アーリーリタイア志望の公務員、どのようにして達成するべきか

公務員からアーリーリタイアを目指す30歳、どういうルートに舵を切るか

ご質問

公務員からアーリーリタイアを目指して転職したい30歳です。

いつもつぶやきやブログを参考にしています。三菱サラリーマンさんが同じ立場ならどういうルートに舵を切りますか?

就活であまりお金のこと考えずに、失敗しました(T T)三菱サラリーマンさんは私の憧れです。




ご質問ありがとうございます。大変恐縮です。

「お金のことを考えずに就活して失敗」とありますが本当にやりたいことや人生で成し遂げたいことをベースに就活するのは、素敵ですよね。

ただ、就活前にやりたいことがあったとしても、実際にその職場や会社で働いてみないとわからない部分は多々あり、難しいところです。

なので、もう完全に割り切って「待遇の良い会社に就職する」というのも一案だと思います。

三菱サラリーマン的公務員の方針

さてご質問の

  • 公務員からアーリーリタイア目指して転職したい30歳で、
  • 三菱サラリーマンが同じ立場ならどういうルートに舵を切るか

ということですが、資産額や現在の職場環境が不明のため、そこは考慮の対象から外しますが、私ならばまず以下のことに注力します。(転職せず公務員を続ける場合)

三菱サラリーマン的公務員の方針

1.無理のない範囲で倹約し、月々の給与から投資資金を捻出し、高配当株へ投資

2.ただ、年収に鑑みて、あくまで高配当株投資による配当金はお小遣い程度に考える

3.職場で自身が望むキャラを徹底的に演じ、貫徹することで、可能な限り公務員ライフを楽しむ方向に舵を切る

なぜこのような方針にしたかというと、配当金による完全リタイアは、

  1. 毎年高パフォーマンスを出せる投資家か、
  2. 可処分所得が相当多いか、
  3. 資産が既に結構ある、

というような基礎的条件がない限り、アーリーリタイアまで時間がかかる可能性が高いです。不動産投資でレバレッジを利かせて上手くやるのも良いですよね。

なので、配当金によるアーリーリタイアは転職しない限り難度があるかと思います。転職すれば、副業可能でしょうし、副業を猛烈にやると思います。

ブログなりYoutuberなり個人ブランディング等が今流行り?の副業として挙げられますが、どれも「好き」の延長線上にないと続かないかもしれません。

私は自分をブロガーだとはあまり思わないというか、、日本人の資産運用に一定程度寄与すればうれしく思いますし、日々頂く質問に答えるのも好きですし、こうして文を綴ることも好きです。

正直、仮想通貨やFXが「おすすめの資産運用です!」とか目にすると、正直あまり好ましい気持ちにはなるとはとても言い難いです。




ちょっと話がそれましたが、いずれにしても転職し、自分の好きの延長線上にある副業が出来れば可能性は広がると思うので、私ならば転職へ一歩踏み出すかもしれません。

ただ、ある程度職場環境が恵まれているのであれば、水色で囲った枠内に述べた通り、徹底的にキャラを演じるかもしれません。

徹底的に自身が望むキャラを演じるというのも一案

例えば、以下のようなキャラが考えられます。

  1. 1次会で必ず帰るキャラ
  2. 有給休暇は必ず完全消化するキャラ
  3. 必ず定時に帰るキャラ

これらはワークライフバランスを保ちたい人ならば、重要な設定です。自分を俳優だと思って自分が望むキャラを完全に演じ切るのも一案です。

まとめ

まとめますと、

転職する場合

本業をこなした上で、好きなことの延長線上にある副業に精を出し、収益化できればアーリーリタイアに向け、配当金という不労所得を積み上げる

転職しない場合

1.無理のない範囲で倹約し、月々の給与から投資資金を捻出し、高配当株へ投資

2.ただ、年収に鑑みて、あくまで高配当株投資による配当金はお小遣い程度に考える

3.職場で自身が望むキャラを徹底的に演じ、貫徹することで、可能な限り公務員ライフを楽しむ方向に舵を切る

結構現実路線かもしれませんが、おそらく私なら以上のようなルートに舵を切ると思います。

転職するしないは職場環境にもよりますし、その他の戦略全般についても資産額や家族状況によって相当程度異なるので、その条件次第では方針は大きく変わることも念のため申し添えておきます。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

50歳でアーリーリタイアしたい方からのご質問にお答えしたものです。

50歳でのアーリーリタイアを31歳サラリーマン貯金2500万円から達成する方策
31歳サラリーマン、年間貯蓄500万円、50歳アーリーリタイアを達成するには ご質問 三菱サラリーマン様 いつも楽しくブロ...

セミリタイアしたい新入社員の方から頂いたご質問にお答えしたものです。

セミリタイアしたい新入社員へアドバイスをするとしたら【3条件】
基本の徹底が一番確実な近道。セミリタイアまでの3条件。 とかく即効性のあるものを求めがちな昨今ではありますが、即効性のあるものはす...

今を豊かにしたい若者からです。配当金という側面から回答しています。

今をもっと豊かにしたい若者こそ、配当金を得るべし
株式投資で「老後ではなく、今」を豊かにする方法とは 20代後半の方からのご質問 遅ればせながら今から投資を始めようと思っています...