S&P500は小動き

S&P500は小動きを経て、大きく動くのか

今週のS&P500は小動きですね。

4月・5月は小動きが続いたあとに大きく動き(下落し)ました。

ただし、当時は下落トレンドの真っただ中。現在は短期的には上向きの形状を示現してきたというところ。

年初来で見ても、現在は中途半端な位置で、短期ポジションは動きにくそうですね。

個人的にも長期ポジションはそのままにしつつ、短期はすこし様子見となりそうです。

注目は引き続き半導体指数(SOX)。

原油と同様、好不調が循環する構造であってきたので、谷のときに仕込むことが基本ですね。

様子を少し見ています。

あとは為替ですね。「ドル高ならドル売りでリバランス」という方針はそのままとして、時々見ています。

関連記事

先週分はこちら。

S&P500はダブルボトム形成から続伸、通例の定義ではリセッションへ
S&P500はダブルボトム形成から続伸 今週のS&P500は、週初めにやや押し目を形成したあと連騰。4,100を約...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日: