衣服の断捨離をすれば衣替えは不要、必要なし!

ツイッター
スポンサーリンク

衣替えってそもそも必要?

衣替えという作業について、疑問を持ったことはないでしょうか。

季節が移り変わる時期に何気なく行うこの作業。段ボールなりクローゼットなりから衣服を移し替えるこの作業、結構メンドクサイですよね。

よくよく考えてみると、衣替えって別になくそうと思えばなくせるものですよね。

ということで、この際なくしちゃいましょう。

衣服の数を減らせば、おのずと衣替えをする必要がなくなります。

貴方も、この夏、着なかった服というのが必ず1着はあるはずです。いつか着るかもとよく言いますが、果たして本当にそうでしょうか。

ちなみに私は大抵、その1年で着なかった服は、翌年も着ません

普段好んで着る服というのが、完全に機能性重視になり、お気に入りの服が固定化しているからです。

この数年で、速乾性などに優れたスポーツブランドや登山服ブランドのものしか着なくなりました。

自分のライフスタイルと多々共通する、フランス人の暮らし方

断捨離によって、衣替えをなくしてしまおうという考えに至るにあたり、この「フランス人は服を10着しか持たない」という本、なかなか参考になるのでオススメです。今回断捨離を再開・断行するキッカケとなった書籍になります。


フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

ちなみにこの本は、ジェニファー・L・スコットという女性著者が女性向けに書いた本を和訳したものですが、男性も参考になる部分は多々あり。

カリフォルニア出身のアメリカ人著者がパリに留学した際に”暮らしの質を高める秘訣“を学んだ内容についての本になります。

変なしがらみがなく合理的な判断に基づきつつも、どこか豪華一点主義といったパリらしいオシャレな風情も感じさせる生活スタイルを綴ったものといった印象を受けます。

この書籍の要旨を箇条書きにしてまとめると以下のような感じです。

日常にエクササイズを取り入れる
  1. アパートの自宅が上の階ならエレベーターを使わずに階段で上り下りして体を動かす
  2. 車はほとんど使わず、できるだけ歩く
  3. フランス人はジムに通わない
  4. 家事もエクササイズととらえる
  5. ひまなときも活動的に過ごす
シックに暮らす
  1. 良いもの以外捨てる(穴あきパンツ不可)
  2. いちばん良いものを「もったいないから」と取っておくのはやめる。毎日いちばん良いものを使う。
  3. 予算内でいちばん良いものを選ぶ
  4. 質が良くておいしいものに詳しくなる
物質主義に踊らされない
  1. 家のあらゆるものに置き場所を決めれば、散らからない
  2. 散らかるものというのは、家にあるけれどあまり気に入ってないもの
  3. 新しいものを買ってものを増やすのを控える。現代人は買う必要のないものまであれこれ買いすぎている
教養を身に着ける
  1. テレビの時間を減らす
  2. 本を持ち歩く
  3. 旅行する、新しいものに触れる

上述項目は本当に自分のライフスタイルに多々共通する項目群です。

テレビというのは本当に時間泥棒ですね。1日1時間見るだけ年間365時間ですから、実に15日間テレビに費やすことになります。

本は読者の血肉となり、その人の考え方に刻まれていきます。そして、その後の人生においての示唆に富む結果となる良書も多いことは読書家の皆様であればご存知の通りです。

「出来るだけ階段を使うようにする」というのは当ブログでも度々取り上げている生活スタイルになります。

【習慣化の威力】1年間毎日階段を60階上がると息切れしなくなった
【朗報】毎日階段上がりまくってると息切れしなくなることが判明 無類の階段好き、三菱サラリーマンです。 こちらの記事で以前記載した通り...

実践せねば、何も始まらない

今日から実践しようと思ったのは、こちら。

「家のあらゆるものに置き場所を決める」

これはよく親が言っていたことではありますが、全然実践していなかったことです。背景がわかったので今日から実践しています。

家の鍵なんかは、玄関のドア内側にフックを付けて、帰ったらすぐにドアの内側フックに鍵をひっかけておけば楽チンでオススメです。

身に着けるものは良いものを

そして、「穴あきパンツ不可、身に付けるものは良いものを」ということで、早速南大沢アウトレットに、Brooks Brothersの身に着けるものを買いに行きました。

断捨離して、衣替えという概念をなくす

この書籍がキッカケとなり、しばらく滞っていた断捨離を再開、断行しました。

量にして↓の写真の2.5倍ぐらいの量を一気に処理。売れそうなものはメルカリへ、着古したものは捨てます。

そして遂に、念願の衣替え不要な体制を構築。

これずっとやりたかったんですよね。この書籍を読み終わって、情熱が冷めないうちにやり遂げました。

衣替えが必要なくなるくらい、衣服の断捨離を行うと非常にすっきりしますし、衣替えという結構時間を食う作業を年に2回行う必要がなくなるのは非常に大きいメリットになりますので、ぜひやってみてください。

捨てるものなんかないと思っていても、いざタンスやクローゼットを掘り返し、床に並べてみると、全然着ていないものや、黄ばんでしまったシャツなどが必ず出てくるはずです。やるまでが大変ですが、やってしまえばその効果はかなり大きいので、やりましょう。

Best wishes to everyone!


フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする