米国株投資の為替リスクへの考え方における、そもそも論

最近いくつか「米国株投資を始めるにあたっての為替リスクについてどう考えているか」という内容のご質問を頂きましたので以下回答申し上げます。

結論的には、日本円という単一通貨に依拠すること自体がそもそもリスクであるという点です。

以下、そのリスクについて、インフレ率や賃金上昇率の観点から日本の経常収支も踏まえた上で考察を加えたものを述べます。

米国株の為替リスクへの考え方における、そもそも論

まず以下のような考えは1つ持っておいても良いかと存じます。

それは、「為替リスク以前に日本円という単一の通貨のみに資産を依拠させていること自体がそもそもリスク」というものです。

まずそもそも、「通貨を分散させない=1つの通貨に依存している」ことになるわけですが、日本にいると忘れがちかもしれませんが、日本円という1つの通貨のみに依拠することそれ自体が1つのリスクであるということですね。

過去10年で低下した日本の相対的購買力

例えば先日、友人(東大医学部在籍のち金融関係で起業・法人化、セミリタイア済)と登山していましたが、曰く「米国・欧州ともに現地通貨建て物価は以前より高騰傾向であり、チップも年々上昇するのを肌で感じる」との由。

私も10年前の北京留学時と比べると、モノを選べば安いものも依然ありますが、今の中国は特に上海など大都市の商業施設においては現地通貨建てで既に東京の物価を優に超えていると実際に感じました。

米欧中とも共通するのは、日本より高いインフレ率と、賃金の伸び率です。(定量的な一部データは以下関連記事ご参照)

関連記事:OECD各国の中で賃金が一人負けの日本人が採るべき資産防衛術

日本が「高い賃金上昇率、相応に伸びたインフレ率という状況下での円安」ならばまだ良いですが、過去10年間、現実はご存知の通りそうではなく、日本の世界における相対的な購買力は、「各国インフレ分+円安」という形で確実に10年前より落ちていると感じます。

日本の経常収支に見る悲観シナリオとは

更に、日本は今でこそ「政府部門の債務超過分<家計部門の純資産」でかつ「世界最大の対外資産保有国」という状態を維持していますが、今後は個人的にはやや悲観的です。

ここからはややアカデミックな話になりますが、「将来的に日本が経常収支が赤字になり、財政ファイナンスを海外に頼ることになった時、円のみで保有するのは少し怖いな」という考えです。

今まで日本は、政府部門の大幅な赤字を民間部門の貯蓄が上回ることで、経常収支を黒字で保ってきました。

しかし今後も政府部門の借金(具体的には国債残高)は増え続けることが予想される上、高齢化社会を迎えて民間部門(国民)の貯蓄率減少に伴い、経常収支が赤字になる懸念が高まります。

ちなみに

貿易収支(経常収支)は、結局その国の貯蓄と投資の差額に収れんし、「貯蓄―投資」=「輸出―輸入」という等式が成り立ちます。

この「貯蓄―投資」は政府部門と民間部門のそれを合わせたものです。

経常収支が赤字になるとどうなるかと言えば、「政府部門の赤字ファイナンス(=国債発行による財政赤字への充当)」に繋がります。

国家の国際収支というものは、「経常収支・資本収支・外貨準備高増減という3項目の総和がゼロ」になります。

外貨準備を一定値とすれば、「経常収支がマイナスになる=資本収支が黒字になる」わけですね。

資本収支とは、投資や外国からの借入による資産と負債による収支のことで、要は「資本収支が黒字となるためには、海外からの資金流入が必要」になってきます。

すなわち海外投資家からの国債購入に頼って国家の財政運営が行われていくことを意味します。

海外からの資金流入に頼ることは、1つの国にとって好ましい状態ではありません。トルコやアルゼンチンなど経常収支がマイナスの新興国がその象徴ですが、財政赤字など政府債務に懐疑的になったり、通貨安による債務利払い懸念などが起こると、海外投資家の動向をうかがう必要が出てきます。(ただし基軸通貨の米ドルは少し例外で、資本収支が恒常的に赤字でも米国債の需要はあり続けると思います)

今まで日本は国債を大量に発行しても問題なかったのは、政府部門の大幅な赤字を上回る民間部門の貯蓄超過があったためです。家計金融資産1,800兆円に代表されるように、民間部門の貯蓄率が高くあってきたわけですね。

なので、この家計金融資産の伸び率如何は日本にとって極めて重要(なぜなら、日本全体で見ると、家計金融資産の伸び率が高ければ、政府部門の国債増加と相殺)と私は考えますし、だからこそより適切な資産運用(リスクも勿論あります)が、ここ日本において広まることは意義ありと思いますし、情報発信を続ける一因でもあります。

まとめ:日本円のみにベットするというリスクをどう考えるか

ということで、少し長くなりましたが、以上述べてきたようなマクロ環境下、そして日銀がGDPが3倍以上の国である米FRBよりもバランスシートを拡大させ、マネタリーベースを増やし続けている今、日本円のみに資産をベットすることは、それ自体がリスクという考え方も可能です。

米国株をはじめ外国株投資を始めるにあたり、確かに日本で生活している以上、通貨の異なる株式に投資をするのは、リスクと感じるかもしれません。

しかしそもそも「米国の株式に投資することで、日本円のみではなく通貨を分散させているんだ」という意識が1つあっても良いかと思います。(もちろん、円高は直接的に円建て資産の目減りにはなるのでそれ自体はやはりリスクなのですが)

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

高金利通貨に対する1つの考え方です。個人的には手出し無用の対象と思います。

【トルコリラ】高金利通貨に投資しても金利よりハイリスクなデメリットが大きい理由【南アフリカランド】
高金利通貨のトルコリラや南アフリカランドが一貫して下落 上図の通り、トルコリラの下落が止まりません。同じ高金利通貨では南アフリカラ...

日本の対外資産などの観点からの、円高に対する考察です。

リスク回避の円高が起こる理由。円は消去法的に買われないし安全通貨でもない!
為替相場はドル円だけではなく、クロス円も見て初めて分析できる 私は中2から為替取引を開始していたことは、自己紹介の記事で述べた通り...

為替を読み切るのは不可能なわけですが、注目しておいても良い要素もあります。

為替は中銀の政策と資金の経常フローに着目しよう
注目ポイントは、各国中央銀行の政策スタンス 2016年は年末に向けて米利上げが控えているので、今後は中期的には円安ドル高にじりじり向かうと...
公開日:2019年10月31日

コメント

  1. 鈴木 より:

    いつも参考にさせていただいております。
    最近話題のMMT理論についてはどのようなご見解をお持ちでしょうか?
    もしよければお聞かせいただけますと幸いです。

  2. 鈴木 より:

    すみません、失礼しました。
    MMT理論については過去の記事に書いてありましたね。
    ありがとうございます。