不便なラオスと便利な東京、どっちが幸せ?【マルハン銀行に勤める日本人のお話】

ラオスと東京と幸福

まずはこちらを見て頂きたいです。

ラオスにあるマルハン銀行で勤める日本人のお話です。

マルハン銀行のお話

9月13日 マルハン銀行ビエンチャン支店見学

29歳の若手社員がラオスの文化、経済から自分がラオスに来て変わった部分まで詳しく話してくれました。

私にとって一番興味深かったことは、黒崎さんの幸福についての考え方です。

黒崎さんは3年前までは毎朝満員電車に乗って会社に行って、夜、終電で家に帰っていました。

急にビエンチャンに転勤して、周りのすべてが不便になりました。病院の先生も資格がなくて、散髪さえもなかなか良い店を見つけられませんでした。

しかし、黒崎さんにとって、東京での生活よりは幸福度が高いです。ラオスでゆっくり生活ができて、仕事のためだけに一所懸命頑張らなくてもよく、雨の日には会社に遅れて出勤しても許されます。

幸せを感じられない勤勉な日本人と貧乏でのんびりした生活を送っているラオス人はどちらが良いと感じるかは人によって違います。

私にとってはお金のために一生懸命頑張るより、自分が心から幸せを感じられる生活を送りたいです。そう考える機会を得ることができたのは、ラオスに行って一番大きな収穫です。

現代日本人はこれを見て何を感じるのでしょうか。示唆深い文章です。

東京で毎日満員電車に揺られながら、室内のパソコンの前で1日の大半を過ごすことはやっぱりどこか非人間的だと思います。

時間厳守の日本 vs 遅刻OKなラオス

当然ながら遅刻OKな方に軍配があがります。

私の通っていた中学と高校は自由な校風でした。

友人5人と13時に待ち合わせをしても、13時半に1人目が来て、全員が揃うのは14時半、なんてこともありました。

かくいう私の勤め先の部署も、毎日誰かしら必ず遅刻してる人がいます。30分ぐらいであれば、特にお咎めないので、マシな方なのでしょう。

便利な日本 vs 不便なラオス

便利だとそれが当たり前になってしまうんですよね。

海外から日本に帰ってくるとまずトイレの綺麗さに感動するというのはよくあるお話だと思います。

そういえばこの前アーティストのGacktも30代は仕事ばかりしてたから、一度立ち止まって人生を見つめ直し、マレーシアに移住したという番組がテレビで放映されていました。

すまじきものは、宮仕え

これは大正生まれの祖母がよく言っていた言葉です。

宮仕え(会社勤め)はすべきでない、会社勤めは大変なものだ

というところでしょうか。

以前からこのような言葉があったのかと驚いたのを覚えています。

宮仕えしなくても余裕でOKとなる状態、つまり経済的自由を達成すべく引き続き節約と配当再投資を行なって雪だるま式に資産を増やしていきたいと思います。

1人で暮らして行くのであれば、今すぐにでもセミリタイア可能ですが、家族を持つことを考えるとやはりもう少し資産が欲しいところですね。

資本主義というゲームの攻略法と働く意味
配当収入見通し(2017年3月) これだから投資はやめられません。 上のベトナム株のサオタ食品に関する記事で...

公開日:2017年4月18日