【AI崩壊 レビュー】予想させるストーリーでありつつも、最後まで見させる作品。

【AI崩壊 レビュー】予想させるストーリーでありつつも、最後まで見させる作品。

正直、SFを筆頭に「この手の邦画はアメリカのスケール感と比べると、、」と思っていました。

AI崩壊は、そんな浅薄な考えを覆してくれるものがあります。

AI崩壊というと、「ターミネーターと同系統の作品なんやろなぁ」とまず思いました。

確かにAIが暴走し、人間を殺そうとする点では酷似しています。でも、それだけではない良さがこの作品にはありました☘️

本作品の制作に関わった方々、ありがとうございます。」と思わず感じてしまう作品でした。

「AI崩壊」の良さ

この作品の良さを箇条書きにするとすれば、以下通りです。

  • 映像の綺麗さ
  • 映像のリアルさ
  • AIのリアルさ
  • 人の温かみ
  • エンディング曲の親和性

「AI崩壊」というタイトルが示唆する通り、なんとなく劇中から最後の結末まで「全く予想がつかない」というよりは、「ある程度、想像のつく結末」です。

それなのに、途中で飽きさせることのない「最後まで見させる」作品でした。

「邦画やし…」とか思ってた浅薄な自分を殴打したいです。大変申し訳ございません。

地味に映像の綺麗さも、本作品に花を添える黒子的な役割を果たしていると思います。

特にAIが歌う、エンディング曲「僕らを待つ場所」が流れるエンドロールは、素晴らしく親和性のあるものでした。

あと、個人的には以下2点も注目。

  1. 大沢たかおさんのムキムキ具合
  2. J Soul岩田さんのイケメン具合

この2つも、目に焼き付ける形になります(笑)。あと三浦友和さんも物凄く良い味だしてました。

人の温かさも感じることのできる作品だと思いました。

素晴らしかったです!ごちそうさまでした。おすすめできる映画でした。

Best wishes to everyone!

ジャンルは全然違いますが、以下もおすすめできる作品です。

【レビュー】「6才のボクが、大人になるまで」は妙に印象に残る傑作
「6才のボクが、大人になるまで。」という映画、ご存知ですか? 12年間キャストを一切変えず、登場人物が自然に年を取り、その家族の人...
【全てのトンが見るべき映画】ちょっと今から仕事やめてくる
本記事は、「セミリタイアへ足を踏み出した時期から起算して2年前の、2017年」に書いたものです。 今読み返してみても、...
スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日: