米国株は過去に25年間低迷していた時期あり

米国株は過去に25年間低迷していた時期あり

何事もバランスが肝要と思います。

調子のよい対象は、ついつい入れ込んでしまうものです。

しかし、そういう時こそ冷静になっておきたいところですね。往々にして、「あのときは冷静でなかった」とあとで気づくことが世の常かもしれませんが。

過去における米国株の低迷期間と時期

現時点で、長期的に将来成長性が期待できる対象の1つが米国株と思いますが、その米国株も常に順風だったわけではありません。

下図はS&P500とダウ平均株価の長期チャートです。どちらも動きは似ています。

両方の図を見てわかる通り、長期的には右肩上がりを描いています。ただし、その途上で長期低迷の時期もあるということですね。

時期 低迷期間
1900年代~1920年代 19年
1920年代~1950年代 25年
1960年代~1980年代 16年
2000年代~2010年代 6年

好調な投資対象には、ついつい多くの資金を入れたくなるものです。1日でも早く「資産所得>生活費」の状態を達成したい等の理由であれば、資産形成の切迫性が高いため、多くの資金を入れることも納得できます。

ただ、焦り自体は禁物です。そういった資産形成の切迫性が高い状態で、多くの資金を入れる状態であっても、「上表のような低迷期間がある」ということは認識しておくと、自分のメンタルを客観視しやすいですし、調整局面の1つの目安にはなるでしょう。

いずれにしても、ご自身がやっている投資行動を客観視することが大切ですね。

  • どれだけのリスクを取っていて、
  • 現金比率がいくらで、
  • 過去の下落率や低迷期間を承知の上でやっているのか、
  • どの程度の期間・下落率であれば許容できるのか、

こういったことを定期的に点検しておくことが肝要と思います。平時では役に立たずとも、調整局面でその効果が発揮されます。

Best wishes to everyone.

関連記事

資産形成も要点をおさえておけば、あとは副次的なものですね。

私の資産形成方法を踏まえ、応用できる資産形成の根幹とは。
私の資産形成方法を踏まえ、万人に応用できる資産形成の根幹とは。 私の資産形成法を踏まえ、できるだけ端的に、多くの方々に応用できる資...

「資産形成に切迫性があるのか」は、手法に大きな影響を与えます。

セミリタイアが目的ではない場合、株式をどう買うか【切迫性】
セミリタイアが目的ではない場合、株式をどう買うか【切迫性がポイント】 資産形成の目的は、人によって様々ですね。 ...
アーリーリタイアをめざす場合、高値圏でも米国株を買い続けるか
アーリーリタイアをめざす場合、高値圏と感じる局面でも米国株を買い続けるか 2021年5月現在、米国株は好調が続いています。 ...

Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: