「お金はあるに越したことはない」という気持ちで貯金するのが嫌になってきた。というご相談。

「もともとは仕事を辞めたいというモチベーションの下、貯金・投資をしていたものの、仕事が嫌ではなくなった今、これといった目標なく「お金はあるに越したことはない」という気持ちで貯金するのが嫌になってきた」

という方からのご質問です。

確かに「主たる目標がなく、お金が目的化」してしまうと、こういった気持ちになることは往々にしてあると思います。

以下回答申し上げます。結論的には、下手なことは言えませんがご質問者さんの場合は、貯蓄・投資は続けた方が良いのでは、と私は思います。

「お金はあるに越したことはない」という気持ちで貯金するのが嫌になってきた。というご相談。

ご質問

題名: 質問でございます。目的の資産形成がつらくなってきました。

メッセージ本文:
一度質問させていただいた三菱OLと申します。

本日はご相談がございましてメールいたしました。

私は社会人2年目なのですが、
入社当時は仕事が嫌で、アーリーリタイアしたいと考え
節約と米国株中心の投資を行い、600万円ほどになりました。

もともと、仕事を辞めたいというモチベーションの元、貯金・投資を始めたのですが、仕事が慣れてきて、「好きではないけど、やめたいとも思わない」という気持ちになりました

これといって欲しいものもなく、目標・モチベーションがないまま、ただ漠然と「お金はあるに越したことはない」という気持ちで貯金をしているのが嫌になってきました

仕事もそこまでモチベーションもなく、アーリーリタイアのための資産形成というモチベーションもなくなり毎日適当に過ごしています。

三菱サラリーマン様にお伺いしたいのは
アーリーリタイアを決意してから気持ちがぶれたことはあります
また、そのような時にどのような考え・行動に至ったか教えていただきたいです。

以前ブログでおっしゃっていた夢や目標に関してどのように見つけたか教えていただきたいです。

もし、可能でありましたらブログ内でご回答いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

「好きではないものの、仕事をやめたいと思わない気持ちになった」というのは、よかったと外野が言うのが適しているのか簡単ではありませんが、よかったですね。

他に目標や願望があるなら別ですが、特段ないのであれば、「やめたいと思い続けて働く」よりも、「やめたいと思わない気持ちで働く」方が、精神衛生上、好ましい事と思います。

これといって欲しいものもなく、目標・モチベーションがないまま、ただ漠然と「お金はあるに越したことはない」という気持ちで貯金をしているのが嫌になってきました。

これは本当にその通りなのだろうと思います。

確かに「お金はあるに越したことはない」というのはその通りなのですが、主たる目標や目的がない中で、お金を主たる目的に(=この場合では「貯金」)すると、「自分はなんのために働いて、なんのために貯金しているんだろう」となりがちかもしれません。

お金は「ある一定の水準・金額」を満たしさえすれば、あくまで主たるものではなく、「副次的なもの」であったり、「手段」という形でその重要度が下がるということです。

以上述べた意味でも、やはり人生には、「目標や夢があった方が張り合いが出る」というのは、自身の経験上も、間違いないと言えます。

ではご質問の以下2点について回答申し上げます。(1つ1つが長くなるので、2番目は別途明日回答します)

アーリーリタイアを決意してから気持ちがぶれたことはあります
また、そのような時にどのような考え・行動に至ったか教えていただきたいです。

以前ブログでおっしゃっていた夢や目標に関してどのように見つけたか教えていただきたいです。

アーリーリタイアを決意してから、気持ちがぶれたことはあったか

まず、アーリーリタイア(※1)を決意してから気持ちがぶれたかということですが、それはありませんでした。

(※1)…ここでは広義のアーリーリタイア、つまり、リタイア後に何もしないのではなく、「早期に会社を辞めるという行為」のみを指すアーリーリタイアと解釈します。逆に狭義のアーリーリタイアとして、「退職後なにもしない」という語義を一方でここに定めておきます。

なぜなら、そもそも私の場合は、「一度きりの人生を主体的に描きたい・デザインしたい」という気持ちが根底にあったからです。いつ死ぬかわからないから、ということもあります。

つまり、「組織や仲間と何かを達成する醍醐味や楽しさ、組織での数々の貴重な経験、仕事を通して得ることができた知遇」等々のメリットはもちろんある一方で、労働契約論(※2)的に言ってしまえば、

(※2)…労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことを内容とする労働者と使用者の間の契約(労働契約法6条)

金銭を受領する引き換えとして、

  1. 出社時間
  2. 退社時間
  3. 出社場所
  4. 共に働く人
  5. 業務内容
  6. 居住地

これら要素を全て自身で主体的に選べないという「地理的・物理的・時間的拘束性」が、「一度きりの人生を主体的にデザインしたいという気持ち」と全く相容れないものであったからです。

つまりこれらは、サラリーマンというスタイルの根源的な要素で、一朝一夕で個人が変えるのは難しいものがあります。

そのため、アーリーリタイアへの気持ちは、波の高低はあれど、大きくぶれることはありませんでした。

別にぶれなかったから凄いわけでも良いわけでも全然なく、個人の嗜好、そして志向次第ということですね。

セミリタイア・アーリーリタイアの適性要素の1つとは

そういう意味ではセミリタイアやアーリーリタイアというのは、適した性質、つまり適性というものは存在すると思います。

セミリタイアまたはアーリーリタイア後、何をすれば良いかわからない

こう感じる人も、中にはいらっしゃると思います。こう感じる方は、念頭に目標や達成したいことがないからこそ、そう思うのかもしれません。(「目標や達成したいことがないことが良くない」と言っているわけでは勿論ありません)

逆に言えば、セミリタイアやアーリーリタイアをしてまで望む確固たるライフスタイルや生き方がないのであれば、アーリーリタイアしたいという思いがブレる要素になりそうです。

若年期における貯金・投資の性質

ご質問者さんの場合で言えば、「仕事を辞めたくて貯金や投資を始めたものの、今となっては仕事がそこまで嫌ではない」ということであれば、若い今のうちに、貯金や投資のスピードを遅めて、自分が価値を感じるものに一部投じるのもやはり一案になってきます。

貯金・投資 ⇔ 若年期における金融資本価値

特に投資は、将来における金融資本の価値を最大化させる行動です。この行動は、若年期における消費性向とはトレードオフの関係にあります。

つまり、ご存知と思いますが、貯蓄や投資によって将来の資産を最大化させる行為は、若年期に消費に回せる額を限定しますよね。

賢明な若い投資家の方々は、この事実を認識した上で、投資をしていることだろうと思いますが、ここを認識せずに貯蓄・投資をすると、後悔の種になりますからやはり認識しておく必要があります。

たとえ目標がなくとも、貯蓄・投資を続ける価値は「ある」

しかし特段欲しいものがないということであれば、無理にお金を使う必要もありません。

試しに何かに消費してみて、価値を感じなければ、淡々と貯蓄・投資は続けていく形で良いかと思います。あって困るものではありません。

若いうちは貯金なんかせず思う存分遊べ

若い自分に投資せよ

これらは世に溢れる言説ですが、正しい一面もあります。しかしそれでも貯蓄・投資は続けることを勧めます。(後段の関連記事に記載の通り、そもそも遊ぶことと貯金は両立しないことではありません

まとまった金額が出来始めると、「このお金をどうしようか」と、現有資産を活用する発想に移りやすくなります。

活用の仕方は、投資であろうと、勉強であろうと、発散であろうと、いずれにせよ薬物などに手を出さない限り、プラスの方向に働く可能性が広がります。お金まわりの知識があるか否かで、その後の人生は大きく変わりますし、埋めがたい差が生じます。

これは結局、先に述べた「若い自分に投資せよ」という言説を、回りまわって結果的に満たすことにもなり得ます。

お金まわりの勉強をすることで、結果自分の人的資本を高めることになり得るということですね。

更に、当初会社を辞めたいと思っていたのであれば、なおさら今後またどう思われるのかわかりません。

特段欲しいものがないという条件下であれば、私なら貯蓄・投資をわざわざ止めることはせず、そのまま継続します。

その資本が活きる局面は、どのような生き方を選ぶにせよ、早晩やってくるはずです。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

本記事の内容に関連して、若年期における貯蓄についての1つの考え方です。

「若い時はお金なんて貯めずに使って遊べ」という虚言
「若い時はお金なんて貯めずに使って遊べ」という虚言 ご質問 三菱サラリーマン様 いつも楽しく拝見しております。...
公開日:2019年11月14日

コメント

  1. 三菱OL より:

    ご回答頂きありがとうございます。
    会社員を続けることによる代償を改めて実感することができました。
    また、貯蓄をする意義を示してくださったおかげで、貯蓄・投資を続けようと思いました。せっかくなので、一部は今までかけてなかったようなこと使ってみます。
    本当にありがとうございました。