【ボーナスの使い道】全額株式の購入に充てるのも、一案では。

ボーナスの使い道を株式買付に充てるのも一案では。

そろそろ夏のボーナスの時期が近づいてきました。

ボーナスってどんな位置づけでしょうか?

人によっては、ボーナスとは…

  • 「馬にとってのニンジン🥕」のように、麻薬のような甘美なもの、
  • 労働していて唯一うれしいこと、
  • 価値を生み出したものの一部を会社から還元されたもの、
  • 気づけば銀行口座に入金されていた程度のもの、
  • 子供の教育費などの日々の生活費に消えていくもの、
  • お小遣い制なのでそもそも自分で使途を決められないもの、
  • 自分へのご褒美や家族と美味しいものを食べにいく為のもの、
  • そもそも使い道がないので銀行預金へ‥

などなど色々あると思います。

使い道は人それぞれですし、もちろん他人にとやかく言われることではありません。

ただ、一度やってみてほしいのが、全額をまるっとそのまま株式の買付にあててみてはいかがでしょうか。

たとえば、ヤマダ電機

日本株であれば、例えば「ヤマダ電機(9031)」を買ってみるのも一手。

【株主優待】ヤマダ電機(9831)を100株購入
高配当➕株主優待 親の移住先の近くにヤマダ電機があるということで、日本株の株主優待狙いをメインとしている運用している別口座で、100株...

特に「ボーナスの使い道がない‥ので、とりあえず銀行口座の預金に眠らせてます」なんていうお金を腐らせてる‥、いやお金を眠らせてる人は、一度お金に対する考え方を見つめなおして、環境が許すのであればお金がお金を生むものに使ってみるのも一案ではないでしょうか。

ヤマダ電機なんかは、6万円以下の投資額で配当金が1,300円(2018年度ベース)で、株主優待券が年間6枚、2年以上保有すれば11枚も貰えます。

金券ショップで一枚350円で売れますから、6万円投資するだけで配当金と優待換金分を合わせて年間3,400~5,150円の不労所得を得られることになります。(銀行預金に6万円預けても年間利子は18円程度…)

他にも、ビックカメラやBS11の株主優待でコンタクトレンズ代を半年分まかなうのも、新鮮ではないでしょうか。

「いや、そんなん言うたかて、ヤマダ電機がいきなり倒産するかもしらんやん‥」

たとえば、VYMなどのETF

そんな人は、以下の記事に挙げているETF(上場投資信託)のいずれかを買ってみるのも、個人的にはオススメです。

【米国ETF】PFF・VYM ・VTI を比較分析 (直近10年の株価推移と配当推移)
米国株の人気ETF比較 マイポートフォリオにおけるPFFの割合が大きくなってきました。(2017年3月時点) よって、リス...

ETFというのは、数十〜数百種類の株式を詰め込んで広く分散された言わば「株式の詰め合わせ」のようなものです。

なのでその中の1社が倒産しようがETF全体にとっては影響は軽微なものになりますから、突如として無価値になるリスクを避けたいのであれば、ETFは好適ですね。もちろん分配金も定期的にもらえます。

一度でも、自分という人的資本を働かせなくても、投資をして金融資本から自動的に定期的に収入が発生する一連の流れを体験してみると、お金に対する考え方は一変するかもしれません。

株式投資ってどんなイメージ?

豚舎で聞いてみたところ(トンの皆々様におかれましてはご協力頂き誠に有難うございます)、

株式投資というと

  • ギャンブルというイメージがあったり、
  • パソコンのモニターを3台ぐらい駆使して1分1秒を惜しんでモニターにかじりつくようなデイトレードのイメージだったり、
  • 明日の日経平均株価がいくらになるかを当てるような予想屋のイメージなど、

長期投資家の実態とはかけ離れた虚像とも言えるイメージを持ってる方が多いようです。

もちろんそういった投資スタイルを採る人も一定数いらっしゃるでしょうが、それで成功するのは才能にあふれたごく一部の層ですし、時間も神経も取られてストレスフリーな投資を体現するにはいささか難しい投資スタイルだと思います。

あくまで、流動性やリスク資金を事業会社に提供する形でじっくり株式を保有し、安定して配当金という果実を受け取りながら、再投資したり自分の自由に使えるお金として享受する。あくまで”切った張った”の世界ではありません。

それに伴って投資先の会社も成長していけばそれはそれでハッピー的な感じで、のんびり淡々と愚直に続けていくのが私は性に合っていますし、それが一番多くの人にもすんなり受け入れられる形のような気がしています。

不労所得を得だすと、人生は驚くほど選択肢が増えていきますから、そんな果実を受け取るためにも、まずはボーナスというまとまった金額で株式を買付けてみてはどうかなと思った次第です。

よかったらご検討してみてください。

Best wishes to everyone!

私はあくまで好みとして個別株を選好していますが、やっぱり万人にとって取り組みやすくてリスク分散も図れてお手軽な投資対象なのは、以下のようなETFだと思います。

【VYM】米国高配当株ETFで安定的な資産形成のススメ
VYMは、米国株投資の鉄板高配当ETF 米国株投資をしている方なら、知らない人はいないのではないかと思う程のETFではないでしょう...

毎月の給与から証券口座に入金して、投資していく入金投資法が私のお気に入りスタイルです。

1年で1,000万円増やした入金投資法
金融資産を増やすには、入金投資法が良策 やはり金融資産を増やそうと思えば、「人的資本をフル活用し、人的資本を用いて得た給与収入を出...

今後世界をリードするのは、間違いなく米国と中国ではないでしょうか。中でもアメリカの企業は綺羅星の如く上場企業の純利益ランキングでも上位を占めますよね。

世界の有力企業2000社ランキング2017、米中企業が独占
世界の有力企業2000社 5月24日、フォーブスから2017年版「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」が発表されまし...
米国株への投資が良案なり得る3つの理由
米国の経済成長率 まず米国経済が強い3つの要因を語る前に、米国の経済成長率を見ておきましょう。 中国の高成長ぶりは目を見張る...


「富士そば」は、なぜアルバイトにボーナスを出すのか (集英社新書)