始めてもいい。そのための勉強から始めたっていい。気に入れば、乗り物を作ることを生業にしたっていい。

眼前に限りない世界と可能性が広がっている。まだ次世代へバトンを渡すには、いくばくかの時間もあるだろう。もうすこし、自分へのベクトルも少しは向けていてもいいだろう。

いずれそんな余裕はなくなるかもしれない。だからいま、この瞬間は、ワクワクしながら眼前の大海を自由に泳いだっていい。限りある時間の中で、こうして思う存分、自由に泳ぐために、今まで必死にがんばってきたのだから。

先日も、ふらっと外に出かけた時、ほとんど制約もなく、なにかこう、自由に泳いでいるような感覚を覚えました。

  • 見たいものがあれば、見に行き
  • 会いたい人がいれば、会いに行き
  • 食べたいものがあれば、それを食べ
  • 行きたいところがあれば、そこへ行き
  • 幸いにも人に感謝していただけることがあり、もちろん自分も感謝し、

泳いでいる。歩いているというより、泳いでいる。闊歩している、いや、言うなれば、闊達なさまで、泳いでいる。

大海というフィールドを新たに与えられた魚のように。稚魚ではなく、小魚でもなく、親魚になる一歩手前。

街を歩いていても、歩いているというより泳いでいるような感覚。まるでどこまででも行けてしまうかのような。経験という羅針盤もある。見守る人々もいる。

人はどうやら、まことなるFIREを達成すると、大海の魚となるようです。

Best wishes to everyone.

経済的自由・移動の自由・時間の自由、いずれもセミリタイア後の醍醐味。特に後者2要素。
「セミリタイア後の自由」を夢想していた時、 経済的自由(financial freedom / independence)...

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日:2021年1月12日