一般口座の日本株・ベトナム株を一旦すべて売却したお話

日本株・ベトナム株の一般口座をすべて売却

5年超にわたって一般口座で保有してきた日本株・ベトナム株を今週すべて売却しました。

売却した理由

理由は以下2点です。

  1. 管理が手間
  2. 確定申告が煩雑

私はほとんどの銘柄を特定口座(源泉徴収あり)で保有しています。ただし、ベトナム株参入当初、SBI証券に一般口座扱いしかなく、日本株も当初は一般口座だったのです。

一般口座は、配当の記録・確定申告などに手間がかかります。

いずれも貢献銘柄たち

同口座には、虎の子とも呼べる貢献銘柄たちがいます。

貢献銘柄たち
  • ベトナム株:VHC・FMC
  • 日本株:ヒノキヤグループ、カナディアンIF、スターツREITなど

  • ビンホアン・サオタ食品・ヒノキヤグループなど、買値に対する配当は10%超、株価も倍。
  • カナディアンも配当8%、キャピタル、下落耐性と三拍子。
  • 特にビンホアンは昨年1:1の株式配当実施後も、株価回復。半年で実質倍化。

とある人

はいはいもうわかったで〜

たまたま一般口座の銘柄がよかっただけです。高言ご容赦ください。

いずれにしても良好な株を長く持っていると、こういう形で報われやすい一例と思います。

あくまで今回の売却は、口座整理の一環であるため、機を見て特別口座で再参入の予定です。

一般口座は、現状メリット見いだせない

これから株式投資を始める方は、基本的に特別口座(源泉徴収あり)でよいと思います。

記録は証券会社がやってくれます。確定申告の際も年間取引書を転記すればOKです。一般口座のように銘柄ごとに売買履歴を入力不要。遥かに簡便です。

Best wishes to everyone.

関連記事

特定口座には、「①源泉徴収あり・②源泉徴収なし」があります。基本的には①でよいですね。ただ、特定の状況では②がよいこともあります。

特定口座の「源泉徴収あり」か「源泉徴収なし」 どちらにすべきか
特定口座の「源泉徴収あり」か「源泉徴収なし」 どちらにすべきか ご質問 題名: 米国株投資の特定口座(源泉徴収あり又...

特定口座での損だしについては、注意点があります。なお、損だし目的の確定申告の際は、総合課税ではなく分離課税で申告する必要があります。

「特定口座で損出し→同日に買戻し」は要注意!取得単価が平均化されます。
そろそろ必要に応じて損出しを活用したい時期ですね。 「特定口座(源泉徴収あり)で損出し後、同日に買い戻し」について、注...

保有期間の長期化に伴い高配当化していくと、経済的自由達成にも寄与します。

「年間配当金>年間生活費」というFIREに明解な指標、どう機能させるか
「年間配当金>年間生活費」はセミリタイア・FIREに明解な指標。どう機能させるか。リタイア後の投資戦略とは。 株式投資 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: