【FIRE後のリスク】定めた現金比率を死守する

【FIRE後のリスク】定めた現金比率を死守する

FIRE(Financial Independence, Retire Early)を達成した場合、そこからが本番と言えます。

FIREはあくまで「自身が望む生き方を実現するための手段」なので、その後のリスクも描いておくと心算も狂わずに済みます。

私が心がけていることは、ずばり以下です。

FIRE後のリスク回避行動
  • 暴落時でもろうばいしない保守的な現金比率を定め、それを守る

金融資産は霞であり、資本市場は砂上の楼閣

金融市場で運用する資産というのは、いってしまえば霞(かすみ)のようなもので、本来的には明日消失してもおかしくないと考えています。

なぜなら、株式投資というのは資本市場という絶えず変動するものに浮かんでいるだけだからです。

いつなんどき暴落するかわかりません。たとえば、下表は過去の暴落データです。

景気 株価
天井 下落率
4Q1948 4Q1949 6/15/1948 6/13/1949 -21%
2Q1953 2Q1954 1/5/1953 9/14/1953 -15%
3Q1957 2Q1958 8/2/1956 10/22/1957 -22%
2Q1960 1Q1961 8/3/1959 10/25/1960 -14%
4Q1969 4Q1970 11/29/1968 5/26/1970 -36%
4Q1973 1Q1975 1/11/1973 10/3/1974 -48%
1Q80 3Q80 2/13/1980 3/27/1980 -17%
3Q81 4Q82 11/28/1980 8/12/1982 -27%
3Q90 1Q91 7/16/1990 10/11/1990 -20%
1Q01 4Q01 3/24/2000 10/9/2002 -49%
4Q07 2Q09 10/9/2007 3/9/2009 -57%
キューバ危機 12/12/1961 6/26/1962 -28%
ブラックマンデー 8/25/1987 12/4/1987 -34%
コロナショック 2/19/2020 3/23/2020 -34%

これら下落率は平均して30%です。リーマンショックでは半値以下になりました。

不安をあおる意図はありませんが、このようなリスクは常在です。暴落の1つの目安は、50%でしょうか。「半値になり得る」という意識を持っておくと、暴落時の冷静な投資行動につながります。

そういった時に輝くのは、現金ですね。現金があれば、安値で買い増しできることもさることながら、精神的な安定に寄与します。ゆえに、以下方針がリスク回避的な行動になり得ます。

FIRE後のリスク回避行動
  • 暴落時でもろうばいしない保守的な現金比率を定め、それを守る

現金さえも万能とはかぎらない

ただし、現金も万能ではありません。

ぱっと思い付くだけでも、以下のようなテールリスクが挙げられます。

  • 預金封鎖
  • 市場閉鎖
  • サイバーリスク
  • 旧来的近代資本主義の終焉
  • 株式無相関的ハイパーインフレ

テールリスクとは

確率的には極めて低いものの、発生すると巨大な損失をもたらすリスク

万が一、現金さえも紙くずになれば、自分の能力を適切な場で生かして社会に貢献することでその対価(金銭またはその時代における金銭相当物)を得ることが一案です。

とはいえ、わざわざ自らリスク選好的行動(たとえばフルインベストメント)を冒す必要もないと個人的には考えます。

もちろん、熟練の投資家でリスクを承知の上でリターン追求を自認する方はこのかぎりではありません。

自身が心地よいと感じる現金比率を探り、定め、しっかりその比率を保つことが肝要と思います。現在のような絶好調相場では、特に気が大きくなりがちですね。

まとめ

FIRE後のリスク回避行動
  • 暴落時でもろうばいしない保守的な現金比率を定め、それを守る

相場がよい時は、往々にして現金比率を下げてまでリターンを追求したくなるものです。

しかし私はあくまで安全運転が優先と思います。心地よい生活を送るためにも、リスク・リターンを追求するあまり精神的な安寧を失っては本末転倒です。

現金をしっかり確保し、規律を持った運用を心がけることがFIRE後は特に肝要と思います。

資産運用において精神面の配慮は、決して欠かすことのできない重要な要素です。

Best wishes to everyone.

関連記事

現金比率の考え方です。キャッシュフローの有無やリスク許容度が大きなポイントです。

投資における現金比率の目安と判断材料について
投資する際に、現金比率の目安・判断材料になりうるものは? 現金比率に関するご質問について、以下述べます。 投資における現...

ピンチをチャンスに変えることができるのは、現金などの無リスク資産ですね。

相場は楽観に傾く、ピンチをチャンスに変えた現金をしっかり確保
相場は楽観に傾く、現金をしっかり確保 ダウが30,000ドルを突破するなど、株式市場は総じて堅調。 先進国の実体経済が本格的...

記事内にある逆ピラミッディングのシミュレーションを、事前にしておくとよいと思います。

S&P500の過去株価下落率と逆ピラミッディングのシミュレーション
調整局面の投資シミュレーションは、地合いがよい時に練っておく 相場が好調な時こそ、調整局面の投資行動を思い描いておくことが一案です...

FIREに必要でもあり、その後のリスクも担保できるのは、究極的には人的資本ということになります。

FIREに必要なのは、資産額よりも人的資本と自信と知性
FIREに必要なのは、資産額というより人的資本と自信と知性【自活能力】 先日取材をお受けしていた際、印象的だったことがあります。 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: