ビックカメラとBS11の株主優待でコンタクトレンズを半年分まかなえる!

ツイッター
スポンサーリンク

株主優待でコンタクトレンズを半年分まかなう!

ビックカメラには有楽町など、コンタクトレンズを売っている店舗があります。そこでも優待券は使えますから、株主優待でコンタクトレンズをまかなうことが出来るのです。


バイオフィニティ 【BC】8.6【PWR】-1.50 6枚入

私は2ウィークのバイオフィニティを使用しており、コンタクトレンズ6枚のお値段は、税込で3,110円。

年間コンタクトレンズコスト → 27,027円!

2ウィークのコンタクトレンズが6枚ですから、6週間持ちます。

つまり1日あたりのコストに直すと74円になりますね。(3,110円/42days=74円/day)

同様に、1年あたりのコストは27,027円です。

つまりメガネを持ちつつバイオフィニティのコンタクトレンズを使用している人は、年間27,027円のコストを支払っていることになります。

一方、メガネのみを着用し、コンタクトレンズを使用しない人はコンタクトレンズ分のコストは当然ながら、0円です。

13,000円分は株主優待で

ということで、長らくコンタクトレンズを使用してきた私ですが、ビックカメラの株主優待のみでコンタクトレンズをまかなうべく、イベントごと以外の日は、最近メガネを着用することにしています。

ビックカメラの株主優待とBS11の株主優待で、合計年間10,000円分の優待券を頂いています。10,000円は年間コスト27,027円の約40%ですから、年間6割の日数をメガネ着用とすれば、コンタクトレンズコストはになります

来年からは長期保有特典が更につくので、年間13,000円分の優待をゲットできることになります。そうすると、株主優待で半年分のコンタクトレンズコストをまかなえることになります。

有難い限りです。

コンタクトを買わずに運用にまわした人と、コンタクトを買う人

ちなみに、もしコンタクトレンズの年間コスト27,027円を年率5%の複利で20年間まわした場合、893,674円となります。

これを高いと思うか安いと思うか、必要経費と思うか思わないかは、完全に個人の判断によりますので、何が良くて何が悪いわけではありませんし、もはや趣味の領域と言って良いでしょう。

ただ、こういった視点を持つこと自体は、物事に複眼的な考察を加えて意思決定をして生きていくという意味では、一定の役割を果たします。

例えば、これが1日74円のコンタクトレンズではなく、500円だったらどうでしょう。年率5%複利で20年間まわすと6,034,537円になりますから、これはもう無視できない金額になってきます。

一方で、自明のことながらお金というのはあくまでツールですから、そこを忘れてしまっては本末転倒です。おそらく、資産が増えるにしたがって、その増殖具合には不感症になっていくものと推察します。

ビックカメラの株主優待情報

同社の株主優待情報は以下の通りとなっています。

ビックカメラIRより

配当月は2月・8月です。ビックカメラの株式は去年880円の時に購入したので、長期保有特典を加えると、優待・配当利回りは7.04%です。

米国株は全体的に株価上昇により配当利回りが伸び悩む中で、この高利回りは文字通り有難い状況となっています。

今後も国に関わらず、幅広く投資をしていきたいと思います。

ビックカメラの株価推移

同社の業績(経常利益)は直近4年間は右肩上がりです。

2017年8月期は経常利益、当期純利益共に過去最高益となり、好調を維持しています。新店舗(広島・名古屋・秋葉原)の断続的なオープンに加え、通販サイトビックカメラ.comによるネットとリアルの連携、購入商品の最短30分配送を実現した「ビック超速便」などが同社の主な取り組みであり、業績に寄与しています。

2018年8月期も増収増益で過去最高益を見込んでおり、期待したいところです。

引き続き高配当・優待利回りということで、コンタクトレンズコストカットの為、継続保有したいと思います。

Best wishes to everyone!

29歳のポートフォリオ - 2017年12月
三菱サラリーマンのポートフォリオ - 2017年12月 以下簡単に私の保有銘柄になります。 米国株(ADR含む) iシェアーズ米...
世界2位の個人金融資産を持つ日本人。財産所得を増やして、お金に働いてもらおう。
強い労働信仰による金融の軽視はSTOP 我らが日本という国は、従来はものづくり、つまり製造業によってお金を稼ぐことに注力していました。加工...
Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする



コメント

  1. やまてん より:

    三菱サラリーマンさんに感化されてムダの見直しを始めたものです。
    目から鱗で非常に面白い内容でした!これからも楽しく読ませていただきます。