【資本主義の真実】お金持ちは楽にお金を増やせる【お金持ちに優しい】

お金を楽に増やすには、お金がたくさん必要というパラドクス。お金持ちに優しい資本主義。

お金について考えたことありますか?

中でもお金の本質というか、根本的なことってどんなことでしょうか?

私が思うお金とは、人生の選択肢を増やす手段の1つであり、そして何より本質的なこととは、お金がたくさんあれば、お金を増やすのが楽ってことです。

資本主義というのは、つくづく既にお金を持っている人にとても優しい世界なのです。

なぜか?

例えば2億円あったとしましょう。「2億円あったら何するか」って色々なサラリーマンに聞いてみたことがあるんですけど、皆使うことが前提の回答ばかりでした。

>>関連記事:2億円あったら何する?ってサラリーマンに聞いてみた

いやいや、2億円あったら絶対株式買うでしょう。仮に弊ブログを熱心に読んでくださっている方であれば、株式を買い付けるのではないでしょうか。

それだけの規模感があれば、投資をするかしないかでその後の資産推移には決定的な差異が生じます。

2億円あれば、永久機関が半ば完成する水準

考えてみましょう。2億円で税引後配当利回り4%の株式を購入すれば、配当金だけで年間手取り800万円です。永久機関に近いですね…。

で、年間800万円ということは、単純に12で除すると、1か月に65万円以上使えます。けど、65万円も使うのって逆に大変なんじゃないかと思うぐらいの額です。

使いきれなかった分は、それでまた株式を購入したとしましょう。すると、配当金は更に増えます。

ただでさえ使え切れないのに、更に配当金という収入が増えます。すると、使いきれない額がどんどん増えて、それを更に株式に再投資すれば、更に更に配当金が増えていきます。

お金持ちの正のスパイラル
  • 使いきれないほどの配当金を得る
  • お金あまる
  • 株式に再投資する
  • 株数が増えて更に配当金増える
  • 使いきれない配当金が増える
  • 更にお金あまる
  • 再投資できる額が更に増える

一度このスパイラルに突入すれば、自己増殖的に配当金収入が増えていきます。投資対象を大きく間違えさえしなければ。

もし、人生をゲームに例えるならば、現実性は乏しいものの、生後に1億円が付与され、そこから株式や債券に分散投資されたという条件下では、もうそれだけでお金の心配はほぼ一生涯に渡って必要なさそうです。

ただ、ここに大きな前提条件が潜んでいますね。それは「株式を売却せず、バイアンドホールドしておく」ということですね。

株式を売却してしまうと、当然ながら多額のキャッシュが眼前に飛び込んでくるわけですが、企業活動によって創出された利益の一部が配当金として払い込まれることはありません。

上述したスパイラルは途切れます。上述したスパイラルは、当然ながら株式を売却せずに再投資することが前提条件です。

ここまで、株式を売却さえしなければ、投資対象を大きく間違わなければ等の前提条件下において、「お金持ちは楽にお金を増やせる」という趣旨のお話でした。

ということで、リスクもあります。どのようなリスクかというと、「株式投資というものに馴染みがないと、その楽に稼げる永久機関を自ら手放してしまうという選択をすることもあり得る」という以下お話です。

「株式を売却するな」という親の教えを守れなかった資産家の子女

しかし、そこには「絶対に株式を売却しない」という条件が必要です。これが意外に難しいのだとか。

弊方の知り合いで、資産家の娘さんがおられます。その方の親御さんは、娘に「株式を売却しないように」との言伝を残して黄泉の世界へ旅立たれました。

余裕で配当金生活できる水準の株式保有数だったのだそう。しかしその娘さんは、株式を売却してしまいました。

「目の前の2億円のほうが、来年以降の年間600万円より魅力的に映った」からかもしれません。勿論、別の理由かもしれません。

とはいえ、当人は株式投資に馴染みがなかったそうです。

株式投資というものに実際に当人が馴染みがない、あるいは実際に取引したことがない、などの場合において、単に「株式を売却するな」と言われても、「その理由や背景、売却するか否かで何がどう変わるのか」を身に染みて感じないとその言伝を守るのは難しいのかもしれません。

資本主義社会というシステムにおける2億円が示す意味。これを自身で一定の理解をしておかないとそれを生かすも殺すも自分次第ということなのかもしれません。

これはお金だけでなく、あらゆる事象についても言えそうですね。ある1つの事象や結果が目の前に表出している時に、どう感じるか、どう行動するかは当人次第です。

そんなことを考えさせられる出来事かもしれません。

Best wishes to everyone!

好景気で給与は微増しましたが、それを大きく上回る伸びを見せたのが配当金です。

給料は増えないが、配当は増える【残酷な現実】
好景気で企業利益や配当は大幅増、一方給料はあまり増えない現実 給与、実感するほど増えてますか? 日本は、2017年11月時点...

たばこ1つ取っても、株主側になるのか、消費者側になるのかで埋めがたい差が生じるのが資本主義の現実です。

たばこ株を買う側になるのか、たばこを吸う側になるのか【資本主義】
中国で共存する依存性の高い米国企業の商品群(たばこ・コーラ・スマホ) この写真を見て何を思うでしょうか。 これは上海...

あまりゲームとして考えるのは、語弊が生じる可能性がありますが、攻略法として一応記載しました。

資本主義というゲームの攻略法と働く意味
配当収入見通し(2017年3月) これだから投資はやめられません。 上のベトナム株のサオタ食品に関する記事で...