投資に割く時間が限定的な場合、個別株投資かETF投資どちらが良いか

投資に割く時間が限定的な場合、個別株投資かETF投資どちらが良いか

ETFへシフトする際、既に保有している個別株はどうすべきか

上記内容のご質問を頂きましたので、以下回答申し上げます。

仕事に、付き合いに、子供のお迎えに、育児に、介護に、と様々な事情で忙しい現代社会ですから、投資に時間をそれほど割けない方々は実際に多くいらっしゃると思います。

そういった方々向けに回答させて頂ければと思います。

投資に割く時間が限定的な場合、個別株投資かETF投資どちらが良いか

ご質問

題名: 投資の方向性を相談させください。

メッセージ本文:
三菱サラリーマン

ブログ拝見させいただいおります。
投資以外の事柄も為になること多く、日々、勉強させいただいおります。

20代後半のサラリーマンす。
投資につい考えいる際に、三菱サラリーマン様のブログを見つけ、半年程前から始めました。
月10万円を目安に投資し、数銘柄買付(T.RDS B.BTI.BP.GSK)をしました。数回配当金も受け取り、含み益も出いる状況す。

私事はあります、来年結婚を控えおります。共働きあるため、これまのように、投資に時間を割くこと難しくなるかと考います。
また家庭を持つことになるため、リスクを抑え目にした投資にするべきかと悩んいます

投資の方向性を確定させずに始めた、自分のミスあることは、認識しおります。

自分の考えとしは、個別銘柄投資からETF投資へのシフトいのかなと考えいます。(候補はHDV.SPYD.LQDす。)

相談させいただきたいのは、以下2点す。
①個別銘柄投資かETF投資のどちら進めるの良いしょうか

②ETF投資へシフトすると仮定した際に、
・保有銘柄を売却し、ETFの買付資金に回す。
・保有銘柄はそのままにし、新たにETFを買付する。
どちらの選択良いしょうか?

お手隙の際に、回答いただけましたら幸いす。

よろしくお願い致します。

ご結婚、誠におめでとうございます。以下回答申し上げます。

①個別銘柄投資かETF投資のどちら進めるの良いか

投資に割く時間が限定的な状況下では、やはりETFが好適です。

ETFのイメージ図

分散された銘柄が1つのパッケージになっている、ETF

私が個別株投資をしている理由としては、

  1. 投資がいわば趣味の1つになっていること、
  2. セミリタイアの達成度を測る際に好適な配当金というKPIを最大化するため、

という2点などであってきました。

逆に言えば、投資が余程好きだったり、投資に割く時間を確保できるような状況でない限り、ETFで十分すぎるほど十分です

以下で紹介しているETFであれば、全く問題ない水準の手数料で、銘柄入れ替えから幅広い銘柄分散まで運用会社が行ってくれます。

VYM・HDV・SPYDこそ、資産運用おすすめETFベスト3

いちいち四半期決算ごとに決算内容を確認する必要もありませんし、ポートフォリオの管理に対する労力も大きく省けます。

投資に割く時間が限定的であれば、ETFで全くもって十分です。

②ETFへシフトする際、保有銘柄はどうするか

ご質問者さんの場合は、保有銘柄は以下の通り

  1. T
  2. RDSB
  3. BTI
  4. BP
  5. GSK

ということなので、ただちに注意を要するような銘柄は見当たりません。この中ではBPが一番心もとない銘柄でしたが、足下は良化してきていると思います。

よって、私なら、「保有銘柄はそのままにして、新たにETFを買い付ける形」とします。

ただし、もし「今後の減配リスク等を案じる際の不安」や「投資に時間を割けないことによって定期的に業績をチェックできないことから来る不安」が強いようであれば、売却し、ETFの買付資金に回す形も一案と思います。折しも目下、市況が良い時です。

家庭を持つことになるため、リスクを抑え目にした投資にするべきかと悩んいます。(ご質問文より抜粋)

ちなみに、リスクを抑えめにしたいということですので、挙げて頂いている通り、債券ETFも選択肢になってきます。AGG・BND・LQDあたりが主要な選択肢です。

AGGとBND、米国債券ETFはどちらが良いか

また、一応以下のようなどのような市況にも対応できると目されるポートフォリオの考え方もあるので、ご参考に供します。

レイ・ダリオの全天候型ポートフォリオはリセッションを控えた今、有用である

投資に割く時間が限定的な場合、個別株投資かETF投資どちらが良いか、まとめ

まとめです。

基本的に投資がよほど趣味化していない限り、ETFで十分と思います。個人的なおすすめBest 3は、やはり高配当株ETFです。

VYM・HDV・SPYDこそ、資産運用おすすめETFベスト3

人によって感じ方は様々ながら、個別株投資は個人的にはやはり面白いです。しかし、時間は相応に割く必要があります。それを苦に感じるような形であれば、ETFで十分です。

多くの人にとって、資産運用はあくまでそれ自体が目的というより、資産を形成するための手段であると思います。その一方で資産運用の重要性は今後ますます増して行くと思います。

であるならば、時間対効果はある程度は考えたいところです。そして、その時間対効果が高いのは、一般的には個別株よりETFです。

人生に大事な有限の時間とバランスを取るには、ETFは、非常に好適と思います。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

ETFにはPFFもありますが、こちらは少々特徴のあるというか癖のあるETFとなっていますので要注意です。

【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFへ投資して感じる4つの特徴
【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFは、三菱サラリーマンが3年以上にわたり投資している毎月分配型の高配当株ETFです。 多...

ETFも万能というわけではありません。市場暴落時にはやはり下落します。

米国高配当株ETFの投資にあたり、留意すべきこと【ETFのリスクとは】
米国高配当株ETFの投資にあたり、以下リスクに関するご質問を頂きましたので、下段に回答申し上げます。 1.暴落・減配リ...

以下はどのような時間軸で投資していくか、というご質問に対する回答です。

まとまった資金を、どのような時間軸分散にてETF・高配当株に投じていくか
相続財産である定期預金2,000万円を、どのようにETF・高配当株に投じていけば良いか(なるべく含み損を抱えたくない) このよ...
公開日:2019年12月1日