【おすすめ低リスク運用】AGGとBND、米国債券ETFはどちらが良いか

まず、【AGG】・【BND】とは?

AGGもBNDも、株式ほど長期リターンは高くないものの、値動きが非常に小さく、分配金も2~3%出るので地味ながらディフェンシブ力の高いETFです。

【AGG】iシェアーズ・コア米国総合債券ETFとは?

設定日2003年9月。ブラックロック社が組成する信託報酬(手数料)0.06%の債券ETFで、米国の投資適格債券をまるっと購入できるETFと言えます。

【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETFとは?

設定日2007年4月。バンガード社が組成する信託報酬(手数料)0.05%の債券ETFで、こちらもAGGと同じく、米国の投資適格債券全体に幅広く分散されたETFです。

【AGG】と【BND】を比較

両ETFを以下の点で比較します。

比較項目 【AGG】vs【BND】
  1. 保有銘柄数(分散度)
  2. 経費率(手数料)
  3. 信用格付け(クレジットリスク)
  4. 業種(特徴)
  5. 分配利回り
  6. トータルリターン(パフォーマンス実績)

①保有銘柄数

  • AGG :7055銘柄
  • BND :7613銘柄

保有銘柄数に有意な差はありません。どんだけ分散すんねんというぐらいに分散されていますね。

7000も7600も大して変わりませんし、十二分に分散されているので、AGG/BNDのどちらでも特段の優劣はありません。

②経費率(手数料)

  • AGG:0.06%
  • BND:0.05%

ほぼ同じです。どちらも激安の部類と言って良い水準で、手数料率として全く問題ありません。

③信用格付け(クレジットリスク)

両ETFがどのような格付け債券を組入れているかを見ます。

比率(%)
信用格付け AGG BND
キャッシュ等 0.73
AAA 72.4 69.4
AA 2.8 3.5
A 9.9 12.4
BBB 14.2 14.7

分散投資の対象となる債券の信用格付け割合も、AGG・BNDの間に有意な差はありません。

信用格付けが最上位であるトリプルエー(AAA)が両ETFともに7割を占めており、格付け会社のレーティングが正しければ、低リスクな債券に過半が投資されているということです。

投資適格債券のETFというだけあって、信用リスクの低い債券に投資されています。

④業種(発行体)

次に、両ETFがどのような債券を組入れているかを見てみましょう。

比率
発行体 AGG BND
財務省 39.2% 40.8%
モーゲージ・パススルー証券 27.7% 21.1%
資本財・サービス 15.0% 17.1%
金融機関 7.9% 8.9%
政府機関 2.5% 5.6%
商業用不動産担保証券 2.0% 1.8%
公益事業 1.7% 2.0%
国際機関 1.4% 1.8%

発行体の業種についても大きな違いはありません。

財務省

AGGもBNDも約4割が財務省です。政府短期証券(1年以内の国債)などのいわゆる国債ですね。

モーゲージパススルー証券

AGGもBNDも約2割組入れています。

モーゲージ・パススルー証券とは、複数の債権を証券化したもので、証券化したものを投資家に売却することで、債権を保有する金融機関が、資金調達することが可能となります。

ファニーメイやフレディマックに保証されたものが多く、信用力が高いとされています。

余談ですが、個人的には上述文言を見るとリーマンショックを想起させますね。あの時、サブプライムローンへの投資を証券化した商品が暴落の引き金となり、ファニーメイやフレディマックなどの連邦住宅抵当公庫自体が危機的状況に陥りました。

⑤分配利回り(2019年2月9日時点)

AGG:3.0%

BND:2.7%

こちらも大した差はありません。手取りの分配金については、これに0.72を乗じれば算出されます。

>>関連記事:米国株の配当二重課税

⑥トータルリターン(年率)

下図は2019年12月31日時点のものですが、トータルリターンもほとんど差はありません。もはや同じと言っちゃっても良いでしょう。

年率(%)
AGG BND
1年 -0.05% -0.04%
3年 2.00% 2.04%
5年 2.49% 2.47%
10年 3.30% 3.42%
設定来 3.75% 3.81%

上述数値は年率ですが、累積リターンですと10年で約40%です。100万円を10年前に投資していたら、140万円程度になっていたことになります。

AGGもBNDも地味ですが、値動きが非常にマイルドなので、手堅いインカムが欲しい方には好適な商品ですね。

AGGとBNDの比較まとめ

AGGとBNDの比較まとめ
  1. 保有銘柄数(分散度)
    ⇒ ほぼ同じ
  2. 経費率(手数料)
    ⇒ ほぼ同じ
  3. 信用格付け(クレジットリスク)
    ⇒ ほぼ同じ
  4. 業種(特徴)
    ⇒ ほぼ同じ
  5. 分配利回り
    ⇒ ほぼ同じ
  6. トータルリターン(パフォーマンス実績)
    ⇒ ほぼ同じ

ということで、もはやどちらを選ぶのかは好みの範疇です。

繰り返しますが、AGGもBNDも累積リターンは10年で約40%です。100万円を10年前に投資していたら、140万円程度になっていたことになります。

AGGもBNDも地味ですが、株価値動きが下図の通り非常にマイルド(リーマンショックでもドローダウン約10%)なので、手堅いインカムが欲しい方には好適な商品です。

Best wishes to everyone!

債券と対照的なのが、株式です。値動きは債券より荒いものの、長期リターンは伝統的に株式の方が債券より高く、配当利回りも高いものがあるので、リスクを取る分リターンも大きくなる可能性を秘めています。

【経験談】おすすめの資産運用は、配当金を重視した株式への長期投資
おすすめの資産運用は株式への長期投資 まず最初に断っておきたいのですが、FXや仮想通貨は、はっきり言って万人におすすめの資産運用で...

長期投資のメリットについて詳述したものです。リターンが安定することが特筆すべき点でしょう。

長期投資のメリットとは?投資初心者こそ長期投資がおすすめ
株式投資の基本は長期・積立・分散。その長期投資のメリットとは。 長期投資のメリットはずばり、以下2つあります。 長期投資のメリッ...

三菱サラリーマン的推しETFであるVYM・HDVの比較記事です。

VYMとHDV、米国高配当株式ETFはどちらがおすすめか
米国高配当株式ETF【VYM】と【HDV】、どちらがオススメか 以下2つの高配当株式ETFのどちらが良いか?というご質問を頂きました。 ...