株式を一部売却

コンテンツ

株式を一部売却

現金比率についてはご案内の通りですが、寄りで主に中期資金枠を売却としています。

実験的な試みです。もちろん、機会損失の可能性も伴いますね。試みにもリスクは付き物です。

ポートフォリオは従来型から変化を加えた結果、S&P500が3日で4.1%、ダウが同3.5%下げる中、同1.9%とたまたま機能しています。

個別株の特長と思います。自身の判断によるリスクを引き受け、結果も受け入れ、しかし裁量性は確保できると。

穂高 唯希

などとイキり散らしております。

再度インする時期は適宜はかりますが、すこし様子見してもよいかなと思っています。どちらに転んでもよい余地を広げる形です。

ひとつの方針にこだわる必要はなく、試して客観視して、振り返って客観視、という形で柔軟にやっていきたいと思います。

関連記事

【FIRE後の運用】長期資金に加えて、中期資金枠【現金比率が変化】
【FIRE後の運用】長期資金に加えて、中期資金枠を創設【現金比率が変化】 想定運用期間・現金比率の観点から、現時点におけるFIRE...
日本株はターゲット設定の上、到達すれば一部利益確定を検討
そろそろ日本株はターゲットを設定の上、一部利益確定を検討したい 日本株の勢いが凄まじいことになっていますね。日経平均は3万円をつけ...
高揚感が漂う相場が続く中、ジャンク債は2007年以来の水準を記録
高揚感が漂う相場が続く中、ジャンク債は2007年以来の水準を記録 高揚感を感じやすい相場が続いています。 毎週のようにダウ平...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: