【自己紹介】14歳で為替取引を始め、FF廃人として2ちゃんに晒され、入社当日にアーリーリタイアを決意。

【自己紹介】14歳~現在まで

14歳、バブル時代に比べて日本円の金利が低すぎることに気づく、外貨預金開始。

日本円が1%を大きく下回る金利に対し、翻って海外を見れば金利5%がザラにあることに気づく。

「これは日本円で預金をするのではなく、外貨で預金をした方が良いのではないか?」と思い、

中学2年生、お小遣いでユーロや豪ドルでの外貨預金を開始。

高金利通貨に投資しても長期的には儲かりにくいワケ
高金利通貨のトルコリラが一貫して下落 トルコリラの下落が止まりません。同じ高金利通貨では南アフリカランドも一貫して下落してます。 ...

中学の頃からお金に興味あり。

そもそもお金に興味を持ったきっかけは、母を助けたかったから。

私は父を幼い頃に亡くし、寸暇を惜しまず資格を取りまくりながら仕事に励み、女手一つで子供2人を一所懸命に育てる母を、金銭面で少しでも助けたかった。

15歳、FF廃人に(オンラインゲームのFF11)

ほどなくして、オンラインゲームのFINAL FANTASY11にハマりまくる。

学校の授業はひたすら寝て、徹夜でゲームに熱中することも。いわゆるFF廃人になる。

Bahamut鯖でKonzouという名前でプレイ。

プレイ時間は3年間で365日を超える

廃人なので2ちゃんに何度か晒される

↑Konzou。タルタル侍。

廃人になりすぎて、FFに飽きてきた頃にはキャラにRTM/リアルマネートレードで20万円の値が付く。

モンク、シーフ、黒、赤がレベル75。全く勉強をしなかったので高校の成績は下降放物線を描く。

【リアルマネートレード】とは、ゲームの中である仮想世界の通貨と、現実世界の日本円を取引すること。
17歳、FXに移行

外貨預金の手数料(スプレッド)が結構でかい為スイングトレードをしていたが、スプレッドが劇的に下がるFX(外国為替証拠金取引)に移行。

上述のFFキャラを売却し、その20万円も元手に加えてFX開始。

18歳、KOになんとか滑り込むも、リーマンショックで利益ほぼ吹っ飛ぶ

受験が近づくにつれ益々勉強意欲ゼロ。あまり興味は持てず。

塾に行く友達とカプリチョーザで晩御飯を食べては、自分だけ塾をサボって帰宅、テレビの前で放心。

親に言われるがまま、仕方なくKO受験。

なぜか浪人する気満々でやる気もなく、腕時計すら持参せず。

見かねた母親が、自らの腕時計を私に渡す。

英語のテスト開始。「お、試験終了まで残り20分やんけ、KOとか余裕やな」と余裕綽々でいた所、

試験監督から「残り10分です。」




なんとマザーズウォッチ、10分遅れていた。

焦るも、ここで火事場の馬鹿力的なものが働き、運良くKO経済にすべりこむ。

授業は日銀関係に興味、リーマンショックで損失。

大学の授業は日銀の人が来る金融の講義のみ興味あり。

在学中はFXもしながらひたすら遊ぶ。

その頃には資金も増え、100万円が投資元本。

FXでピーク時には200万円に迫る時期もあったが、リーマンショック到来。

一気に投資元本は毀損され、30万に激減。

それまで資産の増加に気を良くし、財布の紐も極限までゆるくなっていた18歳の大学生。この頃はレストランで一番高いものをオーダーし、旅行も1泊3万円の旅館に泊まっていた。

しかし、この件を機に、お金に対する価値観が更に固まっていく。そう、節約できるようになる。お金の大切さを身を以て知ることに。

リーマンショックによる損失でそれまでの利益がほぼ吹っ飛ぶ。

19歳、ストア派になる

即物的ではなく、禁欲を是とする。禁欲的な生活にハマる。


禁欲のススメ (角川文庫)

禁欲したら人生変わって禁欲する必要なくなった
完全なる禁欲生活を行い、解脱するということ こんにちは。禁欲と筋トレと節制大好き三菱サラリーマンです。 自分の欲望を...
20歳、北京大学 経済学部に留学する

慶應大学3年在学中、自費で北京大に留学。海外の素晴らしさを知る。日本で正しいとされていることは、世界で全然必ずしも正しくないと知る。

ひたすら電子辞書片手に、大学教授から道端のホームレスまで見知らぬ人にとにかく話しかけまくって語学や文化を身体で学ぶ。わからない単語はわかるまでひたすら聞く。

留学3ヶ月でHSK(漢語水平考試)最高級を取る。半年で、北京大の留学生語学試験で、1位を取る。

中国留学で北京大学を選び、毎日相互学習したら語学マスターして人生変わった
6か月でネイティブに間違われる程のレベルに到達できる最も効率的な語学習得法 この記事で記載の通り、中国語を習得した経緯について書きたい...
22歳、就活という意味不明な活動をする

就活(大爆笑)

就活自体には早々に興味を失うも、もっぱら交友関係を広げることを目的にセミナーに参加する。

そうすると、楽しくなってくる。

しかし就活自体には興味がない為、その煩わしさから面接を受ける企業は8社程度に絞る。

就活無双、ほぼ無傷でフィニッシュ。

一番給与が高そうで楽そうで福利厚生も手厚そうな某三菱豚舎を選ぶ。

23歳、入舎当日にセミリタイア/アーリーリタイアを決意

豚舎(会社)にいる人間と自分とでは、考え方・価値観が根本的に異なることに気づく。

その日にアーリーリタイアを決意。セミリタイア計画始動。

24歳、JAL上級会員を取得すべく、マイル修行僧になる

  • 東京ー石垣ー東京ーバンコクー東京ー札幌ー東京
  • 東京ー那覇ー東京ーシンガポールー東京ー那覇ー東京

このルートを1泊2日で駆け抜ける。バンコクやシンガポールでの滞在時間は12時間とか20時間とかだったと記憶。

無事、JALグローバルクラブ会員の資格を得て、JGC解脱。

【JGCまとめ】20代でJALグローバルクラブに入会すべき12の理由
JALグローバルクラブ会員資格は絶対得ておくべし 今夜からまた中国出張です。 フライトは20時なるも、14時前にチェックイン! な...

27歳、株式投資に移行

FXで積み上げた利益を、ユーロドルでまたもほぼ失う。

ゼロサムゲームから解脱を決意。

日本株の優待投資を経て米国株など外国株中心の投資に移行。証券口座はSBI証券

配当金生活に向けたポートフォリオ - 2018年4月
三菱サラリーマンのポートフォリオ - 2018年4月 以下簡単に私の保有銘柄になります。 米国株 iシェアーズ米国優先株...

29歳、経済的自由達成

不労所得が支出を上回る。

語義上、経済的自由を達成。

30歳時点で月々の不労所得20万円超えを見込む。

株式投資 運用方針

毎月給与の8割を株式買付にまわす単純な作業

いかに若年化に資本を蓄積できるか、ここがポイント。

不労所得で確実に最速でセミリタイアする方法|経験談
ここで言うセミリタイアの定義とは? まず、ここで言うセミリタイアの定義を明確化しておきます。 ここで言うセミリタイアとは… 「資産や収...



服装

基本的に社内では四季を問わず年中半袖。

冬でも半袖サラリーマンの半袖くんが半袖を再開しました
「サラリーマンとして半袖はどうなんだ?」 という、 (このひと一体何言ってるんや。。) 文字通り閉口した不可解極まりないあ...
海外出張は私服で行く

同行者がいない際は、私服で赴く。目的を果たせばいいので、スーツにこだわる必要はないと思慮。

なぜあんな暑苦しくて肩が凝るスーツを着る必要があるのか理解に苦しむ。

海外出張にスーツは不要、私服でOK!
私服出張?OK。OK。 本日も海外出張。今回は中国ではなく、アジア某国に向かいます。 JALグローバルクラブのチェックインカ...

有給休暇をやたら取得するキャラ定着。結果的に職場の同僚も休暇取りやすくなる。

有給休暇フル消化を5年続けた結果、同僚も取りはじめた
月に2日は有給休暇 月に2日は有給を取るようにしています。最低でも1.5日。 私の勤め先はなにせ古い会社ということもあり、有給を積極...
長期有給休暇(17日)を取得
特別休暇に有給くっつけまくって17連休達成 この記事でも述べたように、私の部署は、私が着任直後は2ヶ月に一回有給取れれば御の字とい...
エレベーターとエスカレーターは使わない

毎日階段のみで移動する。階段は資源。

毎日階段を60階分上った結果、息切れしなくなった
【朗報】毎日階段上がりまくってると息切れしなくなることが判明 無類の階段好き、三菱サラリーマンです。 こちらの記事で以前記載...
財布

あのマジックテープのベリベリベリベリ~って音がするやつ。

小学生がよく使ってるやつ。

長財布じゃなくてもお金は貯まるしお金持ちになれる!
財布の形状とお金の関連性はある?? よくプレジデントとかダイヤモンドとかの経済雑誌等で、 「お札を大事にする人はお金から好かれる」 ...
現在

現在29歳、年収900万。金融資産は3,700万。 純資産5,000万。(2018年7月時点)

禁欲・運動・投資・節約を4本柱とした生活で、給与の手取り40万円強のうち35万円と配当収入を合わせて毎月50万円程度を投資に回す。そして30歳でセミリタイアする可能性。

現在の勤め先に入社したその日から、アーリーリタイア/セミリタイアを志向していました。40年間サラリーマンをする気は今のところありません。

やはり毎朝決められた時間に決められた場所に行くということ、これはなかなかに御し難いです。。

豚舎はそのまま定年まで勤めれば、給料は右肩上がり、30代前半で確実に年収は1,000万を超えます。

でも、サラリーマンが主体的に動くにはなかなかに制約があります。自分の能力や、らしさを発揮して動こうとすると必ず誰かが足を引っ張ったり妬まれたりということもあり得ます。

基本的に受け身とも言えます。人事異動を決めるのは自分ではなく、会社ですね。

自分の人生の大半を過ごす時間や場所を主体的に決めるのは難しい、それがサラリーマンをやるという1つの側面です。

30代で年収1,000万になっても、それはまた別の問題です。

人生一度きり、自分のやりたいこと、好きなことをして生きたい。

我慢してやりたくないことを耐えながら働くのは、できればやりたくないですよね。

「お金をもらってるんだから、やりたくないことをやって当たり前よ」

と言う考えもあると思いますが、どうもこれには諸手を挙げて賛成とはなれません。

そもそも企業と労働者という関係において、お金を頂くという発想は結構日本的な気がしています。

労働者は貴重な時間や能力を企業に提供して、その対価として賃金が発生するものです。労使は本来対等な関係ではないでしょうか。

どうも日本はこの点が特殊というか、雇って”もらう”という発想があるのではないでしょうか。

就活だって就活生が「この企業はどんなもんじゃい、いっちょ見定めてやるかと企業を見定める場とも換言できます。決して「雇用してもらうために自分を売り込みに行く場」ではありません。

AI/人工知能やロボットが発達してこれから付加価値や独自性の高い職業以外はロボットに取って代わられるでしょう。自分の好きなことを磨いて磨いて一流になった人の価値は相対的に増して行くという、ますます格差が広がる時代になるかもしれませんね。

ちなみに、私は上述の通り、学生時代海外留学をしていました。

その時思いました。日本で正しいことは世界では正しいとは限らないということです。

そもそも正しいか正しくないかで価値判断をすること自体がちょっと違うかもしれません。

日本は相当独特な国だということです。画一性や協調性が重要視され、人と違うことをすると奇異な目で見られたり、会社によってはその種の方々が多いのも事実です。

なぜか毎朝決まった時間に特定の場所に出勤という形で移動し、自分の意に反した決められた仕事をすることになり、部署や職種も選べず、給料というニンジンをぶら下げられて日々働く。とこんな風に思う人もいるでしょう。

これは完全に職場環境によりますが、ひどいところでは、現代版奴隷と言えるところもあるようです。

サラリーマンという職業は長い歴史のうちの戦後数十年間施行されているだけのシステムではあります。

あと日本は上下関係という文化ありますよね。上司や先輩に言われたことは服従せねばならず、顔色を窺ったり、お酒を注がなければだめだとか。

うーん、これも人によってはなかなかに御し難いですよね。

お酒を飲んでるのは自分であり、欲しいなら自分で入れればいいじゃないですか、なんて意見もあると思いますし大いに同感。

そういうことに時間と労力を費やす、これも御し難い。

もっと自由にやりたいことをやって暮らす、そんな生活を送るため、給料の80%を投資に回しながら、遅くとも32歳までにセミリタイアを敢行するべく、その軌跡を描きながら邁進していくブログとでもひとまず定義することに致します。

当ブログのコンセプト

そして、皆さんもこのブログを見ることで、こんな日本人もいるんだ、こんな生き方もあるんだ、サラリーマンでもやりようによっては自由に生きていけるんだ、と少しでも自分で人生を切り開く上で、参考となってもらえるような、そんな生き方も提唱しつつ、読者の方々の参考になるような価値ある情報を発信出来れば幸いです。

そして、更には株式投資というものに興味を持ってもらえればとも思います。

それは、ひいては日本のためにもなることではないでしょうか。

日本は米国のマーケットと比べるとどうしても市場の厚みや売買規模、流動性がどうしても落ちます。資金の出し手が少ない。国民の金融資産のほとんどが預貯金に回っているなんて日本だけです。それだけ資本所得が少なくなりますから、機会損失になります。

ご存知の通り日本の銀行に預金したところで金利が低すぎてお金は増えません。一方で、もし日本の家計金融資産1,800兆として10%だけでも株式市場に参加となれば凄まじいインパクトになります。

企業にとっても市場の流動性が高まり、リスク資金の出し手が増えることは良いことです。そして、0に近い銀行金利ではなく平均して2%以上は配当として日本の家計金融資産の増加に寄与することになります。

銀行に預金をすると、銀行はその預金を元手に日本国債等を購入します。そのような資金の流れは政府債務の増加を奨励するだけで前向きな資金の流れとは言えません。

いずれにしましても読者の役に立つ情報を発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

また、もしこのブログが一大メディアに育てば、同じく経済的自由を志す人々がブログを始めた時に、その宣伝を私の方で行い、彼らの収益化の一助となれれば。

こんな風にも思っています。

Best wishes to everyone.

経済的自由を達成すると、あらゆる面で余裕ができるのは確かです。一度きりの人生ですから、人生の選択肢を増やしたいものですよね。

ちなみに株式投資をするならSBI証券が良いです。手数料も業界最安値水準ですし、米国株やベトナム株も取り扱っているからです。


「アルティメット富裕層」という生き方―経済的な自由を手に入れた超お金持ち達の日常生活

コメント

  1. オヤジ より:

    じんたん 様
    はじめまして。

    入社当日にアーリーリタイアを決意されたのですね。
    下記内容に共感しました。

    >毎朝決められた時間に決められた場所に行かないといけないこと自体が意味不明
    >基本的に受け身です、人事異動を決めるのは自分ではなく、会社ですから
    >企業と労働者という関係において、お金を頂くなんていう発想は相当おかしいです
    >サラリーマンという職業は長い歴史のうちの戦後数十年間施行されているだけのシステム

    僕は現在58歳3ケ月のオヤジです。
    9月末日で早期退職しましたが、じんたん様から見れば遅すぎる退職ですよね。

    僕も職場で素足で仕事をしていました(夏場)が上司からは非難が絶えませんでしたよ。

    お金を稼ぐ事に時間を拘束されなくなって本当に充実した毎日です。
    やりたい事だけをする毎日を過ごしております。

    ブログ楽しみにしております。

  2. どエンド投資家@鳥族 より:

    はじめまして。
    地頭が良くて、エッジが立ってて、物事に過剰にのめり込む。
    世間の常識=普通の人の価値観にとらわれず、自己流を貫ける。

    五月さん(片山晃さん)と同じにおいしますね。

    ストラテジー判断、銘柄の分析力もとても素晴らしいと思います。

    これからもブログを通じて、いろいろと教えてくださいませ。

    • じんたん より:

      はじめまして。
      過分なお言葉、誠にありがとうございます。
      同町圧力が強い社会なので、可能な限り自分をしっかり貫きたいと思います。
      五月さんという方は存じ上げず、調べさせて頂きます。
      今後ともどうぞよろしくお願い致します。何かあれば遠慮なくご連絡ください^^

  3. eimei より:

    はじめまして。
    私は66歳のじじいで、54歳のとき早期退職しました。
    2人の子供も働き始めましたし、母親の一周忌も済み、妻に内緒で退職しました。無断退職のことで、妻と離婚寸前まで行きましたが、なんとか離婚は免れています。
    早期退職した後、中型バイクの免許をとり、バイクで自宅からロシア・ヨーロッパを走り、モロッコのサハラ砂漠まで走り、ヨーロッパへ戻り、バイクを預け、帰国。日本で半年間働き、また、ヨーロッパへ飛行機で行き、バイクでヨーロッパ近辺の旅をし、秋になると帰国して働く。このようにハーフリタイヤのような生活を10年以上続けています。
    なぜ早期退職したかは、若いときから海外の観光地でない場所を旅したかったが、自由な海外の旅ができる国際状況でなかったし、円が安い上、旅行代金が高かったので諦めていました。ソ連が崩壊し、ロシアを旅できるようになったので、働きながらチャンスを伺っていました。そのチャンスが54歳のときでした。
    60歳から前倒しで、年金をもらい、半分働きながら生活しています。
    現在、町内会長をさせられているので、働いていません。貯金を少しずつ崩しながら生活していますが、来年の3月に町内会長の任期が切れるので、来年4月から1年間働き、その後、海外バイク旅を再開したいと計画を練っています。
    飲む・打つ・買う・たばこは若いときからやりませんし、現在、車もやめ、スーパーカブで移動しています。若いとき「上司の酒も飲めんのか!」とよく言われましたが、私は「酒はし好品なので飲みたい人が飲めばよい」と言い、拒否していました。マージャンやゴルフなども同様に拒否していました。
    また、私は、株・FX・アパート経営などの投資(?)には全く興味もなく、やるつもりもありません。普通のサラリーマンが早期退職し、どこまでやれるだろうか不安でしたが、何とか10年以上生活できました。
    わずかな年金をもらい、働けるまで働きながら、バイク旅を続け、残りの人生を送るつもりです。
    ちなみに、私の海外バイク旅の一日の予算(宿・食事・ガソリン代等)は2,000~3,000円ですし、日本での生活費はそれ以下です。
    海外を旅して一番感じたのは、日本人は安い賃金で長時間働き、時間的にも、精神的にも余裕がないことです。なぜ、コンビニやガソリンスタンドが年中無休24時間営業しなければならないのか、スーパー・宅急便などが日曜日まで営業しなければならないのか。もう限界にきているように思われます。
    貴方のような既成概念にとらわれない人が増え、社会システムが徐々に変わっていくことに期待します。そのころには私は地獄でもがいていますが。
    名古屋の自宅よりeimei

  4. NKのだれか より:

    じんたん 様
    すごいですね。ここまで自分に近い人がいることに驚きです。
    実は自分も晒されるほどのFF廃人で高校の成績も右肩下がり、大学に至ってはセンター利用を駆使して徹夜で合格という経歴です。また就職先は某三井系でポートフォリオも瓜二つ…。
    ちなみに自分は今年アーリーリタイアする予定です。じんたんさんも頑張ってください!

    ところで米ドル建て社債は購入されないのですか。今美味しいですよ。