子供2人への金融教育も兼ねた資産運用、適したETF・積み立て方法とは。

子供2人のための資産運用、適したETF・積み立て方法とは。

ご質問

題名: 子供の資産運用相談させてください。

メッセージ本文:
三菱サラリーマン様

ブログ読ませてもらってからお金や人生についていろいろ勉強させてもらっています。
FIREという考え方が20代の頃知ることができていればこれからの人生がもう少し楽に
生きられたのではないかと日々痛感しています。

現在私は二人の子供がいます。中学2年生 小学5年生です。
ブログと出会ってからこの子たちの預貯金をただ銀行に預けておくにはもったいないと証券口座を開きこれから資産運用を始めようと思っています。
早いうちから始めて子供達が大人になった頃、引き継いで運用してもらおうという考えです。

二人ともに150万円あります。

運用を開始したら子供達と状況を確認しながら投資の勉強をできたらと考えてます。銘柄を子供達に選択させようと思っています。

いろいろありますが子供達に適したETFはなんでしょうか?

買い付けは毎月均等買いがよろしいでしょうか?

漠然とした質問で申し訳ありませんが、アドバイスいただけると助かります。

ご質問ありがとうございます。

お子さんたちからすると、なんともありがたい「早期の資産運用スタート」なのではないでしょうか。

「お子さんに銘柄を選択させる」とのこと、受動的ではなくあくまで主体的に関わりを持つスタンスが、経験としても印象としても色濃く残ると思います。

選択させるということですので、毛色の違う複数の以下3候補を挙げますね。

  1. VTI
  2. VYM
  3. eMaxis Slim S&P500

どれにするかは好みの範疇ではありますが、以下観点から私なら上述③を推します。

  • 運用期間が2代に渡る長期
  • 課税繰り延べ効果
  • 手間のかからなさ

観点①:課税の繰り延べ効果

理論的な結論を書きますが、「親子2代に渡る長期間かつ運用リターン6%以上を見込む」という場合、配当に対する課税の繰り延べ効果は相応に生じます(配当控除を無視した場合に限る)。

利回り 繰延の有無 10年 20年 30年 40年
2% なし 117 137 161 188
あり 117 139 165 196
4% なし 137 187 256 351
あり 138 195 279 403
6% なし 160 254 406 648
あり 163 276 478 840

長期であることから、毎月積み立てによって平均点を狙う形で時間対効果としても長期では満足のいく結果が期待できると思います。

観点②:分配金(配当金)再投資の手間という観点

また、③投資信託の分配金再投資型であれば、VTIやVYMのように配当を再投資する手間も不要です。

理論的な面・効率の面から考えると、以上のような整理になります。

お子さんの観点を増やすという観点

ですが、「お子さんにあえて配当を再投資させる」という観点があっても面白いと思います。「まずは色々なことを体験させよう」ということです。

勝手に再投資されると実感が湧きにくいのも事実ですし、目に見えてある程度の額の配当があった方が実感が湧くという意味で、VYMを選択するのもアリです。

もっと言うと、VTI・VYM・eMaxis Slim S&P500から2つ、あるいは3つとも積み立てて、どのような違い・パフォーマンス・特徴があるのかをお子さんに探ってもらうことが出来ればなお理想的と思います。

これはご本人の嗜好や興味、かつ親の持っていき方も関係してくるので、不透明要素が多くなりますが、お子さんの考察の深さ・観点を増やすにあたって、個人的には推したいところです。

資産運用は、お金を増やすために始めるものですが、一方で活用の仕方によっては、それだけに限りません。

むしろお金が自己目的化するよりも大いに観点を広げるものですから、「資産運用を通じてお子さんの世界観・観点・考察を広げる」ことに焦点を当てても良いと思うのです。

数字だけを追い求めるようには、ならないようにしたいものです。私は最近そう思っています。

いずれにしても、一緒に資産運用まで学びながらということで、今後が楽しみですね。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

定期つみたてについては、こちらもご参考に供します。

株価暴落に際して投資家が成すべき3つのこと
株価が下がった時に留意しておいた方が良いことってなんだろう? 以下3点挙げます。 ①メディアの扇動と過剰な反応には客観性を ...
【米国株ETF】定期自動買付のやり方、メリット・デメリット、おすすめ対象者(SBI証券)
【米国株ETF】定期自動買付のやり方、メリット・デメリット、おすすめ対象者【SBI証券】 以下の面で、日本の証券投資環境は、今やと...
スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2020年4月16日