資産の増加ペースが異常に感じる、要警戒【好事魔多し】

資産は連日のように最高値更新、要警戒【好事魔多し】

  • 資産の増加ペース
  • 警戒マインド

私の場合、この両者は比例します。

つまり、資産運用が好調な時ほど、調整局面の迫りを警戒する行動をとる傾向がみられます。おそらくFXでの痛い経験が骨まで沁みているからだと思います。

  • 「好事魔多し」

この字句は、パソコンの隣に貼り付けてもよいぐらいです。コロナショック前なんかもまさにそんな感じでした。

運用方法に変化

コロナショック後から、運用方法はけっこう変わったかもしれません。

保有株の中でも、以下は特筆すべき動きです。

  • 日本の大型バリュー株・リート
  • 米国のオールドエコノミー系・増配株・ペット関連

JALも反騰が続いています。今後の動き次第でさらに適宜ポジションを調整したいと思います。

年始から出遅れていた株に資金を入れたわけですが、それらがさらに勢いづいている形のように映ります。

大台

金融資産も、大台突破が見えてきました。

FIRE後は、数字への意識が以前と変容したわけですが、大台突破というのは一里塚的な意味合いとしては一定程度あるのかもしれません。その際は、自身への客観視を記しておきたいと思います。

自身のためというより、周囲のために増やしている、そんな表現が適切かもしれません。

節度ある運用

幾度となくこういった波を受け止めては、消化してきたところです。

こういう上手くいっている時こそ、自身にとって心地よい現金比率はしっかり守りつつ、規律ある運用を引き続き心がけるべき時と思います。

とはいえ、先日のJALのように「これは」と思うものがあれば、大きく入れるなど柔軟にバランスよくですね。

相場のよい時こそ、客観視が欠かせない

メンタル・相場との向き合い方は大切だと思います。コロナショック後からは、いろいろ変えました。

  • 種々のスタンスの取り方
  • ブログの運営方法・意識
  • 資産運用のあり方・意識

1つの形にとらわれる必要はなく、状況に応じて柔軟に変化を加えていきます。

いずれにしても、「好事魔多し」と思います。相場はよい時もあれば、わるい時も必ず来ます。

相場が好調な時こそ、ご自身のポートフォリオの点検ならびにリスク許容度の確認をやりすぎるぐらいやっておいた方がよいと思います。

長期資金以外については、得べかりし利益(逸失利益)の最小化を追求して遅きに失するよりも、常に降りるタイミングを意識するぐらいのスタンスで引き続きやっていきます。

Best wishes to everyone.

みなさまは、どのような景色を見て投資をしていますでしょうか。

どんな景色を見て、投資をしているのか。そんなお話。
どんな景色を見て、投資をしているのか。とても共感したお話。 株の配当が1500万あるという、近所で有名なおじいちゃんにバッタリ...

以下記事のように、自身への優先順位は低下しました。一方、他者目的での優先順位という意味では低下していないのかもしれません。増やす目的が変わったということかもしれません。

セミリタイア・FIRE後、お金の優先順位がさらに変化【健康へ長期投資】
一昨日、資産状況について軽く触れましたが、セミリタイア・FIRE後は金融資産額がいくらになろうが、あまり本質的な差異を感じていないのが実情か...

相場が好調な時こそ、保守的なポートフォリオに転じるのも一案です。

レイ・ダリオの全天候型ポートフォリオはリセッションを控えた局面で、有用である
2019年8月当時の記事です。レイ・ダリオのポートフォリオについて改めて確認しておきましょう。 リセッションや調整局面はいつ来...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日:2021年2月23日