【PFF】 米国優先株式ETFは高配当毎月分配!配当金推移まとめ

ツイッター
スポンサーリンク

iシェアーズ米国優先株式ETFを買い増しました。

PFFが37ドル台に下落していたので、買い増しを行い、合計2,002口になりました。

PFFからの分配金は外国源泉徴収税額、及び日本の所得税・住民税の税引後で、

毎月3万円程、得られる見通しとなりました。

設定来パフォーマンス

(出典元:ブラックロック公式HP)

緑線:iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)  

青線:S&P 米国優先株式インデックス

上記のパフォーマンス推移は、ファンドに1万米ドル投資し、分配金(税引前)を当該ファンドに再投資したと仮定して算出したものです。

インデックスに若干劣後しているのが見てとれます。

それでも、リーマンショックを経ての設定来10年のパフォーマンスは配当再投資ベースですが、+55.8%と十分な値ではないでしょうか。

10年間で1.5倍、これは個人的な1つのベンチマークとなる数値です。

設定来基準価額の推移

金融危機時以外の平時においては見事なヨコヨコ推移となっています。

構成上位銘柄

当該ETFの保有銘柄数は2017年3月9日時点で295となっており、構成上位銘柄は下表の通り、HSBC等の金融機関がメインとなっています。

分配金推移

微妙に漸減といったところでしょうか。年初は分配が多くなる傾向があり、それを除けば安定した分配金推移と言えると思います。

毎月3万円程度の配当金をこのPFFから得ているので、非常に貢献してくれているETFと言えるでしょう。

一方で、上昇相場の時は他の株式が上昇しているにも関わらず、このPFFは優先株式という債券に近い値動きをするので、連れ高になることはありません。ということで、平時は値動きがヨコヨコ推移であるにも関わらず、暴落相場では半値ぐらいまで下落するので、非常にリスキーなETFとも言えます。

ですので、あまりポートフォリオ内でPFFの割合を大きくしすぎるのはあまりオススメできません。

ということで、PFFから得られる毎月のキャッシュは全て何らかの米国個別銘柄かETFに引き続き再投資していき、ポートフォリオ内のPFFの占める割合を落としていきたいと思います。

Best wishes to everyone!

PFFとVYM・VTIを比較した記事はこちらをご覧ください。

【米国ETF】PFF・VYM ・VTI を比較分析 (直近10年の株価推移と配当推移)
米国株の王道ETF比較 → VYM・VTI・PFF 最近マイポートフォリオにおけるPFFの割合が大きくなってきました。よって、リス...

29歳サラリーマンのポートフォリオはこちらです。主に米国・豪州・英国・ベトナム・中国(香港)・日本に投資をしています。

29歳のポートフォリオ - 2017年10月
三菱サラリーマンのポートフォリオ - 2017年10月 以下簡単に私の保有銘柄になります。 米国株(ADR含む) iシェアーズ米...

最近ではウエストパック銀行(WBK)というオーストラリアの金融機関に配当金を再投資しています。配当金って本当に、素晴らしいですね。

【配当再投資という考え方】ウエストパック銀行(WBK)を40株買い増し!
【DRIP】配当金が貯まってきたのでWBKを追加購入 DRIPという言葉があります。 DRIPとは、配当再投資制度と呼ばれる制度のこ...
Twitter
スポンサーリンク

SNSでシェアする

フォローする