【高配当J-REIT】Oneリート投資法人を新規購入!リートの投資妙味高まる。

ツイッター
スポンサーリンク

J-REITは年初来安値を更新

日経平均が上げ幅を拡大するのとは対照的に、2017年11月13日時点で、直近約1年半においてJ-REIT指数は一貫して下落傾向となっており、個人的にはだいぶ割安になってきたという印象です。

2017年初時点で1800を超えていた東証REIT指数は、2017年11月10日の時点で東証REIT指数は1605と年初来安値を更新しました。

この下落の原因は、金融庁のつみたてNISA推進の際に展開されていた”毎月分配投信批判”に端を発しており、毎月分配の多い日本のリートから資金が流出しました。

東証REIT指数・東証株価指数(TOPIX)の長期推移

出所:J-REIT.com

上図を見れば一目瞭然ですが、TOPIXの上昇に対し、REITは反落。

2016年を境に完全に対照的な動きとなっています。

J-REITの分配金利回り(過去10年間)

出所:J-REIT.com

過去10年間のJ-REIT、長期金利、東証一部の推移です。

東証一部の配当利回りは2%近傍であまり変化がありません。

対して長期金利は日銀の金融緩和を受けて2016年にはマイナスに沈み、最近は0%近傍で横ばい。

J-REITの分配利回りは5年ぶりの高水準

J-REITは過去5年間で分配利回りは4%と最高水準に達しています。11月10日時点でJ-REITの加重平均予想分配金利回りと長期金利との差異は4.29%とこちらも過去5年で最高水準となっています。

日経によれば、分配金利回りと長期金利の差は米国では1.7%であり、相対的に日本REITの投資妙味は増しています。

更に日経平均株価が上昇したにも関わらず、J-REITが下落しているということは、GPIFによるリバランスが期待できます。つまり、現在の値動きはポートフォリオにおける株式保有割合が増し、J-REITの割合が下がることになりますから、ポートフォリオの目標比率を維持する為に、株式を売却してREITを買う可能性が出てきます。

Oneリート投資法人(3290)を新規購入!

ということで、Oneリート投資法人を購入しています。当該REITはスポンサーがメガバンク系のみずほ信託銀行に移っており、前スポンサーより安定しています。

日本格付研究所(JCR)の格付けもAとなっています。

今期は不動産売却収益により、2018年2月期の分配金は6,090円→7,860円と大幅増。

巡航分配金は6,000円台でしょうが、買値に対する分配金利回りは6.2%と魅力的です。

毎月10万円以上の受取配当金の早期達成に向けて、米国株にこだわらず引き続き買い増しを行っていきます。

Best wishes to everyone!

【J-REIT】スターツプロシード投資法人2017年4月期決算発表&分配金を頂きました
スターツプロシード投資法人(8979)から分配金 保有口数     :3口 1口あたり分配金:4,397円(前期比+193円...
【高配当】中国の不動産に投資するスプリングリートから配当金です
最近飲み会続きでヘロヘロです。 いつも基本的に飲み会は断るのですが、自分の異動祝いとなると話は別で、さすがに断りづらい。ということで、...
Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする