老後を控え、どのように株式の利益を確定し、配当金収入に切り替えていくか

老後を控え、どのように利益を確定し、配当金収入に切り替えていくか

含み益というのは、あくまで未実現利益ですね。最期を迎えるまで含み益を持ち続けていては、子女に遺産を残すことは出来ても、自身の人生で活用することはできません。

ゆえに、老後を迎え、いずれは利益確定をしていくことになります。そのタイミングについて以下ご質問をいただいています。

ご質問

いつも楽しみに拝見しています。以下ご相談したくよろしくお願いします。

主に国内株を中心に20年以上株式投資をしています。当時購入したITベンチャー株(2銘柄)が、偶々ですが大きく値を上げ、当時投資した150万円がラッキーにも3000万円を超えるまでになりました。

しかし配当金としてはそれらは年間30万円にも至りません。その他若干の米国複数の銘柄を含めて年間配当は税抜きで100万円に近づいているものの、まだまだであります。

三菱サラリーマンさんであれば、含み益を抱えた銘柄は一旦は利確して、高配当の米国株にシフトして配当金を積むことをされますか

含み益を持つ株はまだ上がるのではとの期待もあるのですが、配当金を早く積みたいとも思い悩ましく思っております。

私の属性としては、定年まであと5年を切る状態であります。5年までに年間配当金は200万円弱までは積み上げたく思います。三菱サラリーマンさんの手法を学び、恐らくは実現できる見通しはあります。

しかし今含み益を持つ株を活用すれば、直ぐにでも実現できるとは思っていますが、決断ができずにいます。もし私の状況であればどう決断されますか?

以上

150万円が3000万円以上になるとは、凄いですね。長く市場に居続けるとそういうこともあることを示すような事例です。長期投資のメリットを最大限に生かせた成功例と思います。

テンバガーは、ウォール街の業界用語(スラング)に由来するもので、10倍株(大化け株)のことをいいます。

これは、元々は野球用語で、1試合で10塁打と驚異的な数字をあげることを意味し、それが転じて、株式用語では、株価が10倍になるくらい爆発的に上昇する銘柄(または上昇しそうな銘柄)のことを意味します。(出所:iFinance)

私なら利益確定します

「利益確定して高配当米国株にシフトして配当金を積み増すか否か」という点に関しましては、私なら利益確定します。

なぜなら、ご質問者様があと5年で定年を迎えるからです。

含み益というのはその名の通り未実現利益でしかないため、何らかの事象で急落することもあり得るのが個別株ですね。

なので、仮に残り5年間の定年を迎えるまでの段階で急落するようなことが起こると5年後に200万円という配当金の目算が一気に狂ってしまいます。

これだけは絶対に避けたいところです。もちろんそれは同時に「更なる含み益拡大の可能性」を捨てることにもなりますが、それは仕方ありません。成否は神のみぞ知るところですね。

  1. リスクの振れ幅を将来まで留保しつつ、リターンのさらなる増大を期するのか
  2. そうしないのか

というリスク・リターンをどう天秤にかけるかの二択でもあります。

更に定年まであと5年、老後となりますと、高配当株の中でも出来るだけリスクを抑えた形で運用する方が無難です。(投資歴20年にて釈迦に説法と思いますが)

リスク分散という点では、高配当株ETFや、資産保全の観点から債券ETFなども有力な選択肢になってきます。(ただし債券は、低金利政策により分配金が従前より落ちています)

関連記事:VYMとHDV、米国高配当株式ETFはどちらがおすすめか

関連記事:AGGとBND、米国債券ETFはどちらが良いか

株価で大きく資産が変動する刺激的な老後をお望みでない限りは、配当利回りを過度には追わず、

  1. 債券ETF(AGG・BND・LQD等)
  2. 短期国債ETF(VGSH
  3. 為替リスクを回避したければ、個人向け国債(変動・10年)

などもトッピングした余裕を持ったポートフォリオを組むのが一案かと思います。

関連記事:https://freetonsha.com/2018/11/19/investment-from-60-years-old/

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

個人投資家にとって、長期投資のメリット・傾向は意識しておきたいところですね。

長期投資のメリットとは?投資初心者こそ長期投資がおすすめ
株式投資における再現性の高い王道として、「長期・つみたて・分散」があります。 あくまで短期トレードではなく長期投資なわけですが...

2010年代は、長期投資の良さが体現された10年間でもありました。

2010年代、米国株への長期投資が報われた10年だった
1927年以降のデータ上、長期的には株式運用が債券より有利でした。 S&P指数・米10年債の累積投資のリターンはS&a...

長く続けるには、適切な距離の取り方も必要と思います。右往左往しては、短期的な波に飲み込まれます。

長期投資を継続する際、投資情報との適度な距離のとり方とは。
「長期投資を継続する際に、投資情報との向き合い方・適切な距離の取り方」について、ご質問いただきましたので、以下回答申し上げます。 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2019年3月8日