【CME】隠れ高配当なCMEグループ、金融市場の寡占的胴元

Tweet

2015年後半より高配当株をひたすら購入してきた結果、2020年の株式からの受取配当金は税引後で月平均20万円を超える見込みです。

これで生活費は賄えますので、今後は高配当株だけに限らず、低配当でも増配率の高い好配当株にも積極的に投資して参ります。

そのような銘柄も今後紹介していきます。

— 穂高 唯希|Yuiki Hotaka (@FREETONSHA) May 19, 2019

今回ご紹介するのは、【CME】CMEグループで御座います。

【CME】CMEグループ銘柄分析、金融市場の寡占的胴元

【CME】グループは、「先物オプションを含む商品取引所という寡占的プラットフォームを提供するポジション」であることが、最大の特徴と思います。

CMEの特徴としては、

Check
  1. 継続的な成長
  2. 継続的な増配
  3. 寡占的事業
  4. 長期金利との相関性

といったところでしょうか。

CMEグループは、以下4つの主要取引所で構成されます。(【CBOE】シカゴ・オプション取引所は、別銘柄)

  1. CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)
  2. CBOT(シカゴ商品取引所)
  3. NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)
  4. COMEX(ニューヨーク商品取引所)

また、

  1. コモディティ(農産物・金属・エネルギー)
  2. 通貨・金利

といった先物オプションを扱う取引所というプラットフォームを擁し、手数料収入などを得ています。

2020年3月に株式・金属・金利・オプション・農産物など取引量の増加により、株価は最高値を更新したのは象徴的ですね。

CME Group, the world's leading and most diverse derivatives marketplace, today reported its February 2020 market statistics, showing it reached a record average...

以下に、株価推移・業績など各種データを紹介します。

ただし、過去データというのは、「あくまで過去であり、依拠しすぎるのは不味ながら要素の1つとして参考になるもの」といった位置づけです。

① 株価


② 売上高・営業利益・純利益

下図は、売上高・営業利益・純利益の推移です。

  • 概ね右肩上がり
  • 売上高:10年で1.6倍

③ EPS・DPS・FCFPS

下図はEPS・DPS・FCFPSの推移です。

用語
  • EPS:1株あたりの純利益
  • DPS:1株あたりの配当
  • FCFPS:1株あたりのフリーキャッシュフロー

  • 概ね右肩上がり
  • EPS:10年で2倍

④ キャッシュフロー

以下は、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・フリーキャッシュフローの推移です。

  • 概ね右肩上がり
  • FCF:10年で2倍

⑤ 配当性向

  • 概ね50~60%で推移

⑥ 配当・特別配当

2012年から特別配当を欠かさず出しており、実は隠れ高配当です。

ほかには、ロリンズ【ROL】・コストコ【COST】なども特別配当を出していますね。

⑦長期金利との相関性

CMEの株価と米10年債利回り(長期金利)には、下図の通り、相関性がみられます。

2021年1月6日から10年債利回りが1%を超えた際に、CMEも大幅高。金利が高まれば、金融市場の胴元であるCMEにも恩恵が波及しそうですね。

まとめ

【CME】注目ポイント
  • 金融市場の寡占的胴元
  • 業績推移は現時点では堅調
  • 特別配当による隠れ高配当
  • 長期金利との相関性

といったところですね。

経済的な優位性がある企業、または寡占事業を営む企業、そして胴元となる企業は、投資対象として魅力的です。

ちなみに、

  1. 投資が趣味化している
  2. よほど投資が好き

といった人でもないかぎり、個別株投資よりも、投資信託・ETFへの投資(たとえば、市場全体への投資ならVTI、増配株ETFならVIGなど)が簡便でお手軽であることも、申し添えておきます。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

同じく増配株としては、以下のような銘柄もあります。

【ROL銘柄分析】ロリンズ、業績全てが右肩上がりの害虫駆除サービス提供企業
配当金生活やセミリタイアをするために「配当収入という定常的なキャッシュフロー、つまり経済的基盤の1つ」を築く上で原資が必要になりますが、その...
【COST】コストコ・ホールセール、堅牢なビジネスモデル、隠れ高配当・高成長銘柄
直近更新ポイント 2021年5月5日、4月の月次売上高が発表されました。 2021年4月14日、12.8%の増配...

増配株ETFとしては、VIGが代表的なものですね。ただし、VTIもVIGも歴年の増配によって高配当化するには、かなり時間を要します。

【VIG】配当1.2~3.4%、下落に強く、市場平均より高リターン傾向【連続増配株ETF】
【VIG】配当1.2~3.4%、下落に強く、市場平均より高リターン傾向【連続増配株ETF】 VIGとは、2006年4月に設定された「バンガ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日:2020年11月28日