【MO】アルトリアグループから配当受領、この株価水準は即座に配当再投資

米たばこ大手のアルトリア・グループ【MO】から483.95ドルの配当金を受け取りました。

配当金という果実は美味しく証券口座に頂いたのちに、そのまま再投資に回すのが通例です。

普段はMOから配当金を受け取って即座に再投資に回すというよりは、ある程度たまってから別銘柄の買い付けに回していました。

しかし今のアルトリア・グループの株価水準は、即座に再投資に回したい水準だったので、即買い増しで御座います。

【MO】アルトリアグループから配当受領、この株価水準は即座に配当再投資

配当再投資時点の指標は以下の通り、一見fruityな状況です。

社名(和文) アルトリア・グループ
社名 Altria Group Inc
ティッカー MO
設立日 1985年3月
本社所在地 米国・バージニア州
従業員数 8,300人
セクター 一般消費財
連続増配年数 50年
直近配当利回り 7.9%
直近4年平均配当利回り 4.5%
直近3年平均増配率(年率) 11.4%
直近5年平均増配率(年率) 10.3%
配当月 1, 4, 7, 10
1株配当 $3.36
1株調整後利益 $4.18
配当性向(調整後EPSベース) 80.4%
PER(調整後EPSベース) 10.2倍
株価 $42.75

(2019年10月15日時点)

引き続き配当利回りは7.9%と高水準でした。

更に2万ドルほど投入しても良いと思うほどの水準ではありますが、引き続き静観中です。

【MO】アルトリアの株価は40ドルで目下反発

直近株価推移を見てみましょう。

MOは40ドル台で大きく買い増しましたが、その後、偶々ながら現時点では堅調に推移しています。

過去1年で見れば、まずまずの出来高を伴いながらのじり上げといった状況。

一時的な反発か否かは不明ながら、さすがにこの株価は即座に配当再投資したい水準です。

50日移動平均線を明確に上抜け、短期的にはまだ上昇余地はありそうですがどうでしょうか。

引き続き米ドル建てMMFの保有水準は維持しつつ、ほかの配当をかき集めてでも買い増ししたい水準ではありますが、やや様子見です。

Best wishes to everyone!

日本でお馴染みのアイコス(iQOS)ですが、それを米国で販売するのが、アルトリアグループです。

【MO】アルトリア・グループ、配当3~8%、高配当・連続増配50年の配当王
2019年決算データを一部反映です。 アルトリア・グループ【MO】は、約43,000ドル投資し...

中国で垣間見えた、印象的かつ情景が今でも残っている資本主義の側面です。

たばこ株を買う側になるのか、たばこを吸う側になるのか【資本主義】
中国で共存する依存性の高い米国企業の商品群(たばこ・コーラ・スマホ) この写真を見て何を思うでしょうか。 これは上海...

日本たばこ産業(JT)に関する分析です。直近株価は反発しています。

JTの株価はどこまで下がる、今後の見通しについてどう考えるか
「日本たばこ産業(JT)の今後の見通しについてどう考えるか」というご質問を頂きましたので、5つの観点を踏まえた上で、以下回答申し上げます。 ...
スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: