ハイリターンを目指し、VTI+SPYDも良案【20代の投資戦略】

20代の投資戦略、個人的なおすすめはVTI+SPYD

20代の投資戦略を考える上で、最大の強みは今後の人生の投資時間を長く取れることです。

投資期間を長く取れば取るほど、株式投資は負けにくくなりますし、複利効果も効いてきます。よって、投資を早く始めるに越したことはありません。

>>関連記事:株式長期投資の最大のメリットは負けにくくなること

30代前半でのFIRE(経済的自由達成、かつ早期リタイア)を目指しておらず、ハイリターンを狙うのであれば、【VTI】+【SPYD】でハイテク株・高配当株・リートに分散するのも好適な投資戦略としておすすめです。

以下は頂いたご質問です。

ご質問

件名: 【ご質問】20代新婚夫婦における今後の投資戦略について

メッセージ本文:
三菱サラリーマン様

はじめまして。
当方現在26歳のサラリーマンです。
GWの帰省中に貴ブログを拝見し、夢中になって過去記事含め読ませていただきました。

投資のKPIを「配当金の最大化」とする考え方に非常に感銘を受け、私たちも(規模感は全く異なりますが、、)同様の戦略で今後の家族生活の資金を捻出していきたいと考えております。
お恥ずかしながらこの1年は全く貯蓄ができておりませんでしたので、元号も「令和」に変わった今月から生活の全てを1から見直したいと考えております。

今回お問い合わせさせて頂きましたのはブログを読ませて頂いた上で私たち2人が策定した戦略が基本方針として大きく間違ってはいないか、三菱サラリーマン様のご意見を伺いたくご連絡致しました。

以下内容となります。

【現在のキャッシュフロー】
・労働収入 37万 ※その他収入無し、共働き
・出費 22万
→毎月の運用可能額15万 (年間投資可能額はボーナス含め約350万)
※貯金は5/3現在全くなし

【今後の運用方針について】
年間で運用可能な350万のうち、
8割に当たる280万を運用に捻出。

・夫婦二人の積み立てNISA口座(昨年開設だけして未利用)を一般NISAに変更
・二人で上限の240万分まで米国高配当株ETFを、毎月20万ずつ分散購入
ETF内訳は全額SPYD一本に絞る
・残りの運用可能資金40万(280万-240万=40万)については10%インセのある自社株購入、もしくはidecoに当て

以上となります。
SPYD一本にせずVYMやHDVにも分散させた方がいいのかは悩んでおりますが多少リスクを追ってでも高リターンを目指したいと考えました。

今までダブルインカムだったにもかかわらずお金が貯まっては消費に使い手元にお金が全く残っておりませんでしたのでセミリタイアを目指し、一日でも早く「自動利益確定装置」からの定常的な収入で生活ができる段階に到達をしたいと考えております

長文、駄文失礼いたしました。
私のようにこれから運用を始めたいと思っている読者へ向けて忌憚のないご意見をいただけますと幸いです。

以上、宜しく御願い致します。

過去記事含めお読みいただきありがとうございます。うれしく思います。

高リターンを目指したいとのことで、もし配当金によるキャッシュフローを特段選好しないのであれば、SPYDに加えてVTIやVOOを加えるのも一案かと思います。

SPYDは確かに2015年の設定来S&P500を上回るリターンを挙げています。ただしまだ設定してから4年足らずですから、SPYDのリターン具合が一時的なものなのか長期的な傾向なのかは不明です。

関連記事:【SPYD】配当利回り3.4%~5%のS&P500高配当株ETF

SPYDは高配当株+不動産セクター・リートに分散されています。SPYDでカバーされていない主な分野は現在の米国が強みとするハイテク株ですね。

ですから、VTIやVOOなどのハイテク株等の一部成長株もカバーしたETFをSPYDに加えて取り入れることも長期的なリターンに寄与することになり得ます。

結局どのセクターの未来にBETするのかという議論に帰結するのですが、20代で投資期間が長く取れ、且つハイリターンを目指すのであれば、SPYD1本に加え、私ならSPYD+VTIも一案とすると思います。

20代向けETF

①SPYD

②SPYD+VTI

いずれにしましても、SPYDか、HDVなのか、VYMなのか、VTIなのか、VOOなのか、この辺りは好みの要素が多分に入ってくる内容です。NISA・自社株・iDeCo等を活用しつつこれらのETFのいずれかをメインに20代から長期投資を考えてらっしゃる時点で、十分資産形成の土台作りはほぼ成されていると言っても良いぐらいです。

あとはいかに機械的に、自分のルール(ご質問者さんの場合は先述の通りNISAを活用して毎月20万円をETFで積み立てるルール)に則って、粛々と買付を執行できるか、この辺りではないでしょうか。

関連記事:【米国株】初心者でも出来る米国株ETF投資のスキームとは

毎月20万円を20年間つみたて、リターン5%とすると、20年後には8000万円を超える計算になります。

コツコツ積み立てるのは根気がいることかもしれませんが、その果実はそれなりのものになる可能性を秘めているということですね。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!