「フローズン」という映画はかなりグロい

ツイッター
スポンサーリンク

もはやホラーの領域

金土日しか営業していないスキー場で、リフト代を若干せこくケチったり、友人の彼女がどんくさい等々の要因によって、日曜の夜にリフトに取り残されるお話し。

リフトの係員も全員リフトを降り終わったと勘違いしてリフトの営業を停止するわけです。

そのリフトに取り残される男2人・女1人の合計3人。。

その3人はなかなかハードでエグい結末を迎えます。

1人は、リフトから落ちた挙句、着地する際に骨折して膝から骨がそのままモロに突き出たまま絶叫、その匂いを嗅ぎつけたのか1匹のオオカミがやってきます。

なんとかリフト上の仲間がスノボを投げてオオカミを一旦は追い払うも、今度はオオカミが徒党となって数匹引き連れて現れます。こうなると足を使えない人間は多勢に無勢。

なんとそのままオオカミに食い殺されます。

もう一人も凍傷にかかったり、手がボロボロになりながらもリフト間をぶら下がりながら柱までたどり着いて無事、地上に戻るもオオカミに追いつかれてまた食い殺されるというもう相当に凄惨な状況。

結局、この最悪の状況の原因を作った女性1人が、奇しくも生き残るというなんとも言えない結末・・・。

結構映画が好きなので株主優待や女神のHuluを用いて映画を多数見てますが、この映画は現時点では今年一番印象に残ったやもしれません。

Best wishes to everyone..

Twitter
スポンサーリンク

SNSでシェアする

フォローする