台湾の現地法人お給料事情と、セブンイレブンオーナーの収入

ツイッター
スポンサーリンク

その国を知るには、給料を聞け

私は外国に行くと、まずいろんな人に収入をいきなり聞きます。

それがその国の経済事情を知るに一番手っ取り早いからです。日本でそんなこと聞いたら眉をひそめられるかもしれませんが、アジアの方々はなんのことはない、普通に答えてくれます。

現地法人の方、2名の経済状況は下記の通り。

現地法人スタッフ事情

Aさん

  • 28歳
  • 現地法人勤務、勤続4年、月給3万元(=105,000円)
  • 板橋で一人暮らし、家賃はワンルームで8000元(=28,000円)
  • 昼食は近くの他企業食堂で100元(=350円)程度のものを食べる
  • 夜も100元程度の弁当を買って帰って食べる

Bさん

  • 60歳
  • 現地法人社長運転手、勤続22年、月給5万元(=175,000円)
  • 前職はバスの運転手(長時間労働だが比較的給料は良く月給7万元との由)

台湾で食事をする際の物価は日本より安いのですが、家賃はそこそこするなといった印象を受けます。

ただAさんの場合、月給の25%程度が家賃なので、割合的には日本とそんなに大差なさそうです。

(初任給20万で家賃5万だと25%)

コンビニオーナー事情@台湾

ちなみに、日本でおなじみのセブンイレブンやファミリーマートが台湾のそこら中にあります。

その理由は、コンビニオーナーをやれば月給が8万元(28万円)に達するからです。

勤続22年の60歳のBさんの月給より高いですね。

現在は台北も仕事が見つかりにくいらしく、コンビニオーナーなら雇われの身でもなく、給料も良いので、日本資本のコンビニオーナーになる方が多く、それ故街中にコンビニが溢れているのだとか。

雇われの身ではなく、自分がオーナーとなって働きたいと現地法人の人も言っていました。

バリ島でも同じことを言っているタクシー運転手の方がいたので、どこの国も労働者の思うことは同じなのかもしれませんね。

台湾夜市の事情

↑絶品羊肉スープ。

台湾の夜市では、まずは地主に地代を納めて、場所を確保してから夜店を開くという手順です。土地を持っている人は、毎月安定した地代が上がって来てご満悦でしょう。

ちなみに、台湾中心部の忠孝路の一角にある土地の、1か月あたりの地代は1坪4万元(14万円)。

1坪で14万の地代が上がってくるなんてすごいですね。

夜市を営むのであれば、1坪ちょっとあれば面積的には全然問題なさそうです。

日本も他国も労働者の思い、そして土地を所有しているか否かの重要性等々、相通ずる点はありそうです。

バリ島のタクシー運転手も、雇われの身から脱却したいと言っていました。台湾もバリ島も日本もその点は共通するのかもしれませんね。

【その国を知るなら給料を聞け】バリ島の現地の人々の給料事情
その国を知るには、お給料を聞くべし 私は基本的に外国に行ったら、色々な人々の月収を聞くことにしています。日本では白い目で見られるのでやりま...

出張時に少し時間が空いたので、台北の物価を調査してきました。海外外ごもりにも適している国の1つです。現地の方々と同じような生活をすれば日本の生活費の半分程度で収まるでしょう。

【台北物価まとめ】総じてやはり日本よりは安いが、不動産は高い。
出張中に台北物価調査を敢行 出張最終日は13時のフライトで帰るだけです。成田に着くのは17時なので直帰可能です。 最終日フライトまで...

出張関連の記事です。いかに荷物を少なくして快適に出張するかに腐心しています。

荷物を少なくして身軽に快適に出張する方法
トンの皆様、出張荷物多くないですか? トン(豚)とは、当ブログでサラリーマンのことを指す皮肉めいた表現です。 出張に行くたびに思います。...
Twitter
スポンサーリンク

いつもクリックありがとうございますm(._.)m↓

にほんブログ村 株ブログへ

SNSでシェアする

フォローする