下落局面での投資行動を考える、2つのポイント

下落局面での投資行動を考える、2つのポイント

ご質問

初めまして、三菱サラリーマンさんより10は上と思われるサラリーマンです。

投資経験はそれなりにありますが米国には目が向いていませんでした。

これから一念発起して、配当金ベースでの投資に切り替えようと思ってます。特にSPYDは魅力を感じてますが、投資信託でも下落局面でも売らないというのが方針でしょうか?

損切りとかを考えてしまうのですが、ご意見頂けたら幸いです。

ご質問ありがとうございます。

下落局面での投資行動において、ポイントは以下2つ挙げられます。

  1. 投資をするという、そもそもの意味を再確認する
  2. 自身の方針が何なのか

①「投資をする」そもそもの意味を再確認する

投資をする際の前提条件として、まず以下3つを確認したいところです。

すると、その前提に沿った合理性ある選択が見えてくると思います。

  1. まず、そもそも投資をするということは、「価値が将来的に向上すると思しきものに、資本を投下する」ということですね。
  2. 米国株へ投資する場合、「米国の資本市場・株式市場が今後も継続的に成長する」という可能性に賭けることを意味します。
  3. そしてさらに、大前提として「現行の近代資本主義という社会システムがなんらかの形で今後も継続する」という条件があります。

以上述べた前提に沿うと、下落局面での投資行動は、「売らずに買い増しすること」が合理的になります。なぜなら前提として、投資対象の成長性にBETしているからです。

逆にいえば、「米国株の将来」「近代資本主義の継続」が信じきれなくなった場合は、盲目的にホールドすることは合理的な選択とは言えなくなります。

つまり、「自身の投資シナリオ、賭けるシナリオ」によって変わってきます。ただ、上述3つの前提が満たされる限りは、下落局面でも売らないことが合理性を帯びるということです。

なお、私も上述3要素含め自身のシナリオが崩れない限り、売りません。そして例え一部銘柄のシナリオが当面崩れたように見えても、分散でカバー可能であり、分散を弊ブログでは推しています。

②自身の投資方針を再確認する

結局は、「自身が投資に何を求めるか」が関わってきます。

  1. 仮に20年後の配当金のために投資をし、さらに先述3要素を満たしているのであれば、目先の株価を見て一喜一憂する実質的な意義は、見いだせません。
  2. 逆に、短期的に大きな利益を得るために投資をしているのであれば、下落は短期シナリオが狂うことも意味するので、売って戦略を考え直すことも選択肢になります。

何を求めるかということですね。それによって適すると思しき解も、千差万別です。

配当金をベースとした投資を考えてらっしゃるとのことですから、その場合、先述3要素を満たすのであれば、下落局面は値下り分が追加的に配当金を多く増やす好機になり得るので、買い増しチャンスにもなります。

つまり、その場合やはり売らずにむしろ買い増すことに合理性を見いだすことができます。

ちなみに

ちなみに、SPYDにご興味とのことですね。VYMを混ぜるのも一案と思います。セクター・性質の分散を図る形です。

ちなみにコロナ以降は、SPYDはボラティリティが高めです。これは一長一短、

  • 値幅を取りやすい(購入タイミングによって、損益が良くも悪くも伸びやすい)

ことを意味することも、ご参考まで付記しておきます。

まとめ

  1. 投資をするという、そもそもの意味を再確認する
  2. 自身の投資方針を再確認する

下落局面での投資行動を考える際、上述2点を再確認しておきたいところです。

さすれば、自ずと方向性が明確になると思います。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

利金という意味では直近機能が落ちた債券ですが、下落局面を想定すると過去良好なポートフォリオです。

レイ・ダリオの全天候型ポートフォリオはリセッションを控えた局面で、有用である
2019年8月当時の記事です。レイ・ダリオのポートフォリオについて改めて確認しておきましょう。 リセッションを遠くない将来に控...

リセッションでどの程度さがったかを把握しておくことも、心理的に有用ですね。

過去リセッションで株価は何%下落したか【リセッションと株価の相関性】
NYダウやS&P500が史上最高値を更新し、米国株式市場は引続き絶好調な今こそ、リセッション(景気後退)について身構えておき...

投資を始めるタイミングでも、前提条件が関係してきますね。

米国株投資を始めるタイミングを考える際、重要な3つのこと
米国株投資を始めるタイミングを考える際、重要な3つのこと ご質問 突然の質問、失礼致します。 私は、現在24歳で社...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:

コメント

  1. 井上昂宏 より:

    はじめまして

    私はアラフォーで普通のサラリーマンです。

    穂高さんの出版された本を早速拝読させていただきました。
    (ちなみにKindleで購入して職場の後輩には本をプレゼントしてました。)

    読後さらにSPYDのみに積み立てる戦略も1つではないかという考えがより強くなりました。

    私にとっての投資のKPIは配当だからです。

    過去に売却益をいただいたことがありますが、一回だけキャピタルゲインの売却益をいただいてもあまり嬉しくなかったのを覚えています。

    相当な資産家であればVTIやVTのみの運用に憧れるのですが、
    配当が少ないためその戦略は取れません。

    私は今後もアメリカ一強という状況ばかりは続かないとも考えていますが、
    ・今後も人口が増え続けること
    ・広大な国土
    をこれらを考えるとアメリカが大ゴケする可能性は低いと考えております。

    穂高さんは著書の中でも色々な個別株やETFを組み合わせて投資をされていますが、
    SPYDのみに積み立てていくという投資戦略に対してどのようにお考えでしょうか?

    もちろん投資は自己責任であることは理解しております。