【お金そんなに必要なし】サイドFIREという選択肢と魅力【仕事選びに金銭要素を抜ける】

【お金ってそんなに必要なし】サイドFIREという選択肢と魅力【仕事選びに金銭的要素を抜ける】

FIREという文言があります。

FIREとは、Financial Independence & Retire Earlyの略称で、逐語訳としては「経済的自立・早期退職」です。

ただしその実、本質的な意味としては、「経済的に自立して自分の理想とする生き方を選ぶ」ことにあります。

サイドFIREとは

FIREの関連語句として、「サイドFIRE」があります。これは新しい概念というよりか、要はセミリタイアと理解します。

セミリタイアとは、以下の通り。(わたくし愛用のロングマン英英辞典より引用)

「someone who is semi-retired continues to work, but not for as many hours as they used to, especially because they are getting older and want time to do other things

つまり訳しますと、「引続き働きはするけれども、かつてほど長い時間働くのではなく、特に加齢や他のことをする時間が欲しいことに起因」とこういうことになります。

よって、「セミリタイアする=働かない」とはならないことが原義です。

以上がサイドFIRE(セミリタイア)の語義ご紹介です。

経済的自由(FI)後に、働く人・働かない人(RE or not

以前NewsPicks関連記事でも言及の通り、仮にFI(Financial Independence)をめざす人が大衆化しても、RE(Retire Early)に直結する人は、部分的に留まると考えています。

FIREが大衆化すると、資本主義の歪みがさらに顕在化する【不都合な真実?】 
tweet News Picks特集第三弾です。 FIREが大衆化した場合、民間部門の貯蓄過剰による政府部門の負...

なぜなら、概して人間は「だれかの役に立つと、好意的な感情を抱く生き物」だからです。

私も今、事業所得・配当所得などを得る一方で、労働所得も得ています。

ただし、ここでいう労働所得とは、「自分の好きなことや興味ある分野を勉強・探究しつつ、副次的にお金までもらえる活動」というニュアンスが正確。お金のためではない労働です。

具体的には、農業・林業・造園・除雪といった分野です。この辺りは、人間本来の生き方に近しい分野でもあります。

PCで目を酷使する働き方に疑問を持つ方は、アンテナを張っておいてもよい分野と思います。(ただし、高収入を期待できる分野かは限りません。除雪はそこそこか。だからこそFIRE後、より輝く分野でもあり。

こういったライフスタイルは、いわゆる「サイドFIRE」にも類するのでしょう。

無論、「FIREとサイドFIREのどちらが良いか」といった細かく表層的なお話ではなく、どちらをよいと感じるのかは、各人の価値観次第ということです。

生き方は色々あってよく、必ずしも社会的に立派でなければならないわけでもないですね。他人に迷惑をかけない限り、色々あってよいと思います。

では、そんなFIRE、さらに細分化してサイドFIREに類する生活スタイルにおいて実際に感じることを、以下記します。

サイドFIREの魅力①:多額のお金は必要なし

まずですね、サイドFIREの魅力は、既に早期退職をして(低頻度的な)労働を志向するスタイルなので、「移動の自由」があることです。

これは極めて大きい

移動の自由により、生活コストは大きく圧縮可能です

移動の自由があれば、生活コストの最適化が一気に物理的に容易になります。(ここでは、子女など家族構成による移動の不自由影響は考慮しません

たとえば、私が住む地域は生活コストが都会に比べて圧倒的に安いにも関わらず、利便性はなんら問題ありません。(ただし階段は少なめ、ご注意ください

  1. 水がよい
  2. 空気がよい
  3. 地場野菜が安い
  4. 自然資源が豊富(温泉・山など)
  5. 娯楽施設が集約的で便利
  6. 都心までそんなに遠くもない

価値観次第ですが、都会に住むよりどう考えても幸福度が向上する上に、生活コストも下がります

私はFIRE前は旅行のついでに、必ず不動産屋さんなどで相場をチェックしたり、生活環境やコストをざっくり査察しつつ、今の地域にたどり着きました。ご自身の価値観に合わせて、そういった部分をチェックされるとよいと思います。

★野菜も安い…

野菜、新鮮で本当に安い。朝市・無人販売所がとにかく素晴らしい。

これ、全部あわせて300円です。近くのスーパーより断然安い。

ミニトマト、これだけあって100円。スーパーは216円。

これらは、地元の農家さん朝どれです。

★家賃も安い

当たり前ですが、住居コストも安いです。

新築2DKで、8万円しないのに山が一望可能など。

★車がなくても便利

人にもよるのかもしれませんが、チャリで隣町でもどこでも行くので、車がなくても全く問題が見当たりません。

むしろチャリで運動にも探検にもなるので、一挙両得。ましてや駅近の物件でも家賃は高くないので、チャリがなくとも無問題です。

極端なことをせずとも、適度な田舎を選べば、車がなくても大丈夫です。

★温泉ライフ・サウナライフ

郊外は自然資源が豊富ですから、露天風呂・サウナなど、開放感も◎。

健康にもよいし、精神衛生上もよいです。回数券を使えば500円以下で利用できるところも。

毎日温泉ライフは、必然的にデジタルデトックスになる貴重なひととき
サウナ後の外気浴が気持ちよい季節、到来ですね。 セミリタイア後の住居選定の1要素として、温泉などの自然資源が豊富にあるところを...

★公共施設が充実

とにかくジムやプール・テニスコートなど、公共施設が充実。これらの利用料も安いです。

というのも、施設あたりの人口が多くないので、混雑することがまずなし。少人数で快適に使えることは、心地よさに密接に関係もします。

以上、生活コストが圧縮可能な一例を示しました。

★★★生活コストが圧縮できれば、必要な金融資産は低下

生活コストが圧縮できれば、必要な資産額は当然さがります。

さらに、自分の価値観に沿って経済に関わる行動を適切に取捨選択する「支出の最適化」も経れば、サイドFIREに必要な生活費は多くないと私は実感しています。(このあたりの実生活コストの多寡は、生活スタイル・価値観次第なので、個々人で当然かわってきます

生活費は10万円ちょっともあれば、1人あたりのコストとしては、もう十分の十分。+子女がいれば、追加的にかかってくる形でしょう。

サイドFIREの魅力②:仕事選びに金銭要素を外せる

たとえば、生活費が10万円で(たとえば、大原扁理氏なんかは、生活費は90万円以下との由。こういったスタイルは、必要金融資産額を大きく下げます。)、配当利回り3%の金融資産4,000万円で回せている場合など、配当=生活費である場合、仕事選びに収入の多寡という条件を本質的に外せますよね。

これも極めて大きい。この「本質的に」というのが大事です。金銭的に自立していない中で外すのは容易ではないので、経済的自由を達成して外すのです。

これぞ、真の就職活動の開始であります。

というか、就活って本来そうあるべきなんですよね。(とはいえ、まずは金融資産を蓄積して自由を得るというのも、合理的な判断)

仕事選びに金銭的な要素を本質的に外せると、自然と自分に合った分野にたどり着きます。

  1. 別に一発でたどり着く必要もなく、いずれたどり着いてもよし。
  2. 逆に、とにかく色んな仕事に手当たり次第に多々やってみるもよし。

自由です。

つまり、金銭的な要素を職業選びから外すと、いずれにしても選択肢が大きく広がるのです。この醍醐味は、なかなかのものがあります。

「労働収入+配当>生活費」なら・・・

ちなみに、労働収入を得ることによって、配当金+労働収入が生活費を上回る状態になれば、とりあえず生活には困らず、余剰資金を投資に回せばさらに配当も増えていきます。

経済的自由を達成すると何が起こるのか、いかに構築するのか【理想的な経済状態】
本記事では、以下事項についてちょっと詳しめに記していきます。 給与以外のキャッシュフロー・不労所得が生活費を上...

【重要】日本は極めて恵まれている

そして、日本はサイドFIREを実現するにあたっても、極めて恵まれています。

私も実際に退職してから、やはり「金銭が退職を決める本質的な要素ではない」ことを実感しています。これは日本に住んでいるからこそという部分もあるでしょう。

なぜかといえば、特に日本では社会的なインフラや法制度、民主主義や基本的人権が認められています。色々な外国の人と話したからこそ思いますが、確実に恵まれています。断言してよいです。

健康で文化的な生活を営むハードルが低い。つまり、健康で文化的な生活に必要なコストも概して低いのです。

さらに、地方に行けばわかりますが、人手不足に困ってますよ、本当に。特に第一次産業は、コロナウイルスによって外国人労働者が来なくなりましたから、輪をかけて不足している現状が垣間見えます。

健康な体さえあれば、生活に困窮するリスクが傾向として低いのが日本であり、地方だと思います。そして、仕事選びに金銭的な要素を外せる「サイドFIRE」は、日本の地方でも輝くということです。

「セミリタイア」と「適度な田舎」という親和性の高い両者
「セミリタイア」と「適度な田舎」という親和性の高い両者 「ワタシが日本に住む理由」というBSテレ東の番組で、「セミリタイア的ライフ...

【サイドFIRE】完全リタイアという「完全無欠」の状態をめざさずとも、よいのでは。

サイドFIREであっても、色々な選択肢があります。

低頻度な労働をしたうえで、

  1. 自分のやりたいことをやる、
  2. 興味ある分野で追加的に働く、
  3. ボランティア、
  4. アルバイト、
  5. 留学、
  6. 大学に入りなおす、
  7. 趣味に没頭する、
  8. 遊ぶ、

すべて自由です。

なまじ媒介手段に過ぎない貨幣による貨幣経済が発展し過ぎたこともあり、本来こういった生き方が一部限定的となってきた歴史はやや皮肉ながら、現代の生活環境が大きく向上したのも事実。

話を戻します。結局、頻度の差はあれ働くことは、人や地域社会の役にも立て、新たな人と知り合うこともでき、よいことしかないと感じます。だって、自分の好きな領域なのですから。

配当金生活やアーリーリタイアを考える際には、セミリタイア・サイドFIREといった選択肢も、併せてお考えになられてもよいのではないでしょうか。

結局、その人の望む生き方というのは価値観次第なので、当然のことながらサラリーマンという生き方を否定しませんし、FIREを盲目的に礼賛することもしません。

ただ、もし上に述べたような生き方に魅力を感じる方は、まずは「週2回働いたら生活できる状態をめざす」など、柔軟にお考えになってもよいのではないでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

年収90万円で生活する、というスタイルも現代ならではですね。

大原扁理氏も、低コストライフでセミリタイアのハードルが下がる好例
支出の最適化を経てセミリタイアし、低コストライフの実践されている方のご紹介です。 大原扁理氏です。同氏は、「年収90万円で東京...

支出の最適化は、こちらで例示しています。カテゴリー別でもまとめています。

【支出の最適化】節約方法おすすめ14選【経済的自由達成の原動力】
節約というか、「自分の価値観に合わせて金銭に関わる行動を適切に取捨選択する、支出の最適化」というのは、若年期での経済的自由の達成・早期セミリ...

セミリタイアやサイドFIREと、適度な田舎というのは親和性が極めて高いです。

【感謝】セミリタイア・FIRE後、理想の生活を送れている7つの理由
【感謝】セミリタイア・FIRE後、理想の生活を送れている7つの理由 セミリタイアしてから、およそ1年が経ちますね。今年はセミリタイ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2020年9月22日