配当金が不労所得を可視化し、長期投資を可能にする【自動利益確定装置】

配当金のメリットは定期的に利益確定してくれ、キャッシュフローが生まれること

配当金の何が良いって、受取配当金の予想がしやすいので計算しやすいっていう部分もあるんですけど、やはり「未実現利益ではなく実現利益であること」なんですよね。

例えば無配株って、いつ利益確定するかっていうタイミングは非常に悩ましくて、ちょうど天井で利益確定するなんて至難の業というか神がかり的な才能でもない限り、毎度毎度それを実現することは不可能です。

米国高配当株の場合、ほったらかしにしておいても、相応の額が四半期配当金という形で四半期ごとに配当を吐き出すことで自動的に「株主資本から個人のお財布へ移動」、つまり利益を確定してくれます。

この配当金というものを、企業が存続し、利益剰余金が枯渇しない限り、一生もらっていく。こういうつもりで株式投資を行っています。

この心地よさというのは、一旦感じると、まさにたばこのように病みつきになる心地よさがあると言えるでしょう。

これは、

  • 「知っているか知らないか」
  • 「やるかやらないか」

という単純にそれだけの話で、一旦株式を購入しさえすれば、配当金というのは払い込まれます。

配当金という定常的なキャッシュフローが可視化された不労所得を示し、経済的自由度の達成具合も可視化される

企業が永続する限り、四半期ごとに必ず個人の口座に振り込まれます。この定常的なキャッシュフローが持つ意味は非常に大きい。

不労所得を可視化できるからです。

例えば月の生活費が20万円の人がいたとして、無配株に投資していると今自分が不労所得>生活費なのか、不労所得<生活費なのかすらパっと可視化することはできません。

しかし配当金に着目して、配当金をKPIとして株式投資を行っていれば、不労所得がいくらなのか、それは毎月の生活費の何%に達しているか、というのが一目瞭然になります。

これは可視化によりモチベーションを維持するという意味で、極めて有用な手法になり得ます。

株式投資や配当金を重視した投資で大事なことは、継続することです。資本の成長という果実を得るためには、市場に長く居座り続ける必要があります。

長期投資を可能にするには、継続しなければなりません。途中で降りてしまっては、長期的な果実の成長を取りこぼすことになりますから、如何にして継続するか、この仕組みづくりをしっかり行っておく必要があります。

>>関連記事:長期投資のメリットとは?投資初心者こそ長期投資がおすすめ

その仕組み作りとして好適なのは、受取配当金をKPIとして、定期的に入金することで配当金収入を成長させていく手法であり、まさに私が継続して行っている手法です

この手法は再現性も高く、給与という定常的なキャッシュフローさえあれば、毎月株式を購入することで、非常に高い確率で以下のような右肩上がりのグラフを実際に描くことができます。

三菱サラリーマン的、継続の結晶

配当金をKPIとする投資手法まとめ

以上まとめますと、配当金をKPIとして株式投資を行うことで、以下5つのメリットがあります。

配当金をKPIとするメリット5つ

1.配当を吐き出すことで自動定期的に利益が確定される

2.再現性が高い

3.不労所得の可視化が可能となり、経済的自由達成具合が明瞭

4.右肩上がりのグラフを描き、モチベーションの維持になる

5.そのモチベーション維持が市場に長く居座り続けるという長期投資を可能にさせる

これこそまさに三菱サラリーマンが高配当株投資による配当金をKPIとする投資手法を確立することにしたゆえんです。

よって、私は今後も給与から入金することで株式の買付に回し、配当金という可視化された不労所得、そして売却さえしなければ企業が永続する限り支払われる配当金という有用なツール・資本の果実を今後も受け取ってまいります。

そして配当金・株式投資のメリットを享受するためには、一部の知識層が得られる権利というわけではなく、証券口座を開設し、定期的に株式を買い付けることで、誰でもできることです。

それをするかしないか、知っているか知らないか、これが10年後・20年後の資産形成の一助になるか否かの分水嶺になり得ることになります。

Best wishes to everyone!

高配当株に投資をすることは、個人の嗜好や目的にもよりますが、課税繰延効果がないこと等も考慮した上でも、個人的には非常にしっくり来ています。

なぜ高配当株に長期投資するのか。メリット・デメリットも考える。
まず、投資手法は多様であって良い 読者の方から以下のようなコメントを頂きましたので、 「なぜ高配当株の長期保有による資産運用...

株価暴落の際に輝きだすのが配当金という定常的なキャッシュフローなのです。

株価暴落に際して投資家が成すべき3つのこと
株価が下がった時に留意しておいた方が良いことってなんだろう? 以下3点挙げます。 ①メディアの扇動と過剰な反応には客観性を ...

配当金という定常的なキャッシュフロー且つ可視化された不労所得を増やす上で、絶対的にインパクトが大きいのは投資元本です。この原資を如何にして作り出すか、それが全てを決すると言っても過言ではありません。

株で資産運用するには、まず運用資金を増やすこと
株式投資や米国株に対する期待値を高くしすぎると不味 人間はとかく安易な方向に走りがちです。 ダイエットをしていても、「今日だ...