「VTI・VYM」と「楽天VTI・楽天VYM」のどちらがオススメか

【ETF or 投資信託】年間入金額180万円のサラリーマンにオススメできるのはどちらか

ご質問を頂きましたので、以下の点について述べさせて頂きます。

  • 年間投資額180万円のサラリーマンにとって、VTI・VYMなど直接ETFを買い付ける形か、楽天VTI・楽天VYMのような投資信託を買う形のどちらがおすすめか

ご質問

はじめまして。いつも楽しみにしております。

早速ですが、質問させて頂きます。20代後半独身男性で、毎月10万円+ボーナス30万×2回の年間180万円が無理せず投資できる金額かなと積立投資を始めて1年間程度の経験で分かってきました。

イデコ、積立NISA中心に低コストのインデックスファンド(楽天VTI中心にeMAXIS slimの先進国、新興国)を積み立てております。

三菱サラリーマン様のブログでよくオススメされているVYMに投資して、配当金を得てみたいな~とたまに考えるのですが、当方のような入金力では、直接ETFを買い付けるか楽天VTI・楽天VYMのように間接的にETFを積み立てていくのでは、どちらがオススメとかはございますでしょうか?

私くらいの入金力の人は多いと思います。是非、アドバイスいただけると嬉しいです。

PS.過去記事のララコールの記事参考になりました!早速申し込んでみました!ありがとうございます。

「楽天VTI・楽天VYM」と、「VTI・VYM」の最も大きな違いを端的に言えば以下の通り。

  • 配当金・分配金が出るか出ないか

ではこの配当金・分配金が出るか出ないかという点を踏まえ、私見を以下述べます。

配当金という定常的なキャッシュフローにはそれ自体以上の付加価値あり

これはあくまで個人的な嗜好も絡んできますが、私ならば楽天VTIや楽天VYMより、直接VTIやVYMを買い付ける形の方を選好します。

なぜなら、配当金というのは自動的に利益確定してくれた結果の実現利益であり、それが定常的なキャッシュフローになるからです。

配当金には確かに以下のような側面があります。

  • 課税繰延効果がなく、複利効果を最大化できない

私的にはこの点はインパクトとしては、枝葉末節の類に近いと思っていて、そこの研究や議論に時間を割くのであれば、種銭を増やすことに注力すべし、というのが私見です。

「物事をとにかく徹底的にシンプル化して、要点がどこなのか、何が一番インパクトが大きく、分水嶺となる部分なのか」こういった部分を突き詰めていくことが最適解にたどり着く最も有用な方法だと考えています。

そして資産運用において、最も分水嶺になる部分は、完全に種銭の大きさです。そしてもう1つ挙げるとすれば定常的なキャッシュフローの大きさです。

キャッシュフローの観点から投資を考えると、配当金・分配金というのは、企業が永続する限り株数や口数を減じることなく、永久に得られる定常的なキャッシュフローなのです。

例えばVYMやHDVなどの米国高配当株式ETFに投資をしていれば、長期的に見て配当金・分配金が下がっていくことはおよそ考えにくく、過去を見る限り投資口価格と共に漸増していくはずです。

これは非常に計算しやすい将来キャッシュフローになります。定常的なキャッシュフローを実際にそれなりの額を得るようになってくると、考え方や価値観が変わってくると思います。

実際に私はそう感じましたし、その考え方の変化というのは、確実に好影響と断言できます。

配当金・分配金というのは、個人的には圧倒的に推し推し対象です。

入金額が月10万円であれば、手数料負けは特段問題視する必要なし

また、入金額が月10万円ということですが、こちらもETFを買い付ける際は手数料負けという観点からすると特段問題ありません。

厳密には1,111ドル以下、特に5万円以下などかなり少額であれば大きく手数料負けしますが、10万円であれば誤差の範囲内です。

20代後半から年間180万円を株式に積み立てているということで、5年で約1000万円の運用額を構築できるということですね。

そして今後長期的に適切な投資対象にて株式市場に居座り続ければ、過度な期待は禁物ですが相応のリターンは得られることが見込まれます。

Best wishes to everyone!

定常的なキャッシュフローというのは、株式市場が暴落した時にこそ本領発揮・輝き始めます。

株価暴落に際して投資家がするべきこと
株価が下がった時に留意しておいた方が良いことってなんだろう? 以下3点挙げます。 ①メディアの扇動と過剰な反応には客観性を ...

株式投資は種銭の多寡が非常に重要な要素であることは確かです。ここに気づいてから粛々とその方面に注力してきました。

株で資産運用するには、まず運用資金を増やすこと
株式投資や米国株に対する期待値を高くしすぎると不味 人間はとかく安易な方向に走りがちです。 ダイエットをしていても、「今日だ...

株式を購入するタイミングについて述べたものです。基本的にまとまったキャッシュフローが発生した際に買うようにしています。

株式を購入するタイミングと買付銘柄の選定
株式を購入する一定のタイミングやルールはあるか ご質問 三菱サラリーマン様 初めまして。いつも色々お勉強させて頂いてお...