会社の嫌なこと、ストレスを素敵に昇華する方法【え?ブログで?】

会社で嫌なことがあっても、素敵に昇華する方法

企業戦士、もとい豚舎のトン(豚)の皆々様、日々お疲れさまです。三菱サラリーマンも時々疲れます。

会社に行っていれば、時折嫌なことの1つや2つはあるでしょう。嫌なことが全くない・ストレスを一切感じないという方におかれましては本記事からそっとご退出ください。

これまず嫌なことがあると、人間ってどうしてもうつむきがちになるというか、考えがネガティブな方向に行きがちです。

嫌なことがあると、満面の笑みでスキップしだす人はまずいないでしょう。

自分にフォーカスするな、ネガティブをまず断ち切れ

「このネガティブな方向に行くのをまず断ち切ること」が真っ先に必要です。

どうすればいいかと言うと、とにかくアウトプットしましょう。Youtubeでも、ブログでも、Voicyでも、ノートに書き出すでも、方式はなんでも良いです。

とにかく外に排出する、つまりアウトプットしましょう。

種々の俗に言う自己啓発本に書いてありますよね。「不安をノートに書き出すと、意外とそこまで不安な要素が多くないことに気づきます」とか。

配偶者や友人に愚痴るのも、”外に排出する方法” の1つです。

はい、ここでストレスを外に排出する方法をいくつか挙げました。



ストレスを外に排出する5つの方法

1.Youtube

2.ブログ

3.Voicy

4.ノートに書き出す

5.配偶者や友人に話す

この中でおすすめなのが1~3のYoutube・ブログ・Voicyなどのプラットフォームで1つのコンテンツとして送り出すことです。

共有知として参考になると、正のスパイラル開始

なぜこれらがオススメなのかと言うと、自分が思った以上に他人の参考になる可能性があるからです。

  1. どのような状況で何を感じ、
  2. どのような行動や対策を採り、
  3. 結果どうなったのか、
  4. 何を目指すのか

等々を共有すれば、何かしら参考になる可能性が高まります。

しかも、ひとたび「参考になりました!」というコメントが届こうものなら、人間って結構「もっと参考になることないかな…?」とかいっちょまえに思い始めます。少なくとも私はそうです。

そうすると、自分が悩んでいたことやストレスに感じていたことを共有知としてYoutubeやブログというプラットフォームを通じて世に送り出すことで、以下のような流れになります。

ネガティブ→あれ?ポジティブ

会社で嫌なことがある(ネガティブ!)

ストレス溜まる(ネガティブ!)

共有知としてアウトプットする(お?)

誰かの参考になる(おお?)

「参考になりました!」というポジティブコメント頂く(あれ、なんかポジティブになってる?

参考になることはないかな?と考え始める(あれ、ネガティブだったのに、いつのまにか人のために行動起こしてる?ポジティブなってるやーん!

このサイクルを何度か経験すると、何かストレスがたまることがあったり、嫌な思いをすることがあるじゃないですか。

そうすると、なんと、「あ、これ他にも同じことで悩んでる人絶対いるよな…」とか勝手に考え始めます。

そして、「その人のために何か提言できることや参考になることないかな…」とか考え始めます。

こんなの、Youtubeやブログというプラットフォームを通じて情報発信してなかったら、確実にこの考えに至ってなかったと思います。

で、もはやこういうこと考え始めると、完全にネガティブ思考どころか超絶ポジティブ思考になっています。

だって、自分が嫌な思いしたのに、いつのまにかそんなことより他人に発信することにフォーカスしてるから。

自分が嫌な思いをしてそのことについて考えるのって、フォーカスする対象が完全に自分になっちゃってるんですよね。そこで上述のように他人に発信するという行動に昇華すると、それイコール、「フォーカスする対象を他人に向け始めることになる」んです。

はい、これで完全に冒頭で述べた「ネガティブ思考を断ち切る」ことになり、断ち切るどころか思いっきりポジティブ思考に転化させることに成功します。

これ、個人的には結構ブレイクスルーなんじゃないかと勝手に思ってます。

だって、嫌な思いしても、嫌な思いしてる自分とか完全にそっちのけで、フォーカスする対象が他人になるんですから。

This is 最強のソリューション

Best wishes to everyone!

ストレスは浪費にも繋がります。その際のポイントは自身の価値観を明確にしておくことです。

ストレスによる浪費を克服するには、目標を明確化しておくこと
どのようにストレスによる浪費を防ぐか ついついストレスがたまると、外食やコンビニからお酒に至るまで誘惑による消費過多になってしまう...

会社でのストレスは、そもそも経済的な会社への依存状況を断ち切れば、相当程度軽やかになることは間違いありません。断言できます。

「会社をいつでも辞められる」状態に持っていく大いなる意義
経済的自由を達成すれば、会社をいつでも辞められる 会社で働いていると「よくわからないルール」や「理解しがたい不文律」って1つや2つ...

一方で、組織で生きていくことを決めたのであれば、まず自分が望む ”キャラ設定” をしておくとやりやすい場合もあります。

アーリーリタイア志望の公務員、どのようにして達成するべきか
公務員からアーリーリタイアを目指す30歳、どういうルートに舵を切るか ご質問 公務員からアーリーリタイアを目指して転職したい...