米国株ポートフォリオ(FIRE後)

米国株ポートフォリオ(FIRE後)

現在のポートフォリオについてまとめています。

時々の状況に合わせて、随時手を加えるかたちです。

背景

FIRE前からの変化の背景については、以下ツイート及び記事に譲ります。

背景

FIRE後に運用方法が変化した3つの背景・言えること
FIRE達成前と達成後で運用方法が変化した3つの背景 セミリタイア・FIREしてからというもの、資産運用に対する自身のスタンス・運用方法の...

沿革

FIRE後
  • コロナショックを契機に、リストアップしていた連続増配株等へ投資、値下がりした銘柄の買い増し。のち一部利益確定。

現在のキャッシュフロー状況に合致。

FIRE達成後の米国株ポートフォリオ

米国株(一部英国ふくむ)は以下の通りです。このほか、JALやインフラファンドなど日本株があります。

Name Ticker Weight
MSCI Inc. MSCI 4.7%
Costco Wholesale Corporation COST 4.7%
CME Group Inc. CME 4.0%
Altria Group, Inc. MO 3.9%
salesforce.com, inc. CRM 3.4%
IDEXX Laboratories, Inc. IDXX 3.4%
Exxon Mobil Corporation XOM 2.9%
FactSet Research Systems Inc. FDS 2.9%
AbbVie Inc. ABBV 2.8%
British American Tobacco p.l.c. BTI 2.6%
Domino’s Pizza, Inc. DPZ 2.4%
Walt Disney Company DIS 2.2%
Abbott Laboratories ABT 2.1%
The Boeing Company BA 2.0%
Huntington Ingalls Industries, Inc. HII 1.9%
Lamb Weston Holdings, Inc. LW 1.9%
S&P Global Inc. SPGI 1.8%
Lockheed Martin Corporation LMT 1.8%
Stryker Corporation SYK 1.6%
Johnson & Johnson JNJ 1.6%
Moody’s Corporation MCO 1.6%
Chewy, Inc. CHWY 1.2%
Royal Dutch Shell plc RDSB 0.8%
BP p.l.c. BP 0.5%

  • 配当の観点
    連続増配株、高配当株、無配株
  • セクターの観点
    生活必需品、金融サービス、ヘルスケアが主体。
    資本財・一般消費財・エネルギーと続く。
  • 米国株は好調つづく。市場は好調ながら、あくまで現金厚めを維持。

運用ルール

現時点で特に運用ルールはなく、以下ぐらいでしょうか。

現在の方針
  • 事業の堅牢性を重視
  • 現金はしっかり確保
  • 分散

事業が容易に代替されにくいと思しき企業群。つまり、好みの銘柄です。分散の徹底も従来通りです。

ロッキードマーチンなんかは、「価格交渉力を持ちづらく高値で調達せざるを得ない日本の国富流出分の回収」という意義も見いだせるかもしれません。

また投資先の事業内容は一定程度の理解に努めます。

特定の対象や方針に拘泥することなく、状況に応じて必要あらば柔軟に変化を加えていきたいと思います。

そして、従来通り「その時の自分に心地よく、精神面に配慮され、納得感のある」投資を続けたいと思います。その時々の自分の状況に合った投資ということですね。

Best wishes to everyone.

関連記事

組入れトップのMSCI。執筆時点から株価は約3倍に。

【MSCI銘柄分析】金融サービス供する高成長・高収益の指数算出企業
【MSCI銘柄分析】金融サービス供する高成長・高収益の指数算出企業 2015年後半より高配当株をひたすら購入してきた結果、2020...

個人的にはプラッツ指標で平素よりおなじみ、SPGIです。

【SPGI】信用格付け・指数算出で寡占する高収益な金融サービス企業2015年後半より高配当株をひたすら購入してきた結果、2020年の株式からの受取配当金は税引後で月平均20万円を超える見込みです。これで生活費は賄えますので、今後は高配当株だ

アラガン買収でボトックス系が成長したアッヴィ。ヒュミラ特許消失後を見据え、Imbruvicaの伸長など手が打たれているか。

【ABBV】アッヴィ、配当2.3~7.4%のバイオ医薬品大手。アラガン買収で製品多様化。
米製薬大手アッヴィ【ABBV】は、高配当・高増配・高いトータルリターンを示した米医薬品大手です。 高いキャッシュ創出力...

寡占的事業を営むCMEグループ。成長性も見られる隠れ高配当企業。

【CME】隠れ高配当なCMEグループ、金融市場の寡占的胴元
2015年後半より高配当株をひたすら購入してきた結果、2020年の株式からの受取配当金は税引後で月平均20万円を超える見込みです。これで...

ビジネスモデルが最大の特徴、日本でも人気のコストコ。こちらも特別配当あり、増配率も堅調です。

【COST】コストコ・ホールセール、堅牢なビジネスモデル、隠れ高配当・高成長銘柄
【COST】年会費による堅牢なビジネスモデル、隠れ高配当・高成長銘柄コストコ Tweet 2015年後半より高配当株をひたす...

不況にも強かったファクトセット。堅調な業績・増配。

【FDS銘柄分析】ファクトセット、約40年連続増収、高増配率の成長企業
【FDS銘柄分析】ファクトセット・リサーチ・システムズ、2桁増配率を維持する成長企業 ファクトセット・リサーチ・システムズ【FDS...

こちらも現時点では代替されることが想像しづらい事業領域です。

【LMT】ロッキード・マーチン、2020年も安定の増配が続く【米航空機・宇宙船開発】
【LMT】ロッキード・マーチン、2020年も安定の増配が続く 米航空機・宇宙船開発大手【LMT】ロッキード・マーチンの増配がアナウ...

寡占事業を営むハンティントン。

【HII銘柄分析】ハンティントン・インガルス・インダストリーズ、米海軍の原子力空母を設計建造する唯一の企業
ハンティントン・インガルス・インダストリーズ【HII】は、米国防総省から継続的な受注を見込む、増配率の高い好配当銘柄。 なお、...

ドミノピザです。「スパイシー」が何気に好きです。自社株買いが積極的。

【DPZ】ドミノ・ピザ、IT駆使して成長続く、宅配ピザ世界2位2015年後半より高配当株をひたすら購入してきた結果、2020年の株式からの受取配当金は税引後で月平均20万円を超える見込みです。これで生活費は賄えますので、今後は高配当株だけに

アイデックス・ラボラトリーズなどのペット産業については、以下に詳述しています。

【米国株】継続的な成長が期待されるペット産業と関連銘柄
継続的な成長が期待されるペットビジネスと関連銘柄 人々のペットに対する姿勢の変化や、コロナショック後の動きから「ペット関連産業・ペ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日:2021年5月2日

コメント

  1. みずがき より:

    初めてコメントさせていただきます。
    以前からブログを楽しく読ませて頂いています。

    当方の記憶では以前のポートフォリオでそれなりの割合をPFFが占めていたと記憶していますが、売却なさったのでしょうか。
    ここ最近の株高傾向を踏まえ、債権的な性質を持つPFFへ資金投入を行おうかと考えていた矢先でしたので、気になってしまいました。

    よろしければ売却に至ったプロセスなど教えていただければ幸甚です。