【COST】コストコの銘柄分析、隠れ高配当の高成長銘柄

【COST】コストコの銘柄分析、隠れ高配当の高成長銘柄

先日、気前よく特別配当を発表し、現時点では

  1. 隠れ高配当
  2. 高増配
  3. 高成長

といった銘柄でもあるコストコの過去データ推移を確認しておきます。

過去データというのは、「あくまで過去であり、依拠しすぎるのは不味ながら要素の1つとして参考になるもの」といった位置づけです。

そんなコストコの過去の傾向として、特徴を以下5つ挙げます。

コストコの特徴① 継続的な売上高成長

日本でもすっかりおなじみのコストコですが、最も象徴的なポイントとして挙げられるのは、月次で発表されている売上高成長率の高さ。

2020年10月の売上高成長率(昨年比)

北米・海外ともに昨年比で二桁成長を続けており、eコマースに至っては直近では+90%という驚異的な伸び率。

下図は、売上高・営業利益・純利益の推移です。

  • 売上高・営業利益・純利益は右肩上がり。

コストコの特徴② 株価は右肩上がり



人によっては手を出しにくい株価推移で、買おう買おうと思っているうちに、するすると株価が上昇した典型的な銘柄の1つと言えます。

コストコの特徴③ EPS・FCFPSが堅調

下図はEPS・DPS・FCFPSの推移です。

用語
  • EPS:1株あたりの純利益
  • DPS:1株あたりの配当
  • FCFPS:1株あたりのフリーキャッシュフロー

  • EPS・DPS・FCFPS共に、概して右肩上がり

コストコの特徴④ 拡大するキャッシュフロー

以下は、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・フリーキャッシュフローの推移です。

  • キャッシュフローも概ね右肩上がり
  • 営業キャッシュフロー:10年で約3倍

コストコの特徴⑤ 特別配当による隠れ高配当

実は隠れ高配当なコストコ。

特別配当は、配当利回りに算入されないため、表面上の配当利回りは概して1%台ながら、特別配当を入れると3%以上となることも。

2012・2015・2017・2020年に、特別配当(太字)を実施。

下表は、過去の配当推移です。

Pay Date Amount
12/11/2020 10(特別配当)
11/13/2020 0.7
8/14/2020 0.7
5/15/2020 0.7
2/21/2020 0.65
11/15/2019 0.65
9/13/2019 0.65
5/24/2019 0.65
2/22/2019 0.57
11/23/2018 0.57
9/14/2018 0.57
5/25/2018 0.57
3/2/2018 0.5
12/1/2017 0.5
9/1/2017 0.5
5/26/2017 0.5
5/26/2017 7(特別配当)
2/24/2017 0.45
11/18/2016 0.45
8/26/2016 0.45
5/13/2016 0.45
2/26/2016 0.4
11/27/2015 0.4
8/28/2015 0.4
5/15/2015 0.4
2/27/2015 0.355
2/27/2015 5(特別配当)
11/28/2014 0.355
7/25/2014 0.355
5/30/2014 0.355
2/28/2014 0.31
11/29/2013 0.31
8/23/2013 0.31
5/31/2013 0.31
2/22/2013 0.275
12/18/2012 7(特別配当)
11/30/2012 0.275
8/24/2012 0.275
6/8/2012 0.275
2/24/2012 0.24
11/25/2011 0.24
8/19/2011 0.24
5/27/2011 0.24
2/25/2011 0.205
11/12/2010 0.205
8/20/2010 0.205
5/21/2010 0.205
2/26/2010 0.18
11/6/2009 0.18
8/28/2009 0.18
5/29/2009 0.18
2/27/2009 0.16
11/28/2008 0.16
8/22/2008 0.16
5/30/2008 0.16
2/29/2008 0.145
12/14/2007 0.145
8/24/2007 0.145
5/18/2007 0.145
2/28/2007 0.13
12/1/2006 0.13
8/25/2006 0.13
5/26/2006 0.13
2/24/2006 0.115
12/2/2005 0.115
8/26/2005 0.115
5/27/2005 0.115
2/25/2005 0.1
11/26/2004 0.1
8/27/2004 0.1
5/31/2004 0.1

まとめ:日本でも大人気のコストコ、今後も海外進出の成否に注目

個人的にコストコを利用しての感想は以下の通り。

コストコの個人的な感想
  1. 安くて量が多い上に、自社ブランド「カークランド」の質が意外に良い
  2. コストコ(川崎)で食べられるピザ、美味しすぎや~
  3. 今後も継続的な成長に期待

コストコは日本での人気はご承知と思いますが、中国・上海にも進出。(中国語では「开市客kāi shì kè」。

さらにちなみに、英語圏の友人はコストコと発音せずにt抜け発音でコスコと発音)

今後の海外進出の成否と継続的な成長が、注目ポイントであります。

Best wishes to everyone!

高増配な銘柄は、ほかにFDS・HII・MSCIなどがあります。HIIもそろそろ盛り返して欲しいところです。

【FDS銘柄分析】ファクトセット、約40年連続増収、高増配率の成長企業
【FDS銘柄分析】ファクトセット・リサーチ・システムズ、2桁増配率を維持する成長企業 ファクトセット・リサーチ・システムズ【FDS】は買付...
【HII銘柄分析】ハンティントン・インガルス・インダストリーズ、米海軍の原子力空母を設計建造する唯一の企業
ハンティントン・インガルス・インダストリーズ【HII】は、米国防総省から継続的な受注を見込む、増配率の高い好配当銘柄。 なお、...
【MSCI銘柄分析】金融サービスを供する高増配・高成長企業
【MSCI銘柄分析】 【MSCI】は三菱サラリーマンが買付候補としてウォッチしている銘柄です。市場全体に連れてMSCIの株価が下押しする場...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: