映画「関ヶ原」で印象に残った1つのセリフ

映画「関ヶ原」で印象に残った1つのセリフ

将の将になるには、人がよすぎるやもしれん

映画「関ケ原」を見て一番印象に残ったセリフです。

石田三成が「義が不義に負ける世があってはならぬ」と感情をこめて言うシーンが何度かあります。そこで作中の石田三成を評する際に使われた言葉、それが冒頭のフレーズです。

たしかに、競争社会や大衆の耳目を集める際には、部分的にしたたかであったり、計算高かったり、そういった部分が求められる局面って確かにあると思うんですよね。

人がよすぎたり、義に厚すぎたりすると、それが歯止めになって好機や実利を逃したりすることって確かにあると思います。

とはいえ、本作で描かれる石田三成のように、自分の主義や信念を貫くことはひとつの美学として尊いものでしょう。本来の人格が「人がよすぎる」のであれば、別にしたたかに功利主義や実利主義に走る必要はないし、もちろん衆目を集めることが一義的によきこととはかぎらない。

そんなことをあらためて気づかされる作品でした。

淡々と自分の信条や主義に沿って、とはいえ硬直化せずに一定の柔軟性を備えた上で、日々を歩んでいくことがやはり肝要。それはやはり本作における石田三成のように、生き方に表れてくると思います。

Best wishes to everyone.

関連記事

映画系の考察・レビューは、以下カテゴリに記しています。

映画から学べることは、いくらでもあるでしょう。映画にかぎらず書籍・あらゆる事象において。

私が映画を見る目的【学べることは無限に広がっている】
私が映画を見る目的【学べることは無限に広がっている】 けっこう、物事の目的や意義を見いだそうとするタイプかもしれません。 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: