【SPYD】米国高配当株ETFを、ついに新規購入

【SPYD】米国高配当株ETFを、ついに新規購入!

今週に入り、SPYDが個人的に買いたい水準になってきたので、慎重に購入し始めています。

34ドル台、33ドル台、32ドル台で買いを入れています。

ただし、30ドル割れなど更に大きく下げる可能性も十分あることから、引続き玉を切らさない形とします。

SPYDの株価・配当利回り

SPYDの直近データを確認しておきましょう。下表は筆者算出のSPYD基礎データです。

株価 $33.43
配当利回り 5.23%
設定来平均配当利回り 4.19%
配当金 $1.75
配当月 3・6・9・12

(2020年3月7日時点 / 配当利回り・配当金は直近12ヵ月分の実績参照)

配当利回りは5%を超えてきましたね。

SPYDの株価・配当利回り推移(設定来)

足もと配当利回りは、設定来最高値となっています。

今回のコロナショック、現時点では2018年末を彷彿とさせる推移を見せていますね。

今回は果たしてどうなるでしょうか。

SPYDの購入規模の目安

SPYDへの割当枠は、のちのち高めるかもしれませんが、当面は約10%程度に留めることを考えています。7~8万ドルをめどに、最終的に購入できればと思っています。

ただし、株価があまり下げなければ、枠は使い切らない形とします。逆に更に下げれば、逆ピラミッディング的な形での買い増しも想定しています。

まとめ

いずれにしても、やることは従来とあまり変わりません。

配当金を積み上げていくことに変わりなく、定期的あるいはスポット的に株式を買い付けていく形です。

3月は配当を出す銘柄が多い月ですので、しっかり再投資に回していきます。

このまま市場の低迷が続ければ、2020年の配当金は当初想定よりかなり上振れする形となりそうです。

こういった面でも、配当金の恩恵・両面性を否が応でも感じられる形となりそうですね。引続き配当金、積み上げてまいります。

Best wishes to everyone!

年始に定めた2020年の投資方針です。やはり後に振り返っても、自分が考えていたことに対する納得感があります。

2020年の投資方針・抱負
あけましておめでとうございます! 新年みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は年末のみお休みモード、1月2日から平常モードです&...

コロナショック以降の投資方針です。結局やることはあまり変わらない形です。それもそのはずで、そういう局面を念頭に置いた投資方針だからですね。

「After COVID-19」の投資方針【普通に今まで通り】
「After COVID-19」の投資方針 ここ最近はいつもより早起きの方も多いのではないでしょうか(笑) 一連のコロナウイ...
スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: