【高配当ETF】PFFへ投資して、実際に感じる5つの特徴・注意点

【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFは、2016年から4年にわたり投資していた高配当ETFです。多い時には700万円ほど投じ、月3万円の配当を得ていました。

優先株式とは、議決権がない代わりに、普通株より配当がよいものです。債券に近い値動きで、平時は値動き小さく、金融危機には弱い傾向があります。

では実際にPFFへ投資して感じた特徴・注意点・活用法を5つ、紹介します。

【PFF】iシェアーズ米国優先株式ETFへ投資して感じた5つの特徴・注意点・活用法

PFFは、現時点で以下の特徴がみられます。

PFFの特徴たち
  1. 高配当で毎月分配(再投資効率は四半期配当と同じ)
  2. リーマンショックでは、大きく下落(金融危機に弱い)
  3. コロナショックでは、市場平均より底堅い(金融危機に至らず)
  4. 弱気相場では、信用収縮なければ一定の底堅さ
  5. 増配・株価上昇は見込みづらい

以上の特徴を踏まえると、以下活用法が想定できます。

  1. 平時のインカム目的での分散先(たとえば上限10%)
  2. (特に信用収縮を伴う)弱気相場で大きく下げた時にインカム目的で購入

特徴を、順に詳述します。

①:高配当で毎月分配、再投資効率は四半期配当と同じ

PFFに投資すれば、簡便に優先株式に分散投資が可能ですね。高配当で毎月キャッシュフローを得ることができます。

一方、毎月配当自体は、再投資における効率という観点からは四半期配当と差異はなく中立的です。その点は留意しておかれてもよいかと思います。

関連記事
PFFは毎月分配だから配当再投資が効率的に行われるわけではない【高配当ETF】
毎月分配の高配当ETFということで一定の人気を誇る「iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】」の以下ご質問について回答申し上げます。 ...

②:リーマンショックでは、株価はしっかり半値以下に暴落

PFF株価推移(リーマンショック時)

リーマンショック前後の株価
  • 高値:50.38ドル(2007/4/10)
  • 安値:15.05ドル(2009/3/6)

70%の暴落です。(ただし、設定直後にリーマンショックとなったため、やや割り引く必要あり)

債券に似た性質がある優先株式ですが、金融危機の際は株式と同様に暴落する一例となりました。

③:コロナショックでは、市場平均より底堅い

一方、コロナショックでは、底堅い動きを見せました。

2020年 1~12月

:PFF :S&P500

下落率(月間)
PFF -16.20%
S&P500 -19.63%

PFFの方が、S&P500よりも底堅い動きでした。理由は後述しますが、信用収縮を伴わなかったことが挙げられます。

④:弱気相場では信用収縮に至らなければ、底堅さ見られる

リーマンショックでしっかり暴落した過去があるため、弱気相場でも弱いイメージだったPFF。

しかし保有していて感じたのは「金融危機でない限り、PFFは底堅さがみられる」という傾向です。

水色:S&P500 青色:PFF(配当含まず)

上図の通り、2018・2019年の下押し局面(赤枠で囲った部分)で、S&P500が10~20%下落する中、PFFの下げ方は限定的です。

ゆえに、やや玄人向けですが金融危機・クレジットリスクが懸念されていない弱気相場においては、PFFから値下がりの激しい株式に乗り換えて、リバランスとして活用するのも一案です。

関連記事
PFFは金融危機でない限り株式につられて暴落しなかった一例
数ヶ月前の水準に戻った株式市場。PFFは目立った影響なし。 株式市場では暴落暴落と囃し立てられてますが、最近上昇ピッチが早すぎまし...

コロナショックでの特徴的な動き:信用収縮の有無で左右

リーマンショックで暴落したことから、脆弱な面がみられるPFF。

ただし、「下落に対してなんでもかんでも弱いということではなく、信用収縮を伴った下落でなければ、下げ幅は限定的な例」が見られました。(ただし、サンプルは今回含めて4回と限定的なため、確度は一定程度にすぎないことに注意)

2020年2月末~3月初旬における下落局面開始直後は、下図の通り【VOO】【VYM】より下げ幅は限定的で反発も早かったです。

PFF:青 VYM:赤 VOO:

2月末時点では、ハイイールド債が売られるなどパニック的な面が見られ、国債とのスプレッドは拡大傾向も、実体経済における信用収縮は当時顕在化していない印象でした。

しかし3月中旬からPFFは急落。この時期は、「CP(コマーシャルペーパー)・社債市場などで流動性低下・資金調達環境の悪化」が見られ始め、FRBも「金融緩和というよりも流動性の下支えを目的とした流動性供給」に踏み切った前後でした。

急落には、このような背景もあると見ています。

⑤:高配当も、増配・株価上昇は見込みづらい

下図は、PFFの「株価」と「配当」の推移です。

株価


配当

株価・配当の傾向

株価

  • 平時は横ばい、値動き極小
  • リーマンショック・チャイナショック・コロナショックのいずれの後も、直前水準に回復

配当

  • 減少傾向

高配当ゆえに、株価横ばいでもリターンは配当分プラスです。一方、株価と配当の大きな上昇は見込みづらい推移です。配当は漸減しています。

PFF・ARCCの比較

ちなみに、「①高配当・②金融危機に弱い」という共通の性質を持つ米国株に、【ARCC】があります(詳細は最下段の関連記事に載せておきます)

下表に、ARCCとの比較をまとめました。

PFF ARCC
配当(平時) 約5% 約9%
金融危機 弱い 弱い
分散度 約300銘柄 なし

PFFは分散されたETFであるのに対し、ARCCは個別株です。ARCCは「その個別リスク(分散されていない)を負うことで、より高い配当を得ることをめざせる」という整理が可能ですね。

PFFへ投資して感じた5つの特徴を踏まえた活用法

以下再掲します。
PFF5つの特徴
  1. 高配当で毎月分配、再投資効率は四半期配当と同じ
  2. リーマンショックでは、70%の下落(金融危機に弱い)
  3. コロナショックでは、市場平均より底堅い(金融危機に至らなかった)
  4. 弱気相場では、信用収縮なければ一定の底堅さ
  5. 増配・株価上昇は見込みづらい

ゆえに、以下の活用法が想定できます。

  1. 平時の配当金目的での分散先(たとえば上限10%)
  2. (特に信用収縮を伴う)弱気相場で大きく下げた時に、多くの配当金と含み益(安全域)をねらう目的で購入

金融危機など信用収縮を伴う弱気相場に脆弱であるということは、逆に言えば、底で拾えれば安全域でインカムを多く生むお宝銘柄になり得るということですね。ARCCやほか高配当株ETFと同様です。

弱気相場で信用収縮を伴わない局面(つまりPFFが底堅い局面)で、株式とのリバランス(底堅いPFFを売って下落の激しい株を買う)目的で保有する策も考えられます。これはやや玄人向けと言えそうです。

平時は値動き極小です。人によっては心理面を考慮して、一部組み込むという考え方もできるでしょう。ただ、平時に値動き小さく高配当で、負けにくい一方で、大きな勝ちは望みにくいですね。

繰り返しながら、信用収縮を伴ったリセッションでは弱いことが想定されます。その際、ろうばいしないように注意、といったところでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

Best wishes to everyone!

関連記事

VIGという「配当利回りは高くないものの、連続増配株で構成されるETF」があります。こちらは株価成長・増配の両方が見込めます。

【SPYD】配当3.4~9%、近い将来に配当を多く得たい人に魅力【米国高配当株ETF】
SPYDは「近い将来に配当金を多く得る」ことをめざす投資家にとって選択肢となる高配当株ETFです。 米国高配当株ETFの中でも...

ETFという分散された株式の集合体ではなく、個別銘柄にはなりますが、ARCCという高配当銘柄もあります。同じく金融危機に弱い性質です。

【ARCC銘柄分析】エイリス・キャピタルを市場暴落時に仕込みたい【高配当米国株】
【ARCC】エイリス・キャピタルとは 禁断の超高配当株のご紹介です。 市場低迷期に仕込めれば高いインカムとキャピタルを得られ...

高配当株ETFに投資する際に留意しておきたいリスクについて詳述したものです。

米国高配当株ETFの投資にあたり、ETFのリスクとは
米国高配当株ETFの投資にあたり、以下リスクに関するご質問を頂きましたので、下段に回答申し上げます。 暴落・減配リ...
Twitter
スポンサーリンク

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

外国株式ブログランキング

公開日:2019年10月10日