【NGG】ナショナル・グリッドは業績安定・高配当・配当成長の英国電力会社

ツイッター

出所:NGG Official Site

スポンサーリンク

【NGG】ナショナルグリッドは業績安定・高配当・配当成長株

ナショナルグリッドの特徴を簡潔にまとめると以下の通りです。

  1. イギリス・アメリカ北東部で送電・ガス供給事業を行う英国電力会社
  2. 売上高は世界15位も、時価総額は世界5位
  3. 業績安定、高配当、1株あたりの配当も右肩上がり
  4. ニューヨーク証券取引所にADR上場している為、日米で二重課税されず配当税率28%でなく20%。米国企業と比べて個人投資家にとって税制面で旨味あり。

上述事項を1つ1つ見ていきます。

まず、世界の電力会社の売上高ランキング、及び時価総額ランキングを見てみましょう。

世界の電力会社 売上高ランキング(2016年)

出所:Statista

売上高という観点からはナショナルグリッドは世界で15位に位置しています。

日本の東京電力 約5兆円、関西電力 約3兆円、中部電力 約2兆5000億円よりも少ない約2兆円ちょいの規模感で、そこまで大きくありません。

売上高1位・2位のEDF(フランス)、Enel(イタリア)はコモディティ関係の仕事をしている方はおなじみの企業ではないでしょうか。

EDFはフランス最大の電力会社、Enelはイタリアの大手電力会社で国内では独占的なシェアを有しています。

ちょっとマニアックかもしれませんが、石炭輸入の際にはEnel Inspectionと呼ばれる独自の検船システムを構築し、石炭の安定輸入を図っていることでも知られています。

世界の電力会社 時価総額ランキング

出所:Statista

米国株投資家ではおなじみのDUK、SO、Dなどに次いで世界5位に位置しています。売上高ランキングで15位も、時価総額では5位ということで経営効率に対する市場の評価をうかがわせます。

そして注目すべきは日本の電力会社がどこにも入ってきていません。売上高がある割に時価総額ランキングに顔を出さないということは、経営効率が関係しています。

日本の電力会社が経営効率、或いは事業環境やコーポレートガバナンスの観点で市場から評価されていない可能性を示唆しています。

【NGG】1株あたりの純利益(EPS)・配当(DPS)の推移

過去10年間、1株あたりの配当は右肩上がりで堅調に推移。

EPSも基本的にDPSを上回っており、現時点で危なっかしさはなし。

10年で配当は1.62→2.35と約1.5倍。

直近配当利回りは4.7%。

2016年EPSの急激な伸びは英国内のガス供給事業の61%を豪投資銀行マッコーリー(Macquarie)や中国投資有限責任公司(China Investment Corp)らのコンソーシアムへの事業売却による一時的なものです。

値は全てポンド建てなので、ポンドドルの値動きにも注目したいところです。

リーマン前に2.0を超える時期もありましたが、2016年9月のEU離脱ショックの際に1.20まで大幅下落。直近は1.20を底に緩やかに上昇し1.30あたりでの推移となっていますね。

【NGG】キャッシュフロー推移

営業キャッシュフローは安定していますが、電力会社というだけあって投資キャッシュフローが大きくなっています。

同社が手掛けるBlock Islandからの洋上風力送電事業

同社は足元で洋上風力発電施設からの送電も2016年に着手。Co2排出量の削減も掲げており、再生エネルギー関連事業への投資も積極的に行っています。

NGGはADR(米国預託証券)としてNYSEに上場

ADR(米国預託証券)とは、American Depositry Receiptの略称。もともと米国の投資家向けに米国以外の企業に自国通貨(ドル建て)で投資できるように作られたもの。外国企業の株式を信託銀行などの預託機関(シティバンク、ドイツ銀行、JPモルガン等)に預け、これを担保にADRという証券を発行し、通常の米国株式と同様に米国市場で売買可能に。

我々も今や日本の証券会社から米国市場へのアクセスは容易になっているので、米国市場のADRを通じて、英国や豪州などの企業に投資できるわけです。

そしてNGGはADRであり、英国企業のADRは概して米国での税金が課税されない為、日本の源泉徴収約20%さえ払えば良いので、日本の個人投資家にとっては米国で二重課税される米国本土企業の銘柄に比べて旨味があります。

確定申告で二重課税分は取り戻すことができますが、セミリタイア後の確定申告による国民健康保険料等のコストアップを考慮すると、やはりADRという税制面でメリットのある企業は魅力的なのです。

NGGの株価推移(10年間)

直近で少し下げており、これは買っても良い水準だと判断しました。

ということで150株購入です。

直近配当利回りは4.7%で配当月は1・8月。

これで1月の配当は10万円を超えてきそうです。

配当金を積み上げていくのは本当にたのしいです。

Best wishes to everyone!

関連記事です。

新規購入に伴い、ポートフォリオを更新しました。

29歳のポートフォリオ - 2017年12月
三菱サラリーマンのポートフォリオ - 2017年12月 以下簡単に私の保有銘柄になります。 米国株(ADR含む) iシェアーズ米...

同じくADRのウエストパック銀行(WBK)も高配当かつ人口増加と堅調な経済成長を背景とした豪州でのビジネスということで、注目銘柄としています。

【WBK】ウエストパック銀行のEPS・配当・株価の推移 & 180株購入しました。
【WBK】180株購入しました。(2017.5.27) Good Saturday Morning! 今月の給与収入の手...

日本では歯磨き粉のシュミテクトや風邪薬のコンタックでおなじみの、英国製薬会社グラクソ・スミスクラインも高配当ADR銘柄です。

【GSK】グラクソスミスクラインのEPS・配当・株価の推移 & 配当金を受け取りました。
GSKから四半期配当を受け取りました 1株あたりの配当 :0.571154ドル 所有株数    :30株 直近配当利回り ...
Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする