資産ポートフォリオを大幅に変更

資産ポートフォリオの内訳

本記事の概要
  • 資産クラスの分散に加え、先月詳述の通りインフレ(またはスタグフレーション)シナリオ念頭にポートフォリオを変更
  • 米国株・不動産・ゴールド・日本株で構成
  • 株式は価格支配力・インフレ耐性のある個別銘柄

FIRE前

FIRE前は、以下のような超攻撃型ポートフォリオでした。

  • 90%以上:株式(リート・インフラファンドふくむ)
  • 10%未満:現金または同等物

2022年現在

2021年央から2022年にかけて大きく変わってきました。詳しい背景は下段の関連記事に譲ります。

リスク資産の内訳は、概して以下の通り。

  • 米国株  30%
  • 不動産  30%
  • ゴールド 30%
  • 日本株  10%

今後も状況にあわせて柔軟に変化させていくでしょう。

米国株

何度かに分けて売却してきました。

米国株をさらに一部売却した理由
米国株を一部売却した理由 今回のFOMCの内容を受け、株式のウェイトをさらに大きく下げ。ドル円の一部ヘッジも検討。 — 穂高 唯希|...
株式を一部売却
株式を一部売却 現金比率についてはご案内の通りですが、寄りで主に中期資金枠を利益確定としています。 実験的な試みです...

もう少し比率を減らしてもよいかなと思っています。

保有米国株はインフレ耐性または価格支配力があると思しき銘柄が主力。どれを売却するか悩ましく、エネルギー系はもう一段高あれば持ち高を減らすことも選択肢。

不動産

最近1件取得。別途詳述予定です。

さらにもう1件取得も考えていました。しかし物件の質自体は良好ながら懸念あり保留中。

もし2棟保有となれば米国株を抜いてトップの比率に。

不動産は資産の分散も兼ね、攻める必要なく、こちらもあくまで堅実にやっていこうと思っています。

私がFIRE達成まで不動産・太陽光投資をやらなかった理由【信用力が高くとも】
私がFIRE達成まで不動産投資・太陽光投資をやらなかった理由【信用力が高くとも】 セミリタイア・FIREをめざす際には、給与所得以...
【不動産の出口戦略】家賃負担を3年住んでも実質ゼロ以上にするには
本記事は、都内に住んでいた時期のお話です。 いかにして3年間にわたって家賃負担ゼロ以上に至ったかを記しています。住居費は経済的...

ゴールド

ゴールドの購入は約7年ぶりです。

2022年は今のところ想定したシナリオに沿う形。ゴールドは記していた通り米国株を売った資金で先月一括購入。

現時点ではS&P500が下落しても好調の資源系・高配当株・ゴールドによって利益が拡大してきた状況。

関連記事:ポートフォリオ概況と株式売却資金の使いみち

日本株

Jリートやインフラファンド、中期資金枠の日本株は2021年に総じて順次売却。比率もリスク資産の1割に低下。以前は3割程度あったと思います。

現在ほぼアフターコロナ系(ホテル系リート、航空系)が占めています。奇しくも先日の入国規制緩和で追い風傾向か。

好調のJリートを相次いで売却
好調のJリート、相次いで売却 上図は東証Jリート指数です。コロナショック以降、反騰が続いています。 NISA枠で保有...

今後

個人的には準パーマネントポートフォリオ的な感じに近づいている気もします。

今後は状況次第ですが現時点では米国株の比率を下げて、不動産(・ゴールド)の比率を上げたいところです。

ただどの銘柄を売るかですね。好調な銘柄を減らすことが一案。大幅高のエネルギー系を減らすか。

債券は考えてないです。物価連動債ならよいわけですが、近年は株高・債券高が併存してきました。今年はその巻き戻しが起きています。今年は株と債券の逆相関は見込みづらいと想定。それなら不動産・コモディティでよいかなという印象。ただしコモディティはリスク資産の市場が崩れ出すと連れて弱くなる想定もしつつ。

関連記事

運用方針が変わった背景等は、今まで述べてきた通りです。

FIRE後に運用方法が変化した3つの背景・言えること
FIRE達成前と達成後で運用方法が変化した3つの背景 セミリタイア・FIREしてからというもの、資産運用に対する自身のスタンス・運用方法の...

直近のマクロ環境への所感と行動です。

米国株の現状、チェックしている対象、今後のスタグフレーション的展望
米国株の展望とチェックしている対象、今後の展望 市場の局面変化の兆しを見いだせるいま、現在みているものを以下記しておきます。 ...
米国株をさらに一部売却した理由
米国株を一部売却した理由 今回のFOMCの内容を受け、株式のウェイトをさらに大きく下げ。ドル円の一部ヘッジも検討。 — 穂高 唯希|...

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: