【QQQ】コロナ前の水準を早々に回復、NASDAQ100連動ETF【ITバブル期なみに好調】

今回のコロナショックで印象的なのは、今までのセクターの動きや特徴とは異なる動きを見せたことです。特にハイテク株の動きですね。

そして象徴的なのが、米国株ETF【QQQ】が真っ先にコロナショック前の水準を回復したことです。

この現象が、

  1. ITバブル期のような熱狂なのか、
  2. 「社会インフラ」とも称されるように時代の転換点を過ぎた象徴か

は時間が証明しますが、目下好調の【QQQ】について、以下取り上げておきます。

【QQQ】コロナ前の水準を早々に回復、NASDAQ100連動ETF【ITバブル期なみに好調】

【QQQ】は一言でいえば、「今後もハイテク株・新興市場の隆盛が続き、高パフォーマンスを維持する」というシナリオにBETしたい投資家にとって、選択肢となるETFと言えます。

【QQQ】NASDAQ100に連動するETF

QQQの基礎データは、下表の通り。

名称 インベスコ QQQ 信託シリーズ
ティッカー QQQ
インデックス NASDAQ 100指数
設定日 1999年3月10日
運用会社 インベスコ Ltd.
信託報酬(年率) 0.20%

  • NASDAQ 100とは、「米国の新興市場NASDAQに上場する、時価総額上位100銘柄で構成される指数」です。後述の通り、ハイテク産業が中心です。
  • 信託報酬(手数料)は低位で問題ありません。

【QQQ】トータルリターン

以下2ケースで、市場平均(S&P500)と比較します。

  1. 2010年~2020年4月
  2. 2000年~2020年4月

リターン(2010年~)

青:QQQ、赤:S&P500

過去10年では、QQQがS&P500を上回るリターンです。

リターン(2000年~)

青:QQQ、赤:S&P500

2000年~では、S&P500を下回ります。ITバブル崩壊により、ハイテク株・新興市場が市場平均よりも暴落したことが響いています。

このように、「時間軸をどう取るか」で受ける印象が変わる点には、注意が必要です。

【QQQ】構成銘柄

ティッカー 社名 構成比率(%)
MSFT Microsoft Corp 11.9
AAPL Apple Inc 11.5
AMZN Amazon.com Inc 10.0
FB Facebook Inc 4.3
GOOGL Alphabet Inc 4.0
GOOG Alphabet Inc 4.0
INTC Intel Corp 2.7
NVDA NVIDIA Corp 2.1
NFLX Netflix Inc 2.1
PEP PepsiCo Inc 2.0

マイクロソフト・アップル・アマゾン・グーグルなど、今をときめく銘柄で構成されています。

いわゆる「GAFAM」で当該ETF全体の45%を占めます。これら銘柄のさらなる成長にBETする場合に好適なETFと言えそうですね。

【QQQ】セクター構成

今をときめくハイテク系で全体の67%と過半を占めます。(厳密にはCommunication Servicesセクターに「ベライゾンなど通信系」もやや含まれます)

トピック:「NASDAQ ÷ S&P500」は、ITバブル期なみに高騰

絶好調のハイテク株ですが、短期的には気になる指標も出てきています。

下図はNASDAQをS&P500で除したグラフです。

ITバブル期なみに、NASDAQが市場を牽引。短期的には過熱感も意識したいところか。

背景に、直近でさらにNASDAQが市場平均(S&P500)を上回る好調ぶりを見せていることが挙げられます。

NetflixやAmazonなど、ウィズコロナで恩恵を受ける銘柄が象徴的であり、これらはNASDAQの主要構成銘柄です。

まとめ

目下、GAFAMに代表されるハイテク株が隆盛を極めています。

QQQは、「これらが市場の期待を上回る成長をさらに遂げ、高パフォーマンスを維持する株価が形成されることにBETしたい投資家にとっては、選択肢となるETF」と言えます。

ただし、注意しておきたいのは、古くはIBMから、エクソンモービルなどもそうであったように、「今をときめく銘柄」というのは、時代と共に移り変わってきました

そして、セクターごとに栄枯盛衰は循環する傾向が見られてきたのが、株式市場でもあります。

今後もこれら銘柄がときめき続け、市場期待を上回る方に賭けるのか否かで、投資判断が大きく変わってくる投資対象ですね。

Best wishes to everyone!

コロナショック後のセクター別騰落率です。やはり強いのはヘルスケア・生活必需品ですね。今回はそれに加え、ハイテクでした。

【セクター別】コロナショック後の騰落率(下落開始から1か月経過時点)
【セクター別】コロナショック後の騰落率(下落開始から1か月経過時点) 早いもので、コロナウイルス(COVID-19)の拡大を発端とした下落...

ハイテクの隆盛も果たして新常態となるのか、注目ですね。

マイナス金利が常態化するという異常事態は新常態となるのか
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」 これは特に日本で顕著かもしれませんが、多かれ少なかれ人間においてこの現象はありますよね。 ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: