年間配当金まとめ(2020年)

年間配当金まとめ(2020年)

まず、最初に配当金との出会いに深く感謝したいと思います。

退職という決断の際、その背中を押してくれた1つの要素が配当金であることは、間違いありません。

本当にありがとうございました。

FIRE達成まで配当金を重視した主な理由

さて、私はセミリタイア・FIRE達成までは一貫して配当金を重視してきました。

主な理由は、以下の通りです。

FIRE達成まで配当金を重視した主な理由
  1. 日々変動する資産額ではなく、配当をKPIとすることでFIREに至るまで心地よく続けやすいと判断
  2. 株式を買えば買うほど、右肩上がりに積み上げていくことができ、高いモチベーションで続けやすいと判断
  3. 自分でコントロールできない運用利回りではなく、自分でコントロールできて資産運用に決定的である「入金力の最大化」に集中しやすいと判断
  4. 「年間生活費 ÷ 年間配当」でFIRE達成度を明確に算出でき人生の大きな決断に踏み切りやすいと判断

自身が傾注すべき対象をみきわめることが肝要と思います。自分に合う手法を構築できたことが、目標達成の要素になったと思います。収入の複線化・支出の最適化を通じた「入金力」にこだわり、「入金力の最大化・配当の積み上げ」が、FIRE前までの資産形成の両輪でした。

では前置きを終えまして、FIRE元年、今年の年間配当金を一応まとめておきます。

年間配当金の推移

2020年の受取配当金は、369万円 でした。(税引後・配当所得税還付金ふくむ)

月平均で、30万円でしょうか。ベトナム株(ビンホアン水産)の特別配当があったので、ややかさ上げされています。

累計配当金の推移

累計受取配当金(税引後)は、910万円となりました。

これは確定利益であり、損益分岐点がその分どんどん下がっていくことになります。2021年は1,000万円を超える見込みです。純資産も大台が見えてきました。

配当金を受け取った銘柄たち

  • ABBV
  • ABT
  • AMGN
  • ARCC
  • BA
  • BTI
  • BP
  • CHWY
  • CME
  • COST
  • CRM
  • DPZ
  • FDS
  • FMC
  • HII
  • IBM
  • IDEXX
  • JNJ
  • LMT
  • LW
  • MKC
  • MO
  • RDSB
  • SHW
  • T
  • VHC
  • VZ
  • XOM
  • アサンテ
  • インヴィンシブル投資法人
  • エスコンジャパンリート投資法人
  • 沖縄セルラー電話
  • オリックス
  • カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
  • 近鉄エクスプレス
  • サムティ・レジデンシャル投資法人
  • JALUX
  • CDG
  • スターアジア投資法人
  • タカラレーベン・不動産投資法人
  • タカラレーベン・インフラ投資法人
  • ディアライフ
  • 投資法人みらい
  • トーセイ・リート投資法人
  • 日本BS放送
  • 日本コンセプト
  • 日本航空
  • 日本再生可能エネルギー投資法人
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • 三菱商事
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • Oneリート投資法人
  1. ABBV
  2. AMGN
  3. ARCC
  4. BA
  5. BP
  6. BTI
  7. CME
  8. COST
  9. DUK
  10. ENB
  11. FDS
  12. FMC
  13. GSK
  14. HII
  15. IBM
  16. JNJ
  17. LW
  18. LMT
  19. MO
  20. NGG
  21. PFF
  22. RDSB
  23. SHW
  24. SO
  25. SPYD
  26. VHC
  27. VIG
  28. VZ
  29. WBK
  30. XOM
  31. アサンテ
  32. インヴィンシブル投資法人
  33. エスコンジャパンリート投資法人
  34. 沖縄セルラー電話
  35. オリックス
  36. カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
  37. 近鉄エクスプレス
  38. サムティ・レジデンシャル投資法人
  39. CDG
  40. スターアジア投資法人
  41. スターツプロシード投資法人
  42. スノーピーク
  43. スプリングリート / 春泉产业信托
  44. タカラレーベン・不動産投資法人
  45. タカラレーベン・インフラ投資法人
  46. 中国工商銀行
  47. ディアライフ
  48. トーセイ・リート投資法人
  49. 日本BS放送
  50. 日本たばこ産業
  51. 日本コンセプト
  52. 日本再生可能エネルギー投資法人
  53. ビックカメラ
  54. ヒノキヤグループ
  55. 投資法人みらい
  56. ヤマダ電機
  57. 三菱商事
  58. 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  59. Oneリート投資法人

三菱様が燦然と輝いておられます。なお、無配株は含まれません。配当金、本当に目標達成に至るまでお役目をよく果たしてくれました。感謝です。

明暗分かれた保有株

石油・ホテル系リートは、凹。ボコボコに叩かれた一年です。

逆に反騰局面で引っ張ってくれたのは、「AMGN、ABBV、ARCC、CME、COST、LMT、LW、SHW、SPYD、VIG、インフラファンド群、住宅系リート、ベトナム株(FMC・VHC)」です。

持ち株の中でも、大きく明暗がわかれた1年でした。

配当金を増やす道筋

おなじみの、配当金を得る道筋も一応載せておきます。

配当金を得る道筋

とにかく投資資金を増やす

収入を増やし、支出を減らす

配当金というキャッシュフローを得る

株式(私の場合は高配当株・連続増配株など)を買う、配当を再投資

①、②の反復によって、配当金は増えます。①が核心的な要素でもあり、私が最も注力したことです。給与が高かったこともありますが、個々人の価値観に沿う形での「支出の最適化」も要因です。

  • 給与から株式を購入し、
  • 配当金を増やし、
  • その増えた配当金と給与で更に株式を購入、
  • また配当金を増やし、
  • その増えた配当金をまた再投資し、

以上のような形で、私は配当金収入を増やしてきました。

入金力の最大化に努め、給与から毎月投資にあてる」という規定のプロセスに従って粛々と行う形です。

この手法であれば、収入と支出の差分によって伸び率の多寡はあれど、配当収入を継続的に着実に増やすことが可能であってきました。

そして、配当金によって人生の潜在的な選択肢を増やし、いつか別の生き方や、支出の一部をまかなうことを意図してきました。

配当金を積み上げるスタイルは、相応の時間がかかるものの、目標に向かって着実に積み上げられることが魅力です。

「現行の近代資本主義の継続」が前提条件になりますが、セミリタイア・FIREしたい方、給与以外の収入を得て人生の選択肢を増やしたい方などにとって、配当金は継続的に増やす価値を秘めていると思います。

ただし、配当利回りは高ければ高いほどよいわけではもちろんなく、個別株よりVYMなどETFが無難です。いずれにしても自分に合った手法を見つけることだと思います。

来年(2021年)の見通し

来年の見通しです。来年の受取配当金は、今年より減ると思います。特別配当のかさ上げがなくなるのも一因です。

FIRE達成後は、配当を以前ほど重視する必要がなくなったことに加え、人生の優先順位としても以前ほど積極的に規模を追求する必要性・段階でなく、ポジションもやや落としています。中期資金をほぼ現金または同等物に換えています。

いずれにしても、配当金、本当にありがとうございました。人生の大きな決断に背中を押してくれたこと、間違いありません。

本年は色々な方に大変お世話になりました。みなさま、よいお年をお迎えください。そして日々、目標がある方、来年も邁進してまいりましょう。静かなる闘志を持ち、やってやりましょう。

Best wishes to everyone!

「年間配当 > 年間生活費」は、FIRE達成度を測るにわかりやすい指標です。

「年間配当金>年間生活費」というFIREに明解な指標、どう機能させるか
「年間配当金>年間生活費」はセミリタイア・FIREに明解な指標。どう機能させるか。リタイア後の投資戦略とは。 株式投資 ...

配当金を得るには、人によって様々な目的があるということですね。

【ご相談】月5万円の配当金で、精神的安定を求めたい【米国高配当株ETF】
【ご相談】月5万円の配当金で、精神的安定を求めたい【米国高配当株ETF】 「月5万円の配当金で、精神的な安定を求めたい」という方か...

VYMは、増配率が堅調です。

VTIよりVYMが高配当化している【増配率】
【増配率比較】VTIも高配当化するが、VYMの方がさらに高配当化している 本記事は、以下のような方に向けて記しています。 ...
セミリタイア・FIREをめざす投資対象【VTI・VYM・VIG】
セミリタイア・FIREをめざすための投資戦略【VTI・VYM・VIG】 セミリタイアをめざす方から、「以下3つのETFのどれを選べ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: