ダウ平均3万ドル。4年で1万ドル上昇。資産価格と物価の乖離も。

ダウ平均株価は3万ドル到達。4年で1万ドル上昇。資産価格と物価の乖離も。

ダウ平均株価は、2020年11月24日にはじめて30,000ドルを突破しました。

速いスピードです。

ダウ平均株価推移

ダウ平均株価の推移は、下図の通りです。

ダウ平均株価 到達日 所要日数
$ 10,000 1999年3月29日
$ 20,000 2017年1月25日 6,512日(17.8年
$ 30,000 2020年11月24日 1,399日(3.8年

  • 1万ドルから2万ドル突破までは、約18年
  • 2万ドルから3万ドル突破までは、約4年

1万ドル → 2万ドルは、ITバブル崩壊とリーマンショックを挟みます。2万ドル → 3万ドルもコロナショックを挟みますが、同年に回復済と凄まじい騰勢。

もちろん、

  • 1万ドルから2万ドルは、2倍の増加幅
  • 2万ドルから3万ドルは、1.5倍の増加幅

ですが、それを加味しても速い。

緩和的な金融政策

背景には、中央銀行(FRB)の金融政策を見いだせます。具体的には、以下2点。

  1. 利下げ
  2. 国債・社債の購入

「物価」と「資産価格」が乖離

ともない、消費者物価(CPI)」と「資産価格」の乖離も拡大しています(緑部分)。

この点、かなり気になっています。昔日の日銀レポートにもある通り、バブル生成を見る際の1つの要素となっています。

ご参考まで、日銀のレポートを載せておきます。

考えられるシナリオ

  • コロナ状況が良化 → 金融緩和縮小を市場が意識 → 長期金利低下 → 株価調整

たとえば、上記が考えられるシナリオですが、国債買い入れが大幅な減額でもない限り、もはや長期金利は低下するのか疑問が残るレベルですね。

ピンチをチャンスに変える現金は確保

資産が高値を更新している時こそ、警戒モード。

調整局面がいつ訪れるかは不明ながら、現金余力は残しつつ、一定のポジションは保ちつつ、どちらに転んでもよいようにしておきたいと思います。

Best wishes to everyone!

資産形成ステージ・目的等によって異なりますが、FIRE後は現金余力を多めに確保しています。

相場は楽観に傾く、ピンチをチャンスに変えた現金をしっかり確保
相場は楽観に傾く、現金をしっかり確保 ダウが30,000ドルを突破するなど、株式市場は総じて堅調。 先進国の実体経済が本格的...

それに伴い、資金枠を2つ作っています。

【FIRE後の運用】長期資金に加えて、中期資金枠【現金比率が変化】
【FIRE後の運用】長期資金に加えて、中期資金枠を創設【現金比率が変化】 想定運用期間・現金比率の観点から、現時点におけるFIRE...

「FRBのバランスシート」と「S&P500」の関係です。正の相関がみられます。

FRBバランスシート再拡大で、米国株なお堅調続くか【FRBの金融政策とS&P500の関係】
米連邦準備理事会(FRB)は2019年10月11日、短期金融市場の安定に向け以下通り資産購入を再開すると発表しました。 短...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: