年齢的に積み立てる時間やお金が残されていない場合、どうしたらよいか

積み立てる時間やお金が残されていない場合、どうしたらよいか

ありがとうございます。上記ご質問に回答させていただきます。

ツイート内リンク先の投資情報商材については「21,780円で投資情報を買える」というものですね。

実際に購入したことがないので、内容の是非を論じることはできませんが、ひとつ言えるのは、2万円のお金を払わずとも2,000円もあれば株式投資の基本的なことが網羅されている名著(バビロンの大富豪など)を購入することができます。

ですから、内容の詳細が事前にわからない2万円の有料投資情報を買う必要性は見いだしづらいと思います。私はおすすめできません。

本当に普遍的に市場平均を上回り続ける投資手法が存在するならば、それはいずれ多くの人々に広がるでしょう。多くの人々に広まった時点で、その手法は理論的には陳腐化すると考えられます。

では、そもそも株式を積み立てる時間やお金がない場合、どうしたらよいのでしょうか。

ご質問者さまのご年齢は50代半ばとのこと。長い年月を生き、そして数多くのご経験を積み重ねてこられたことと拝察します。

そして、有料投資情報をご検討されていたということは、お金を得たいという気持ちがおありと拝察します。

以下記すことは、おそらくご承知でしょうし、釈迦に説法かと存じますが、記させていただきます。

「今までの経験で、だれかの役に立てることはないか」と考えることを出発点にするのはいかがでしょうか。

お金を第一目的とすると、お金は離れていくこともあると思います。逆に、だれかのために考えて、行動していると、いつのまにかお金が近づいてくることがあるのではないでしょうか。

そして「だれかのために考えて、行動する」ということを軸にしていると、お金よりもっと大切な「人々とのつながり」を実感できる事象につながるのかもしれません。

そうすると、お金が目的にならないので、お金が近づいてくることもあるのではないでしょうか。

人の役に立つためには経験が必要で、ご年齢を重ねた方は、経験を積まれていることになるかと思います。

ご質問の意図と異なっていましたら、申し訳ありません。少しでもお役に立てれば幸いです。このたびはありがとうございました。

関連記事

なお、どれほど少額であっても、資産運用をしてみる価値は見いだせるのではないかと考えております。

月1万円でも少額の資産運用が、人生の分水嶺となり得る定性的理由
私たちが今生きている社会システムは「資本主義」ですね。 その資本主義社会に参画している一員として、そのルールを早い段階で知って...

50代からの資産運用ということで、以下もご参考に供します。

50歳から始める資産運用、おすすめできる方法と注意点
「50歳から始める際の資産運用方法」に関するご質問につき、以下回答申し上げます。 私としては、やはり保守的な運用を心掛けること...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: