【LMT】ロッキード・マーチン、2020年も安定の増配が続く【米航空機・宇宙船開発】

【LMT】ロッキード・マーチン、2020年も安定の増配が続く

米航空機・宇宙船開発大手【LMT】ロッキード・マーチンの増配がアナウンスされました。

  • $2.40/share → $2.60/share(8.3%増配)
  • 配当利回り 2.69%
  • Payable Dec. 24; for shareholders of record Dec. 1; ex-div Nov. 30.

安定の増配傾向が続いていますね。

加えて、17億ドルの既存自社株買い枠に、新たに13億ドルを追加することもアナウンスされました。財務基盤を感じさせる1つの要素ではあります。

増配反映後の配当利回りは約2.7%。後述の通り、過去の増配率は高い傾向。

EPS・DPS・配当性向

下図はEPS・DPS・配当性向を示したグラフです。

  • 過去10年間、平均15%の増配率。
  • 配当性向は概ね50%。

売上高・営業利益・キャッシュフロー

売上高・営業利益・営業利益率・営業キャッシュフロー・フリーキャッシュフローなどは、下図の通り。ざっと見てみましょう。

  • 売上高:2017年より上昇
  • 営業利益:上昇傾向
  • 営業利益率:上昇傾向

  • FCF:バラつきあるも、概して上昇傾向

ということで、この10年に限っては以上のような推移を見せています。

まとめ

【LMT】は以前からチェックリストに入れていたものの、ようやくコロナショック後に個人的に買える水準となった銘柄の1つです。

Fair Valueが500ドル台とも言われる銘柄ながら、高値追いは個人的には禁物か。同業のレイセオン【RTH】より好みです。

今後も堅調な業績を背景として安定的に増配が続くこと」に賭ける投資家にとっては、選択肢になる銘柄ですね。

Best wishes to everyone!

空・宇宙を担うLMT、対して海を担うのがHII。去年まで株価は大躍進も、今年は工期遅れで冴えませんね。

【HII】2019年3Q決算で株価急騰、ジョージ・ワシントン入渠に見る同社の特長
先日20%の増配がなされた、米艦船建造大手ハンティントン・インガールス・インダストリーズ【HII】の2019年第三四半期決算が発表されました...

日本人として防衛費という名の国富流出を米国から日本に還流させるべく、LMTを保有している投資家もいらっしゃるかもしれません(笑)。株式投資にはそのような側面もありますね。

米軍からの防衛装備品調達額を配当金で回収しよう【LMT/RTHへの国富流出】
外資企業への国富流出は株式を購入し、配当金で回収しよう(確信) 要するに、防衛装備品代金の支払いを2年から4年延期してほしいと防衛省が...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: