FIREにおける「4%ルール」に対する私の見解

FIREにおける「4%ルール」をどうとらえるか

FIREにおける通説・理論的根拠のひとつに、「4%ルール」なるものがあります。

4%ルールとは、平たく言うと「米国では過去において、米国株S&P500と債券に投資をして毎年4%ずつ取り崩して生活していくことができた」という、いわば過去一定期間のデータから導き出された傾向です。

具体的には、「1926~1995年の70年間において、株式50%・債券50%のポートフォリオで年率4%取り崩しで30年後に資産が95%の確率で残った」という過去のデータです。

この4%ルールは、拙著「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」ではまったく触れていません。それには明確な理由があります。

以下ご質問をいただいています。率直に記してみたいと思います。

ご質問

題名: Fireの前提条件についてお尋ねします!

メッセージ本文:
穂高さん、こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
お尋ねしたくてご連絡さしあげました。
私はS&P500を中心に投資を継続しており、fireに関心があります。もうすぐ視野に入りそうです。
そこで、お尋ねですが、4%ルールってありますよね。
総資産の4%を毎年取り崩しても、資産は減らない(はず?)という説ですが、日本でも通用するのでしょうか。
ルールというか経験則でしょうか。穂高さんのお考えをよければお聞かせください。
よろしくお願いいたします。
穂高さんでしたら、日本でfireするとして、何パーセントに設定されるでしょうか?

4%ルールというのは、冒頭の通り、あくまで過去の傾向を語ったものであり、将来を規定できるものではありません。

これは配当金や米国株の将来も同様に、あくまで将来を保証できるものではないですね。

たしかに数字というのはわかりやすく、また期待を持たせやすいものでもあると思います。

「4%ずつ米国株と債券を取り崩していけば、資産を枯渇させないことが期待できる」というのも、FIREにおける一種の通説と言えるでしょう。もっと言うと、いわば「大衆にインパクトを与えやすいセンセーショナルさ」という意味では看板のようなものかもしれません。

ただし誤解を恐れず率直に言うのであれば、あまり依拠しない方がよいと思います。

  • あくまで過去に、
  • しかも米国での統計を用いて、
  • 米国のインフレ率や被験者を想定して導かれた数字

日本に当てはめるには、インフレ率の違いや為替など、あまりに追加的な仮定や前提条件が増え過ぎます。本当に「参考程度」にとどめた方がよいというのが私の率直な考えです。

私が今でいうFIREをめざしていた頃は、4%ルールというものが耳に入ってきていなかったということもありますが、たとえ耳に入ってきたとしても特に参考にもしていなかったでしょう。

元も子もないかもしれませんが、なぜなら、人様は人様、自分は自分であり、人によって何%が必要かは「FIRE後の収入・支出・家族構成・人的資本の運用具合などあまりに変動要因が多すぎる」からです。

私なら一律に数字を使って将来を想定することはないと思います。

他者の他者による過去の統計から導かれた数字を参考にするのではなく、自分なりに考えたアプローチの方が、あらゆる面で応用が効くと思います。

拙著「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」で4%ルールに一切触れていないのは、そういう理由からです。

ずばっと言ってしまったかもしれませんが、情報を色々と入れてしまうのはよい面もあり悪い面もあります。

先に情報を入れてしまうと、他者の良いとこ取りはできても、自分なりの考えは醸成されにくくなります。

4%ルールひとつ取っても、その裏に前提条件が多々あります。米国株の成長性・税制・インフレ率・政策など。私は変数が多いシミュレーションには興味がないのです。じゃあ変数が少なければ良いのかというとそうでもありません。変数が少ないと一般化することになるのでやはり一個人の参考にはならないと考えます。

また、私は資産の定期取り崩しという考え自体は理論として理解はできるものの、自分がその手法を実践することは現時点ではまずないです。それなら増配していく株を保有して配当金で定期的に現金化する形や自分の裁量において取り崩す方がしっくり来ます(個人の嗜好にもよるため、あくまでご参考まで)

FIRE直後には同様の考えをこの記事で記しています。

私がFIREを達成するまでインデックス投資をしなかった理由
私がFIRE達成するまで、インデックス投資をしてこなかった理由 私が上記FIREを達成するまで採ってきた投資手法は以下の通りです。...

ハードルは高く感じるかもしれませんが、ゼロベースで一から考えて、自分ならどういう数字を設定するか、そもそも数字を設定するよりも「自分にとって道楽と思える興味ある活動がなんなのかを追求する」ことが、数字全てを覆せる本質的なことだと思うかもしれないですよね。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone.

関連記事

どんな常識・通説・統計も、まずはある程度は疑ってかかることが肝要と思います。

【常識を疑え】人生の大きなイベントにかかる出費をどう見積もるか【結婚・住宅費用など】
ご質問 三菱サラリーマンさん、こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。 毎朝、日も昇らないうちに目...

通説が個人にとって参考にならない好例です。

セミリタイア後に収入が減るとは限らない
セミリタイア後、収入はどうなったか【扉が閉じても、別の扉が開く】 「セミリタイアすると、給与収入分が純減する」 「セミリ...

主体的に考えることは、どんな局面でも生きてくると思います。

私が考える「FIREに向く人・向かない人」
私が考える「FIREに向く人・向かない人」 先日、取材で「FIREに向く人・向かない人はどんな人だと思いますか」というお題がありま...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: