アジア新興国への資金流入が目立ち始めている

米国よりも、アジア新興国への資金流入が目立ち始めている

米国株投資が注目され始めた昨今ですが、新興国にも焦点を当てておきます。

要旨は以下の通りです。

  • インド・韓国などアジア新興国の株価最高値更新つづく
  • IMFの最新レポートでは、アジア新興国の経済復活が目立つ

インド・韓国などアジア新興国への資金回帰が目立つ

米国株は好調維持、日本株は絶好調といった様相ですが、インド・韓国もかなり強い状況が続いています。

インドSENSEX、最高値更新中

インドSENSEX(過去5年チャート)

韓国KOSPI、最高値更新中

韓国KOSPI(過去5年チャート)

アジア新興国、強い経済回復見通しが目立つ

ハイイールド債・アジア新興国に資金が回帰するなど、リスク選好的な要素が目立ち始めています。

実際にIMFが先日発表「IMF World Economic Outlook」によれば、2022年度までの経済回復度合いも、欧米よりも東南アジア・インドなどを含むアジア諸国の数値が高く出ています。

世界経済見通しによる成長率予測(IMF World Economic Outlook as of Jan 2021)

  • ASEANでは、地域でばらつきが見られるも、総じて堅調の見通し
  • 中国、特にインドが著しい成長見通し(ただし、前年度の発射台は低い)

インド企業への投資

なお、インドへの投資を検討する場合は、たとえば以下2つのアプローチが挙げられます。

  1. インド現地企業やインド投信への投資
  2. インドへ進出している米国企業に対して投資

①は直接的、②は間接的に利益を享受する形ですね。

HDFC

インド企業には、米ニューヨーク市場に上場している企業として、たとえばインドの商業銀行である【HDFC】があります。株価は堅調です。

米国株のみに凝り固まる必要はなく、こういった分野・アプローチも投資にはあるということですね。

特定の対象がブームになるということは、より冷静に対象を見ておく必要性も同時に生じるのが、この世の教訓として見いだせることでもあると思います。

Best wishes to everyone.

ややニッチかもしれませんが、ベトナム株もあります。今でも一部資金を割いています。

【VHC】ベトナム高配当株ビンホアン、株式配当を発表!(2019年12月)
ふとSBI証券を眺めていると、さすがベトナム株、面白いことになっています。 チャ魚(パンガシウスの一種)の加工輸出大手企業であ...
【高配当ベトナム株】サオタ食品の第二次配当は2018年に延期!
【FMC】サオタ食品の第二次配当支払いは3か月以上後ろ倒し! 私の保有ベトナム株のサオタ食品が、2017年第二次配当を12月支払か...

ビンホアン水産は、商事が一部株式を取得していましたね。

【ベトナム株】水産加工大手ビンホアン(VHC)に対し三菱商事が600万株取得
三菱商事、ベトナム水産加工大手ビンホアン水産株式を6.5%取得 2017年4月18日、私のベトナム株の主力である水産加工大手のビンホア...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: