アーリーリタイアを見据えた就職活動【給与重視 or 業務/社風重視】

アーリーリタイア志望の場合、①高給の大手企業か、②楽しく長く働けそうな企業、就活でどちらを取るか

ご質問

こんにちは。就活生です。

三菱サラリーマン様のお勤めの企業と同水準の給与体系の大手企業(但し業務内容や社内風土に疑問あり)から特例で内々定が出ました。

アーリーリタイヤを望んでおり、その観点でいい選択肢だとは思っています。

一方で、ここで就活を終わらせるか、事業内容も企業風土も合っている気がして、楽しく長く働けそう(但し給与水準は一段階落ち、特に資産形成に重要な二十代の賃金カーブが芳しくない)と判断している企業の内定を待つか決断を迫られており迷っています。

転職市場での個人としての市場価値はどちらでも同じようにつくとした時、三菱サラリーマン様ならどうお考えになるでしょうか。

ご質問ありがとうございます。そして内々定おめでとうございます。就職活動において、以下A or Bのどちらにするか、ということですね。

就活における二択

A. 給与水準の高いが、業務内容や社風に疑問ある大手企業にするか

B. 給与水準は落ちるが、事業内容も社風も合っていそうで楽しく働けそうな企業にするか

これはなかなか難しい選択ですよね。では本論における三菱サラリーマンが考えるポイントは以下です。

本論のポイント

①結局どの会社にも意見や主義の合わない人はいる

②アーリーリタイアを熱望するなら20代の収入多寡は重要

③とはいえ、仕事のモチベーション・やりがいもまた、重要

これら3つの要素を天秤にかけて、どうするか選ぶという作業が必要になってくると思います。

①結局どの会社にも意見や主義の合わない人はいる

社風の違いはあれど、どの企業にも一定数は、自分とは合わない人もおられると思います。ただ、企業や社風によってこの合わない人の割合は異なってくるでしょう。

また、同じ企業でも部署によって全然雰囲気が違うこともあり得ます。また、例えばOB訪問や会社セミナーに参加して感じ取った雰囲気や社風・事業内容というのは、あくまでその会社のごく一部に過ぎません。

企業は当然ながら採用部門に人当りの柔らかい、雰囲気の良い人を配置します。企業イメージを高めるためには当然の帰結です。

ですから、企業の社風はなかなか就活中にその全容をつかむことは難しい部分もあると思います。あくまでその前提に立って、考えることが必要です。

②アーリーリタイアを熱望するなら20代の収入多寡は重要

弊ブログでも述べている通り、若年期に如何に資本を蓄積し、いかに多くの資金を株式市場に投下するのかが、アーリーリタイアや若年期でのセミリタイアを実現する際に、決定的に重要です。

>>関連記事:【お金を増やす方法】株式投資を若年期から始めるのがおすすめ

資産形成するには、愚直に毎月出来るだけ多くの額の運用資金を捻出することが決定的に重要であり、それをひたすら続けてきました。そうすることで三菱サラリーマンも資産を形成してきました

社風や事業内容、及び気に入った部門に希望通り配置されるのかどうかは、入社してみないとわからないことが多いです。

一方で、給与水準というのは、全社員等しく同じであることが多いですね。なので不透明感という意味では、実際に配属されるか否か、企業風土の実情がどうなのかが不透明になりがちな社風や事業内容よりは、給与の方が明瞭確実です。

ただし、後述の通り、業務内容や社風もこれまたモチベーションに直結するため、非常に重要です。

③とはいえ、仕事のモチベーション・やりがいもまた、重要

就活をする際に、入る企業の収入の高低は確かに大事です。収入が多ければ人生の選択肢は増えますし、収入が多ければ多少の嫌なことも受け入れられるという人もいるでしょう。

一方で、仕事のやりがい・事業内容・仕事に対するモチベーションを維持できるのか、これらもまた決定的に大事です。企業の正規社員として働いている以上、1日の多くの時間を会社で費やすことになりますよね。

大好きな仕事であれば、残業など苦ではありませんし、好きなことであれば没頭できます。それが他人が没頭できないことであれば、無双状態になれます。

そのような状態であれば、人に頼られることで自己肯定感も高まりますし、往々にしてやりがいを感じます。私も散々豚舎とか言ってますが、部署によってはそういう時期も事実ありました。

やりがいというのは結局、「“自分にしか出来ないこと” や “自分の能力を活かす” ことで、それが “人の役に立つ” ことで感じることが出来る」ものである、という側面があると私は思います。

ですから、自分の好きなことや自分の能力を活かせる場所・フィールドの有無は、仕事のモチベーションという観点からは重要です。それだけで他人とは異なる独自の付加価値を生みます。そして他人に感謝されるとモチベーションに直結します。

まとめ

ということで、以下3つの要素、及び上述したような背景を考慮の上、天秤に量っていくのが1つの必要な作業になり得ます。

本論のポイント

①結局どの会社にも意見や主義の合わない人はいる

②アーリーリタイアを熱望するなら20代の収入多寡は重要

③とはいえ、仕事のモチベーション・やりがいもまた、重要

いずれにしても、若年期の収入の多寡はその後の人生の自由度を左右すると言っても過言ではありません。

とはいえ、収入やお金が全てを解決するわけでもありませんし、仕事のやりがいやモチベーションもこれまた非常に重要です。

この辺りの天秤をかけた際の結果は、個人の価値観に多分に左右されます。どの程度アーリーリタイアに興味があるのかも大きな要素です。

例えば三菱サラリーマンの場合、どれだけやりがいがあって、モチベーションがあって、社風や事業内容が合っていたとしても、1つの企業で人生を終えるということは絶対にしたいとは思いません

世界は広いのです。そして、コミュニティもまた多様に存在しているのです。単一のコミュニティである単一の会社に、一度きりの人生の多くの時間を割く必要はないと私は思っています。

なので、「会社で色々な人と協力して、1つのゴールに向かって邁進し、達成感を感じる」というのも素敵なことですし、「1人ではできないような規模の大きなことを仲間とし、苦楽も共にし、悦びを分かち合う」というのもそれはそれは素敵なことだと思います。

ただ、それ自体は私の人生の意志決定に影響を及ぼす要素ではありません。まずはセミリタイア・アーリーリタイアをして、自分がどう感じるのか、これをまずは体験するのであります。

中国に留学し、多様な国の人々と深く付き合う中で、価値観は大きく変わりました。1つの箱に留まっていたくないのです。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!