【PFF】米国優先株式ETF 220口購入

個人投資家に人気のETF「PFF」

トランプラリー以降、その債券的な性質を持つゆえに債券価格の下落につられたのか、コールオプションの売りという性質があるからか、

一方で高配当でもあるので金利上昇によって高配当株とともに売られたのか、そのどっちもなのかは定かではありませんが、

iシェアーズ米国優先株式ETFが36ドル台まで下落していたので220口買い増ししました。

これで来月からのPFFの分配金は毎月100ドルを超えます。

現時点での分配利回りは引き続き6%を上回る水準となっています。

私が定期的に読んでいるブロガーの方は毎月PFFから1,700ドルの分配金が発生しており、凄いの一言です。

  • 当該ETFの関連記事はこちら
【高配当ETF】PFFへ投資して、実際に感じる4つの特徴・注意点
【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFは、三菱サラリーマンが2016年から3年以上にわたり投資している毎月分配型の高配当株ETFです。 ...
PFFは毎月分配だから配当再投資が効率的に行われるわけではない【高配当ETF】
毎月分配の高配当ETFということで一定の人気を誇る「iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】」の以下ご質問について回答申し上げます。 ...
【米国ETF】PFF・VYM ・VTI を比較分析 (直近10年の株価推移と配当推移)
米国株の人気ETF比較 マイポートフォリオにおけるPFFの割合が大きくなってきました。(2017年3月時点) よって、リス...

スポンサーリンク
Twitter

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

SNSでシェアする

フォローする

公開日:2016年12月18日